トップページ | 2005年3月 »

幻の南セントレア市

行政はときとして不思議なことをしてくれます。愛知県美浜町と南知多町の合併問題もその1つ。一般公募で寄せられた新市名のなかにない「南セントレア市」に決めてしまうのですから。

そんことすれば「一般公募はなんだったんだ」と思うのは当然です。不信感を抱かれても仕方がありません。

合併を問う住民投票後の両町長の記者会見で、「合併のメリットを理解してもらえず残念」と発言されたようです。確かに合併のメリットはあるでしょう。しかし、住民の側からすれば「住民の意思、感情を理解してもらえず残念」となるのでは。

よその町の住民である私が、他の町のことに、ものを言い過ぎては失礼ですのこのへんで。

私のまわり、あなたのまわりにも、このような不思議な行政の「住民のことを理解してもらえず残念」がありますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

sk98lin smpに対応

Marvell Gigabitイーサネットドライバがsmpに対応(Marvell Yukon 88E8053)してくれました(数日遅い情報で申し訳ありません)。

install-8_14.tar.bz2

http://www.syskonnect.com/syskonnect/support/driver/zip/linux/

(2006.1.18追記 上のリンク切れています)

からダウンロードします。

私のインストールはsmp用カーネル(vmlinuz-2.6.9-1.667smp)で起動しインストールしました。その後smpに対応しないvmlinuz-2.6.9-1.667で立ち上げてもネットワークが使用できました。

インストール直後、vmlinuz-2.6.9-1.667smpで再起動するとネットワークの設定を訊かれます。そこで設定、インターネットにつなぐには、問題ありませんでした。

インストールの方法は当Blogの

http://yanenoue.air-nifty.com/space/2005/02/marvell_88e8053.html

を参照ください。

あとは、サウンド。C-Media CMI9880のLinux用ドライバがリリースされればWindowsともおさらば。このドライバの情報を入手の方、是非お知らせください。

参考
sk98linに関して

http://www.linux.or.jp/JM/html/LDP_man-pages/man4/sk98lin.4.html

追加情報

4/12 追加
install-8_16.tar.bz2がリリースされています。

2006/1/18 追加
88E8053のLinux用ドライバー
marvellのWebサイト
http://www.marvell.com/drivers/driverDisplay.do?dId=107&pId=10
にあります。
install-8_28.tar.bz2
私のところではsmpではインストールできませんでした。

2006/1/29 追加
Version  8.30.1.3 がリリースされています。
ファイル名 nstall-8_30.tar.bz2
当方のFedora Core4 の smpカーネルでインストールでき、動作しています。

 


| | コメント (0) | トラックバック (1)

totoゴールは売り上げ伸びるか

『当たりやすいtoto、5月開幕 購買意欲増進ねらい』という記事がありました。
http://www.asahi.com/sports/update/0226/011.html

totoゴールが5月から1等当選組み合わせを、約105万通りから4096通りにする。売上不振の対策。記事の超要約です。

当選者が増えれば当選したときの配当は減る。最高2億円の配当が期待できるtotoゴール。配当が数千円や数百円なったらあまり嬉しくないのでは。実際どのぐらいの当選者がでるのかで決まりますが。

ギャンブルとしてtotoゴールをみてみると、当初、宝くじと同等を前提に設定されたため、組み合わせ数約105万通。また控除率が53%。

一方、競馬は18頭だてのレース3連単で、組み合わせ4896通り、控除率平均25%。日本の競馬は世界でもトップクラスの控除率の高さ。

今度の変更で組み合わせ数は競馬より若干少なくなりますが、控除率が競馬と比べ2倍です。どちらが儲かるかは一目瞭然。100円が47円になるのと75円になるのとの違いです(例えが、寂しい金額ですね)。もし、1つの試合で、競馬と同じ組み合わせ数があり、100円あたりの購入者、当選者数も同じだとしたら、馬券を買って当選(的中)した人のほうが、多くの配当がもらえる計算になります。

組み合わせ数を減らすと同時に、控除率も下げることが必要ではなかったのでしょうか。ライバルとの格差をなくさなければ売り上げの上昇は難しいように思います。でも、100円で1億というのは魅力です。

2等当選で喜んでいたら配当が数百円というのを経験したことがありました。このとき、当選者も多いのだけれども控除率が低ければと思い、それ以来totoを買うのをやめました。

なにを言っても賭け事は、胴元が儲かるようになっているんですけどね。

totoの目的はスポーツの振興です。スポーツ振興を中心に議論すれば、また違った見解も出ますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Blogで生活

好きなことをして、生活できたらいいな。このようなことを思ったことがある方は、多いのではないでしょうか?

Blogで生活。そう聞くと、アフィリエイトや広告で収入を稼ぐのかと思うでしょう。そうではなく、それらを一切使わず読者からの寄付で生活する。そんな挑戦するブロガーの記事を読みました。

どんな記事を書いているのか、彼のBlogを見に行ってきました。なるほど、これは、と、書きたいところですが、辞書片手に読むのは苦痛でした。そんなわけで、内容を伝えられるほどは、よく解らないんです。

寄付がいくらかきているようなので、その点だけをみてもすごいと感心させられます。お金を出しても読みたいBlog。尊敬します。

私のBlogにも何かの手違いで、こられてしまった方もいらっしゃるはずです。間違ってこれれた方にも多少、楽しんでいただければと思って書いています。しか~し、その実現は、遠い理想のようです(笑)。

ブログで生計を立てる――あるブロガーの挑戦
http://www.excite.co.jp/News/computers/20050225173400/0225.Culture20050225203.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ときめきメモリアルOnlineが発表

