« アキバへショッピング | トップページ | Marvell Yukon 88E8053をLinuxで使えるようにしてみる »

PC組み立てる

日本語マニュアルだと安心だ。英語が理解できれば何の問題もないのだけれども、中学生程度の英語もあやしい私にとっては日本語マニュアルは頼もしい。P5GDC PROを買ったのも日本語マニュアルが付いてたからというのが大きい。でも、カタカナになってもどのようなものなのか、解らない言葉が多数あったりするんですよ(^^;。

このP5GDC PROはPROなんていうけれど、P5GDCシリーズの中で一番機能が少ない。使わない機能があって値段が高いより、必要なものだけあって安いほうが私は好きだ。今、改めて価格を調べてみると微妙な感じ。

マニュアルを一通りながめて組み立てに入る。写真を見ながらCPUを取り付け、ファン ヒートシンクを付ける。2つの留め具を対角方向に同時に押して固定するのだけれども、一箇所うまくはまらない。力任せにやってみようかと思ったが、止めといた壊したら仕方がない。順番を変えたりし何度かやり直していたらなんとなく入った。斜めになっていないからいいと思うけど少々不安。

メモリーを付け、ケースに収め、ビデオカードを刺し、ケーブルを取り付ける。ここでとりあえずテストをしてみる。スイッチを押す。・・・・・何も動かない、音もしない。もう一度押してみる。同じだ。少々あせる。各部を見直していたらスイッチのケーブルが1ピンずれて刺してあった。これだ。付け直して緊張しながら電源をONにする。動いた、動きました。モニターには表示がきちんと出てるし。よかった。

ハードディスク、DVDドライブ、フロッピードライブを取り付ける。電源を入れるとちゃんと起動した。BIOSでRAIDアイテムを設定。RAIDオプションROMユーティリティでRAID構成を設定。RAIDドライバディスクを作成し、WindowsXPをインストール。約30分程でインストール完了。

ネットワーク、ディスプレイドライバなどのドライバをインストールし、しばらく遊んでみた。以前仕事で使う機会があったけれどもそのときは、なんか重たいOSだなーと、印象をもった。そんなイメージでいたけれども、スムーズで軽くなった感じがする。

|

« アキバへショッピング | トップページ | Marvell Yukon 88E8053をLinuxで使えるようにしてみる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81321/2809953

この記事へのトラックバック一覧です: PC組み立てる:

« アキバへショッピング | トップページ | Marvell Yukon 88E8053をLinuxで使えるようにしてみる »