コナミがMMOに参入。

コナミは、初のMMOをときメモできましたか。コナミらしい戦略にも思えます。中高生から30代ぐらいの人を、ターゲットにできますからね。また、ときめきメモリアルGirl's Sideで女性も捕まえています。ビジネス上の判断としては、正しいように思います。

ときメモが登場してから10年。MMOになるときメモ。時代の流れを感じますね。MMOとなって、どのような展開をみせるのか興味があります。

ときメモには、はまってました。今思うとなんでそんなに、夢中になっていたのかが不思議なぐらいです。「ときめきメモリアルOnline」に当時のキャラが、いれば遊ぶかもしれません。

ときめきメモリアル - ときメモ公式サイト
http://www.konamityo.co.jp/tokimeki/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春一番は災害予防のお知らせ

暖かな日でした。気象庁の発表によると、関東、北陸、近畿の各地方に春一番が吹いたそうです。黄砂も西日本を中心に、今年初めて観測されました。

このようなニュースを聞くと春だなーと、のほほ~んと思うのですが、春一番の名前の由来を調べると、のほほんともしていられません。

すでに気象の用語となっている「春一番」ですが、その語源については、石川県能登地方や三重県志摩地方から西の各地で昔から使われていたということなどさまざまです。その中で、長崎県郷ノ浦町では、安政6年(1859年)旧暦2月13日(新暦3月17日)に長崎県五島沖に出漁した漁師53人が、春の強い突風にあい全員遭難しました。このときから郷ノ浦の元居地区では、春の初めの強い南風を「春一」または「春一番」と呼ぶようになったそうで、いまでは町内の岬に「春一番の塔」が建てられています。
http://www.kishou.go.jp/jma-magazine/0302/
から引用。

災害から春一番という言葉が、生まれたのには意外な感じです。

1978年(昭和53年)2月28日、突風により地下鉄東西線が荒川鉄橋の上で、走行中に横転するという事故もありました。

春一番が吹いたら災害に気おつけろと、災害予防のお知らせなんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『日記の魔力』

日記の書き方を習ったことがありますか。

小学校のころ、夏休みの宿題に絵日記がありました。私は先生から、思い出や出来事などを書きなさい。と言われました。他にあっても、作文とからめて助詞の使い方ぐらいを習ったでしょうか。

日記は好きなように書けばいい。習うものではない。そのような意見を、お持ちの方も当然いらっしゃるでしょう。

では、人生を切り開くための日記の活用、そのための書き方といったらどうでしょう。そのような話をされる方に、私はであったことがありませんでした。

ここで紹介する本は、そのような日記の書き方と、日記を続けていく効用が書かれています。

日記の魔力

表 三郎 著

サンマーク出版

ISBN4-7631-9602-2 C0030

1365円

私も日記を書いたことがあります。せっかく始めても、三日坊主で終わってしまってばかりでした。この本を読んで「あっ、そうか。」と思いました。三日坊主になる書き方をしていたのかと。文才も無いのに文学的に書こうとか、無理に感想を書こうとしていました。事実を具体的に書くだけでもよかったとは、思いもしませんでした。

日記を書き続け、日記を読み返すメリットは、自分が何者であるかを知る。書くことによって、いろいろなことが実現する。日記を読むことで自分の成功パターンを知ることができる。などなど。

ただ日記というと、思い出として残すだけかのように思っていました。ところが、この本を読むと日記は、多くの顔を持っていることに驚かされます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

深夜のラジオ

昨夜なかなか寝つけなかったので、なにげにラジオをつけてみました。

ラジオを聴くともなく聴いていました。「おっ。」懐かしい曲が流れてくるではありませんか。スイートビターサンバ♪~。

なんとパーソナリティーはアンコーさん。いまだ現役でいらっしゃったとは驚きです。

オールナイトニッポンエバーグリーン。今日は特別増刊号ということらしく1時30分からの放送。

アンコーさんのオールナイトニッポンは聴いたことがありません。番組名は忘れましたが他の番組で、アンコーさんのお声は聴きました。オールナイトニッポンは学生時代によく聴きました。時代が戻っていく感じですね。

洋楽、邦楽を問わず名曲を、リスナーからのリクエストにこたえるという番組構成です。60~80年代あたりの名曲をおしまいまで、かけてくれるのが嬉しい。懐かしい名曲、シンプルな番組構成、アンコーさんの声が、より思い出を蘇らせてくれます。

次にかかる曲が気になり、遅くまで聴いてしました。今日は、まぶたが重くてたまりません。でも、久しぶりにいい番組を聴いた満足感があります。

普段は平日深夜3時からの放送ということで、なかなか聴けそうにもありません。それが残念です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

フェブラリーS結果

メイショウボーラー優勝おめでとう。しかもレコード勝。強いですね。

さて、私の予想を振り返ると印を付けた馬5頭すべて掲示板に上がりました。スポーツ紙、夕刊紙などでよく見かける「G1に強い。本紙 △-▲ でフェブラリーS的中!!」です。5頭も印打てばどれかきますよ。5/15=1/3の確立です。

実際の馬券は3連単で。14 メイショウボーラーを1着に入れなかったのでハズレです。昨日の私の予感があたりました。メイショウボーラーの扱いが。

5連複的中!!。負け惜しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フェブラリーSを予想

今年最初のG1。的中させたいものだけど難しそう。実力が近い馬が多い。人気が割れる。人気が割れれば、予想が的中したときに高めの配当を期待できるのですが。

◎ タイムパラドックス
 JCダートの再現を期待。距離が短いのが心配だけど武がカバーしてくれるはず。

○ アドマイヤドン
 去年、国内でのダート連対率の高さ。安定性は群を抜いている。

▲ シーキングザダイヤ
 調子が上がっている。ペリエが魅力。

△ メイショウボーラー
 多少距離が長いように思う。(この馬の扱いが私の馬券が的中するかどうかが懸かっているような気がする。)

☆ ヒシアトラス
 地力が上がっている点を評価。

印を打ってみましたが、この中どれかといった感じです。

馬券の買い方も悩みます。馬連を買うならばアドマイヤドンを中心に流せばよさそう。3連単は組み合わせが多くなり、フォーメーションをどうするか考えさせられます。買い目は締め切り直前まで楽しめそうです。

競馬ファンの方々も今頃は楽しく悩んでいることでしょう。明日が楽しみですね。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

注目される?

川崎大師に行ってきました。帰りに近くを通るので寄ってみました。正月に行かなかったからです。

人がいませんね。数人です。正月とは大違い。好きなところ歩けますよ。自由に見て回れるので、気分よく歩いて行くのでした。でもそれが、居心地の悪いことになってしまうのでした。

仲見世通りに入ると「せき止め飴にさらし飴はいかがですか」「お一つ食べていってください」「おまんじゅうはいかがでしょうか」「だるま煎餅です」「どうぞ寄っていってください」と、道の両脇から声をかけられまくるのでした。私の前後には誰もいません。私を狙っているのです。

お店の中から店員さんたちの熱い視線が左右から、殺気のように私を突き刺し捕らえようとしているのがわかります。どうせなら、すてきな女性からあなたが好き、みたいな視線であればと思うのです(それはありえない)。

皆の注目、期待(?)を一心に集めて歩くというのは、薄い存在の私には空気が厚すぎます。

静かな境内にたどり着きお参りを済ませます。遍路大師尊像、新四国八十八ヵ所霊場などにもお参りしました。池のカメは甲羅干しをしていました。カメって冬眠するんじゃなかったっけ?

帰り、山門をくぐったとたん来るときのことを思い出しました。結界を越えて、俗世に戻ってくると待っているのは現実。彼らにとって私を捕らえる最後チャンスです。右にまがってぐるりと回って帰ることが頭に浮かびます。しかし、大きな力に引き寄せられてしまうのでした。

やはり勝負をかけてきた。声が大きい。「おみやげにどうぞ」「記念にいかがですか」まで出てきた。手ごわい。緊張のあまり右手と右足がいっしょに出そうになる。その自分に気が付きおかしくなる。笑いたいけど、一人で笑って歩いてるのもヘンなので、奥歯を噛んでがまんするのでした。

買ってしまおうか、どうしようか。お金を落としていくのも、と私は揺さぶられます。でも、私はただ通りすごしたのでした。これで皆引き分け。だれも私を捕まえられなかったのですから。

そして、お大師さまのご加護の下、帰るのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プラレール

暮れに妹夫婦が子供たちを連れて遊びに来ました。着くやいなや甥が私のところへサンタさんからのプレゼントだった、トーマスのプラレールセットを持ってきました。もう遊びの時間ですか?ジュースでも飲んだら?などと思うのですが、それは大人の感覚かもしれない。伯父とトーマスで遊ぶのを楽しみにしに来たのかと思い、二人でレールを組み立てるのでした。

私も子供のころ両親にプラレールを買ってもらった。最初に買ってもらったのはいくつだったのかは思い出せない。遊べたのだろうから甥と同じぐらいだったのか。初めは小さなセットで一畳もない狭いところで青いレールの上をただ電車が回っているだけだった。甥のトーマスのセットには石炭を入れる施設など付いていて立派なものだ。

その頃、月に一度ぐらい両親がデパートへ連れていってくれた。デパートの最上階の食堂で昼食を食べるのも楽しみだったが、おもちゃ売り場でプラレールの線路、車両など私が好むものを、1点買ってくれたのが何より楽しみだった。1点づつ買ってもらううちに、駅や踏み切り、立体交差など増えて6畳一間をしめて遊べるようになった。

妹が今の甥ぐらだったか、その当時4畳半と6畳のアパートに親子4人で暮らしていた。ある日、私が6畳間一杯にプラレールを展開し遊んでいると、妹がかいじゅうなんとかといいながら、私が敷設した線路を破壊した。当然私は、その怪獣を退治した。

4畳半の部屋で電気機器関係の内職をしていた母が、泣いている妹をみて私に、「あんた、お兄ちゃんなんだから」と怒る。当時、理不尽などという言葉は当然しらないのだけれども、悪いのは妹。その理不尽さに苛立ちを覚えた。なんてお兄ちゃんはなんて損なものかと。

甥とプラレールで遊んでいた私はそんな昔話を思い出した。それを妹に話した。「兄ちゃんは、模型欲しくて私をだまして、お金出させようとしたことあったよね」と、言われた。やぶへびのようになってしまた。母は笑っていた。

そんなことを、トラックバック野郎「今週のお題」をみて思い出すのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春近し

今日は暖かったので昼食後、散歩などしてみました。春が近づいている感じがします。梅が咲いてました。木によっては5、6分でしょうか。梅の花は香りがいいです。少しはなれたところから微かにわかるところなど。

平安時代のお花見は梅だったそうです(少し、へぇー)。いま、花見といえば桜。その花見が庶民の間にも広がり始めたのは江戸時代のようです。花見といえども歴史がありますね。

私は桜よりも、梅で花見がしたいほうです。今の時期まだまだ寒いですからそれが難点です。桜でも梅でも結局は、花より団子。いや、花より酒ですか。

桜といえば我が家のプランターに植えてある桜草も、小さなピンクの花を咲かせ始めています。植えてあるというと、まめに世話をしているように聞こえますが、ほぼ放置プレー状態。前年のこぼれた種が芽を出し、それが花を咲かす。それの繰り返しです。たまに母が水をかけ、他ののついでに肥料をあげている程度です。

そんな状況でも綺麗な花が咲くのだから、たいしたものだと感心します。私など放置していたので・・・・・。

下の写真は以前、撮影したものです。

梅


桜草

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シーマームーンさん登場!

シーマームーンさんが久しぶりに登場(sakusaku 2/14放送)。最近お出になられないので、どうされたのかと気にしていたんです。sakusakuにメールでも出してみようかと思っていた(ちょっとウソ)矢先の出演でビックリ。

「大人の顔になってきたのか、このかつらがいまいち似合ってなくなってきた」とシーマームーンさん。確かに少し印象が変わりましたが、それはそれでお似合いです。
「かつら」にご意見番さんがツッコむ。あわてるシーマームーンさん。その照れと久しぶりの登場からか、ジゴロウさんを突きまくる。笑わせていただきました。

シーマームーンさんとくればカエラちゃん。
Newシングル「リルラ リルハ」3/30発売決定!
番組内でも随時紹介していくようですね。

本人出演のvodafone CMタイアップ・ソング!
http://columbia.jp/kaela/news.html

♪行け~行け~カエラ~ CDを売れ~(この後を失念)

ささやかながら応援させていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

linuxからCMI9880で音が出るか実験

なんとか音が出るようにならないものか。ASUS、C-Mediaのサイトを回ってみたけどlinux用のドライバはない。満足はしていないがLANも使えるようになった。音がでればWindowsから移行してもいいんだけど。

思案しながら情報を集めているとALSA Driverの利用が思いつきました。C-Media CMI9880はALSAのサポートチップの対象にはなっていません。ALSAは多くのチップをサポートしているので、すべての機能が使えなくても、なんか音が出るんじゃないかと思い。インストールしてみることにしました。

http://www.alsa-project.org/

からALSA Driver、ALSA Library、ALSA Utiliti(それぞれ1.0.8)をダウンロード。
Driver、Library、Utilitiの順にインストール。
alsaconfを実行後、alsamixerで音量の設定。

とりあえず音が出るようにはなりました。しかし、プチ、プチといったノイズが多いです。同じファイルをWindowsXPで立ち上げ、聞いたときと比べるとかなり不満が残ります。それなりの音で聞きたいのならば、サウンドカードを買ってくるか、ドライバが出るのを待つか、そんなところになるんでしょう。

もし、こんな遊びをしてみようと思った方は、もちろん自己責任で、ね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

カエラちゃんの緊急報告って?

sakusakuのwebページ今週の見所(2月14日~2月18日)を見ました。

「おっ!カエラちゃんから緊 急 報 告!!」(月曜日放送)

一体なんでしょうか?気になりますねーサクサカーとしては、黒幕さんの手法?でも、それはそれで楽しみ、月曜日の放送が。

ちなみに、月よう日の放送予定内容は
 ●今日はバレンタインデー! (何が起こるのやら・・・)
 ● ルーレット。 (~の券\人といえば?)
 ● お久し振り!シーマーさん登場!
 ● ゴイゴイ・ロケ。 (DJに挑戦。)
 ● おっ!カエラちゃんから緊急告知!
 ● 星占いは 「今週の健康運」。
/他。

楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりにベンチマーク

X Window用のベンチマークソフトを探していたのだけれども、私のしょぼい検索術、知識では、動かせるファイルにたどり着けなっかた。Windows用は沢山ある。皆さん結果など報告されているので、私自身で行わなくとも予想できるのであまり関心がなかった。しかし、X Window環境ではドライバを入れ直したのと、その辺の情報が乏しいこともあり関心がありました。

Fedora Core3で動かせるX Window用のベンチマークソフトご存知の方、お教えいただけませんでしょうか?もし、ありましたら簡単なインストールの方法もお教え頂ければ嬉しいのですが。これじゃあ甘え過ぎですね。すみません。

せっかくだからWindows環境でファイナルファンタジー11 for Windowsオフィシャルベンチマーク3でも使ってみることに。スコアはそんなものでしょう。といった値だった。それよりも、綺麗ですね。デモまでみました。最近の3Dソフトはすごいななどと関心させられました。ほかに何かないかと探して、3DMark05も使ってみました。これがまた、迫力あります。見入ってしまうのでした。

私が遊んだ3Dのゲームを思い出してみるとFALCON 3.0、ACES OF THE PACIFIC、Alone in the darkなどか。英語解らないのによく遊んだものだと思います。Alone in the darkはその後日本語版が出たような記憶があります。DOSのconfig.sysをいじってて半日遊べる時代のことです。ネット環境は主にパソコン通信と呼ばれた環境です。PC持ってて、パソコン通信やってるなどといったら超オタクとみられていました。今ではネットに繋げるのが当たり前になりました。

そんな時代と比較するんだからすごいのも当然なんでしょう。でも、私は何故かファイナルファンタジー11で遊ばないだろうなと思うのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ココログ(ベーシック)でのデザイン変更

ココログを使って数日経ちました。デザインに関し私なりに、変更できないものかと考えていました。せめて、配色だけでも変えられないかなぁーと。さすがに無料コースでは、できないのかとあきらめていたいたところ、有益な記事を掲げるココログさんに至りました。

それは『詩織』さんです。有益な情報の掲載、本当にありがとうございます。

なるほど、cssを使ってそのような手があったとは、目から鱗です。デザインの変更には限界がありますが現在の私にとっては十分です。そんなわけで早速、当ココログも配色とフォントなどに変更を加えてみました。いかがでしょうか?

デザインに関してはもう少し勉強したいと思います。まぁ、ぼちぼちやりますか。いきなりセンスUPするわけでもありませんしね。

詩織』のフルカワマサユキさんありがとう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジーコ監督の選手起用

北朝鮮戦の平均視聴率は、関東地区で47.2%、関西地区で43.5%。改めて人気、関心の高さを実感する。

勝ち点3をGETできて本当によかった。私は楽勝と楽観的にみていた。まず開始早々小笠原がフリーキックを決めた。私の予想を上回る早い時間での得点。やはり楽勝。と思っていた。しかし、その後は苦戦を強いられる。テレ朝の解説の松木さんもおっしゃっていたが、ワンタッチでのパスがない。日本の悪いときのパターンだ。

前半は何とか北朝鮮に得点を許さずすんだ。後半に入り前半に懸念していたことが現実になってしまった。北朝鮮に1点返された。その後ジーコ監督は高原、俊介と投入。流れが変わった。彼らはワンタッチでパスをまわした。同点になったという危機感も選手たちにあったのだろうが、各選手もワンタッチでパスをまわすことが多くなった。ゴールを狙うチャンスが増えた。日本のペースになった。

そんな中、終盤にジーコ監督は大黒を入れる。見事、決めてくれた。

私はこの一連の選手起用にジーコ監督の人の動かし方をみた。流石である。それぞれの選手の顔を立て、結果を出す。海外組みは先発出場でないことに当初不満をもったであろう。彼らは後半途中出場となった。よりアピールしようと思ったはずだ。それがよかったのではないか。ジーコ監督は采配の結果をだした。選手起用に関し選手との信頼関係も高まった。

この試合を通じて、海外組みの選手のレベルの高さ、重要性も国内組みの選手にも理解されたはずだ。中田の地位が微妙に報道されるが、次の試合からは海外組みを先発に入れるかどうかを含め、ジーコ監督の選手起用にも注目したい。

ひよっこな日本代表サポータの私が発言するのもおこがましいが、ジーコ監督には期待をしている。もちろん格選手にもだ。日本には素晴らしい選手がいる。難しいだろうがジーコ監督がうまくまとめ、ドイツワールドカップへ行っていほしいと切に願う。
がんばれジーコJapan。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北朝鮮戦を前に思う

サッカー日本代表は今日(2/9)、北朝鮮代表とワールドカップアジア地区最終予選の初戦を戦う。このことはテレビをはじめ、多くのマスコミに連日大きく取り上げられている。現在の日本と北朝鮮の関係、北朝鮮サッカーの情報が少ないということも話題性を大きくしている。

大きな話題になるのは、サッカー人気の高さにあると思っている。サッカー人気の高さは、Jリーグ発足当時に戻って当時の人気と今の人気を比較してみても明らかである。多くの人が関心を持たなければ話題にはならない。

サッカー人気が上がったのはJリーグの理念・活動方針にある。特にその中の地域の人々に楽しんでもらうという考え方が成功している。楽しいから競技場に見に行く。お客さんが多ければ選手もより頑張りいいプレーも生まれる。また、それがみたいのでサポーターも増える。さらに選手のレベルも上がっていく。現在、海外のクラブに籍を置く日本人選手は8名。いい循環がもたらした結果だ。

近頃、企業の不祥事に関するニュースが多い。企業理念が欠けている、または崇高な理念を持つ企業であっても、経営者が軽んじているのが原因ではないだろうか。不祥事起こして会社を傾かせ社員を路頭に迷わせないよう経営者は、高い理念を持ちJリーグのようにいい循環を作って、低迷する日本を盛り上げていただきたい。

と、Blogはじめてから1週間がたった記念に、趣向をかえて硬く書いてみました。それにしても、よく3日坊主にならなかったものだよ。明日からはわからないな、ここで安心すると。

日本と北朝鮮との関係はいろいろとあるけれども、サッカーではそんなこと関係なくお互いにいいプレーを見せて欲しい。で、やはり日本には勝ってもらいたい。

Go for 2006

| | コメント (0) | トラックバック (1)

NVIDIAのドライバ

私の使っているFedore Core3のマシーンに、付けてあるビデオカードにはGeForce 6600GTが載っています。GeForce 6600GTにもNVIDIAのlinux用ドライバが、対応しているようなのでインストールしてみることにしました。

ドライバを

http://www.nvidia.com/object/linux_display_ia32_1.0-6629.html

からダウンロード。

注意
インストールは、グラフィカルな環境から実行するとエラーになります。
コンソールで起動し、実行してください。

コンソールの起動の仕方はいくつかありますがここでは、グラフィカルな環境で立ち上がっているのを前提に1つの例をあげます。
ターミナル(GNOME 端末)を開いて、

 $ su

rootになって

 # /sbin/telinit 3

再起動後rootでログイン
グラフィカルモードに戻るのならば

 # telinit 5

でグラフィカルモードに戻れます。またPCを再起動しても戻れます。

ダウンロードが完了したら

 # sh NVIDIA-Linux-x86-1.0-6629-pkg1.run

途中インストーラーが何かと訊いてくるので、よかったら OK を選ぶなどして答える。
インストーラーが終了したら。

 # cp -a /dev/nvidia* /etc/udev/devices/

次に/etc/X11/xorg.conf を vi などを使って修正。

 Section "Module" の

  Load "dri" を削除し

  Load "glx" を追加。

 Section "Device" の

  Driver "vesa" を

  Driver "nvidia" に変更。

X Windowを起動させると一瞬、NVIDIAのロゴがみえます。

感想・問題点
VESA (Generic)ドライバより、NVIDIAのドライバの方が若干、速くなったように感じます。ベンチマークでも取れれば客観的に分るのでしょう。 使ってみて気になるのは砂時計カーソルになると、カーソルがちらつきます。また、Mozillaを立ち上げると画面の右端に黄色い線が残ります。これはデスクトップの空いているところをクリックすれば消えるのですが。

私が一番不満に思うのは、X Windowを終了後、再びX Windowを立ち上げ直すと画面が真っ白になり固まってしまうことがあるということです。終了後、即立ち上げ直すと多く発生します。

runlevel 5 でhttpdの自動起動を実行していると、ログイン標示の失敗が多くなるようです。その場合、runlevelを3にした方が起動に成功する確立があがります。runlevel 3 の方が1回でX Windowに入れる確立が高いようです。

これらは、ELSA GLADIAC 743GT との関係かもしれません(次のバージョンに期待します)。

カーネルを切り替えて起動できる方へ
インストール時に起動したカーネル以外で起動すると、X Windowが起動できなくなります。その場合改めて

# sh NVIDIA-Linux-x86-1.0-6629-pkg1.run

を実行してください。

つまり、起動したカーネルに対してインストールが有効であるということです。
どのカーネルでも有効な方法をご存知な方、よろしかったらご教示下さい。


【追加情報】 (3/16追加)

Version: 1.0-7167がリリースされています。
詳しくは下記アドレスで
http://www.nvidia.com/object/linux_display_ia32_1.0-7167.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジゴロウキーホルダーをプレゼント

2/11に中国へ帰る知人に何か記念になるようなプレゼントはないかなぁーと、ここ数日考えていた。ひよっこながらサクサカーな私はジゴロウキーホルダーのプレゼントを思いついた。

日本での彼女の住まいは池袋界隈。sakusakuのことは当然知らない。気に入ってもらえるか、不安があるものの横浜の東急ハンズへ買いに行くのでありました。久しぶりに行って驚いたのだけれども、sakusakuグッズコーナーに人がいるはいるは、親子で、一人で、女性も男性も。最近のsakusaku人気を改めて知りました。

お互いの都合もあって今日お別れの挨拶をし、プレゼントを渡したのであります。ジゴロウキーホルダーについては少々sakusakuの説明をしたのですが、彼女は「これ、かわいい。ZIGOROゥ、書いてあるぅ」と、笑みを浮かべ喜んでくれたみたいなので安心しました。

中国でもsakusakuが広まればと密かな野望が膨らむのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安物買いの銭失い

ある掲示板を拝見していたときに感じたのだけれども、画面をスクロールさせるのがめんどくさい。インテリマウスなら楽なのかもと思い欲しくなった。今まで使ってなかったんですよ。Windowsを使っていてこういう輩は少ないのでは。

アキバの近くに出かける機会があったので、用事を済ませアキバへ。ありました安いマイクロソフトインテリマウスが450円。店員さんに「光学式ではないですけどよろしいですか?」といわれた。安けりゃいいんです。後に知人から「そんなのでよかったら300円であったよ」と知らせれ少々がっかり。

帰宅し早速、取り付けてみる。カーソルが動かない。反応するのは右ボタンのみ。交換してもらおうと思ったが、交通費が高く付くのでやめ、分解してみることにした。もしかして直るかもなど期待してみる。

分解して分かった。基盤についている小さなパーツ達が腐食している。これでは動くわけがない。

今度はちゃんと化粧箱に入っているものを買おうと、近くの家電量販店へ行く。沢山あります。見ていると1050円というのをみつけた。これが一番安い。それを購入した。動きますよ、こんどは、やれやれとか思っているのもつかの間。左ボタンのクリックと、左へ移動したときの反応がぎこちない。よせばいいのにまた分解してみた。左ボタンはバリがあった。これをカッターで削る。ついでにストロークも短い感じだったのでカッターで削り調節しておいた。

組み立て直し試してみる。ボタンは良くなったが、移動はまだぎこちなく途中で止まってしまう。もう一度ばらし、動きを観察してみることに。ボールの回転が左へ動かしたときに止まってしまうことがわかった。ボールの位置がずれることが影響しているようだ。そこでボールの位置がずれないように細工するのだけど微妙なので難しい。努力のかいあって?多少改善された。

結局、使いにくいので3千いくらかで光学式インテリマウスを買ったのでした。最初からそうしておけばいいものを・・・・・。

上下のスクロール楽ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

佐伯選手とイーッ!

saku今週(1/31~2/4)のsakusakuのゲストは、横浜ベイスターズの佐伯選手でした。カエラちゃんと、ジゴロウさんのトークも笑ってしまうのですが、佐伯さんの話し方が意外と面白かった。こんな人だったんだ、鉄道が好きとか意外な趣味の面がわかったのも楽しい要因のひとつ。また、それぞれのエピソードにおちがあったりして笑ってしまった。案外、佐伯さんはTVいや、sakusakuに向いているのかも。

金曜日(2/4)の放送で佐伯さんがベンチに戻ってきたら、ショッカーのまねをして佐伯さんとスタンドのファンがイーッ!てやるって話は面白い。最近、プロ野球界でファンサービスがどうしたこうしたと、議論されている話を耳にする機会が多くなった。もちろんファンサービス原点は、選手の素晴らしいプレーにあると考えます。さらに追加するのであれば、このような視点が重要なのではないかと思います。選手がいろいろなメディアに出て、球場では選手とファンが一体となれるコミュニケーションをとる。楽しいですよこれはファンにとって。

と、sakusakuをみながら愚考するのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Marvell Yukon 88E8053をLinuxで使えるようにしてみる

マザーボードASUS P5GDC PROで組んだマシーンににFedore Core3をインストールしてみました。インストールは無事に済んだようでしたが、ネットワークとサウンドが使えませんでした。

ネットワークが使えなかったら意味ないだろう。で、マザーボードに付属しているMarvell Yukon 88E8053 PCI-E Gigabit Ethernet Controllerのlinux用ドライバをインストールしてみることにしました。カーネルソースが必要なのでまず、カーネルソースをインストール。

http://www.devdrv.co.jp/linux/fc3-kernel-source.htm

カーネルソースのインストールは、ここを参考にさせていただきました。

カーネルソースのインストールが済んだら。/usr/srcにlinux-2.6.9ディレクトリのシンボリックリンクをlinuxという名前で作っておきます。ドライバのREADMEに/usr/src/linuxにカーネルソースが必要みたいに書いてあるりますので(英語自信ないです)。

CDにあるファイルを解凍しインストールを試してみますが、途中でエラーが出てインストールできませんでした。このカーネルには対応していないようでした。新しいドライバを

http://www.syskonnect.com/syskonnect/support/driver/zip/linux/
(2006.1.18追記 上記のリンク切れてます)

からダウンロードします。ファイル名はinstall-8_13.tar.bz2です。

インストールの手順は英文READMEにも書いてありますけれども私は、rootでLoginし

# tar xfvj install-8_13.tar.bz2

で、まずファイルを解凍。次に

# cd DriverInstall
# ./install.sh

インストール作業が開始される

choose your favorite installation method: に 1 を入力

最後に

# modprobe sk98lin

これで終了。
後はネットワークの設定をすればOKです。

重要 ご注意!
smp用のカーネル(vmlinuz-2.6.9-1.667smp)で起動しインストールすると、うまくありません。インストールした後、再起動させるとsmp用のカーネルでは起動できなくなります。十分ご注意ください。もしGRUBなどのブートローダーでカーネルを変えて起動できるならばvmlinuz-2.6.9-1.667を選んで起動しインストールして下さい。
また、vmlinuz-2.6.9-1.667で起動しインストール、その後vmlinuz-2.6.9-1.667smpでの起動ではネットワークが使えません。vmlinuz-2.6.9-1.667での起動のみネットワークが使えます。

すべてのネットワーク機能に問題がないかは検証していません(そこまで知識がありません(^^;)。ブラウザでWebページをみるのは問題ないようです。

他のMarvell 88E8053が付いているマザボではどうでしょうか?

追加情報
install-8_14.tar.bz2がリリース。smp用カーネルにも対応。
当Blog
http://yanenoue.air-nifty.com/space/2005/02/sk98lin_smp.html
参照。

3/27 追加
install-8_15.tar.bz2が公開されています。

2006.1.18 追加
install-8_28.tar.bz2
marvellのWebサイト
http://www.marvell.com/drivers/driverDisplay.do?dId=107&pId=10
私の環境ではsmpではインストールできませんでした。

2006/1/29 追加
Version  8.30.1.3 がリリースされています。
ファイル名 nstall-8_30.tar.bz2
当方のFedora Core4 の smpカーネルでインストールでき、動作しています。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

PC組み立てる

日本語マニュアルだと安心だ。英語が理解できれば何の問題もないのだけれども、中学生程度の英語もあやしい私にとっては日本語マニュアルは頼もしい。P5GDC PROを買ったのも日本語マニュアルが付いてたからというのが大きい。でも、カタカナになってもどのようなものなのか、解らない言葉が多数あったりするんですよ(^^;。

このP5GDC PROはPROなんていうけれど、P5GDCシリーズの中で一番機能が少ない。使わない機能があって値段が高いより、必要なものだけあって安いほうが私は好きだ。今、改めて価格を調べてみると微妙な感じ。

マニュアルを一通りながめて組み立てに入る。写真を見ながらCPUを取り付け、ファン ヒートシンクを付ける。2つの留め具を対角方向に同時に押して固定するのだけれども、一箇所うまくはまらない。力任せにやってみようかと思ったが、止めといた壊したら仕方がない。順番を変えたりし何度かやり直していたらなんとなく入った。斜めになっていないからいいと思うけど少々不安。

メモリーを付け、ケースに収め、ビデオカードを刺し、ケーブルを取り付ける。ここでとりあえずテストをしてみる。スイッチを押す。・・・・・何も動かない、音もしない。もう一度押してみる。同じだ。少々あせる。各部を見直していたらスイッチのケーブルが1ピンずれて刺してあった。これだ。付け直して緊張しながら電源をONにする。動いた、動きました。モニターには表示がきちんと出てるし。よかった。

ハードディスク、DVDドライブ、フロッピードライブを取り付ける。電源を入れるとちゃんと起動した。BIOSでRAIDアイテムを設定。RAIDオプションROMユーティリティでRAID構成を設定。RAIDドライバディスクを作成し、WindowsXPをインストール。約30分程でインストール完了。

ネットワーク、ディスプレイドライバなどのドライバをインストールし、しばらく遊んでみた。以前仕事で使う機会があったけれどもそのときは、なんか重たいOSだなーと、印象をもった。そんなイメージでいたけれども、スムーズで軽くなった感じがする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アキバへショッピング

アキバに着いた。「でかいなぁー」工事中の駅前のビルをみて驚いた。しばらく上を眺めてた。田舎者丸出しだ。なめられないように服をアキバ系でビッシと決めてきたのに台無しだ。

まず、一通りパーツショップを回ってみる。欲しいパーツがどの店にあり、価格はいくらか調べるためだ。ネットで値段は一応調べておいた。全体的に値段はほぼ横並びといった感じか、ものによっては1000円前後の差がある。

PCパーツの買い方はいろいろ。今回のように1台組むのであれば1件の店でマザーボード、CPU、メモリーなどをある程度まとめて購入した方が良いとも聞きます。不具合があったときショップの方で対応しやすいということらしいです。でも、値段で勝負。交通費掛かってますから。皆さんはどのようにして買っているのでしょうか?

状況を把握したしたところで買いにいく。あれ、このパーツどこが安かったけ?、これはどこに?記憶装置の性能が低い私。店を出たときにでもメモしておけばよかったと、後悔するのでした。結局3回ほど回って買い物終了。もう頭の中では組みあがっている。この充実感と実際組んだら、どう?的な感覚なんともいえません。

いい時間になった。ここから歩いて15分ほどのところになじみの店がある。久しぶりに出てきたから一杯飲んでいこうかなと思ったがやめた。アキバで買い物し連れと飲んでベロンベロンになって帰り、電車乗り過ごし、買ったものを失くしたことを思い出したからだ。今日は金額が違いすぎる。

家に帰って気が付いた。ビデオカードを買うの忘れてた。なにやってるんだ!。唯一の拡張ボードではないか。拡張ボードを刺すのが自作の醍醐味!?。

結局こんな構成のマシーンです。
CPU intel Pentium4 540
マザーボード ASUS P5GDC PRO
メモリ SAMSUNG PC3200 512MB×2
ビデオカード ELSA GLADIAC 743 GT
ハードディスク 日立 7K250 HDS722512VLSA80(120GB)×2 (RAID 0で)
DVDドライブ LG電子 GSA-4163B
FDDドライブ メーカー?(流用)

注釈:
足りないものは後で追加し何でもそれなりにできるようにしたかったらしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PCを自作する!

PCを自作しました。といっても去年の暮れの話です。
では、なぜ今Blogに掲載させるかというと、そのときはBlogしてませんでしたから、残念。ゆるいBlogですから今頃書いているんです(^^;。

なぜ、新しいPCを用意したかというと見栄です。妹のところでも新しいPCを購入しました。WindowsXPについて訊かれたらわからん。いまだにWindows98では兄の恥。そんなところです。そんなこと考えなければ樂なのにねぇー。
実際、妹からPC購入に関して電話がありました。「パソコン買うんだけど、何がいいの?」ヤベェー。わからん。最近のことなど。でも見栄っ張りな兄は、「1つ前の型が値段も下がっていて、性能もさほど変わらないからそのあたりがいいんじゃないの」「メーカー?どこでもそんなに変わらないでしょう」突っ込まれて訊かれるのもいやなので「好きなの買ったらいいよ」といって電話を切る(ネットにワープロならどれでも、間違ってはいないのでしょう(^^;;;)。
また、職場にWindowsXPが入ったときもヒヤヒヤもんでした。訊くんですよ同僚たちがトラブルると。その都度、手に汗びっしょり。見栄張って、知ったかぶって、怪しく何とかしてきた罰ですね。

もう限界でしょう。使っている人にはかないません。そんなことより、Windows98に対応しなくなってきたソフトも出てきました。新しいソフトは今の環境では重くもあります。64BitのWindowsが安定してから変えようと思っていましたがいつになりますやら、XPだってねぇ。WindowsXP SP2対応のパッケージも出ているのでこのあたりがが良かったのかもしれませんが。

そんなわけで、NewPCの構想を練るのでありました。ネットでマザーボード、CPU、メモリーなどなど情報を集める。わからん。種類や規格がそれぞれ多すぎ。メモリー、PC3200なにそれ。PCI Express PCI急行?早いの?そんな感じです。自作は今まで3台組みました。さすがに5年、6年いや7年か、ハッキリしないけどそのぐらい時間が過ぎるとパーツに関してはわけ分からん状態。初心者にもどりました。

謙虚に自作系雑誌も何冊か買い求め勉強しました。勉強になりました。格パーツの解説記事、用語等の説明。当時の私の欲しかった情報が懇切丁寧に書いてあったのは助かりました。ネット時代における雑誌の良さを感じました。1ヶ月ぐらい古くともまとめて詳しく情報を得られるのがありがたい。

約1ヶ月半ぐらい勉強し構想も固まったので、アキバにパーツを買いに行くのでありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Blogの世界へGo!

皆さんはじめまして。
私もBlog始めてみました。Blogってブームですね。ココログだけを見ていても毎日大勢の方が始められています。そんなBlog拝見しているだけでは物足らなくなり、実際に記事を書くということはどのような感覚なのか知りたく始めたしだいです。と、いうとなにやら理由らしく感じられますけど。なんか気になる。始められる環境はあるし、はじめてみるか。これです始めた理由は。

Blogは新しいコミュニケーションの1つ。色々なところで多くの方が、その影響などの予測を述べられています。私にはわかりません。ですが、何か変化をもたらすことはわかります。記事を書く側、読む側と日ごと増えていますから。良いところも悪いところも含め眺めていきたい。

始めるまでが長かったなぁー。大してBlog(ココログ)のことも勉強していないくせに。私は何か始めるのが遅い。思い立ったらすぐの人ではないんです。すぐできる人が羨ましいです。けれども、もう歩き出したわけだし、どこへ行くやらわからないけどBlogの世界へ。少しRPG的感覚。

こうして最初の記事を書き終えるんですが、文章書くのって難しいです。毎日のように長文書いていいる人すごいです。
では、よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2005年3月 »