« 『日記の魔力』 | トップページ | ときめきメモリアルOnlineが発表 »

春一番は災害予防のお知らせ

暖かな日でした。気象庁の発表によると、関東、北陸、近畿の各地方に春一番が吹いたそうです。黄砂も西日本を中心に、今年初めて観測されました。

このようなニュースを聞くと春だなーと、のほほ~んと思うのですが、春一番の名前の由来を調べると、のほほんともしていられません。

すでに気象の用語となっている「春一番」ですが、その語源については、石川県能登地方や三重県志摩地方から西の各地で昔から使われていたということなどさまざまです。その中で、長崎県郷ノ浦町では、安政6年(1859年)旧暦2月13日(新暦3月17日)に長崎県五島沖に出漁した漁師53人が、春の強い突風にあい全員遭難しました。このときから郷ノ浦の元居地区では、春の初めの強い南風を「春一」または「春一番」と呼ぶようになったそうで、いまでは町内の岬に「春一番の塔」が建てられています。
http://www.kishou.go.jp/jma-magazine/0302/
から引用。

災害から春一番という言葉が、生まれたのには意外な感じです。

1978年(昭和53年)2月28日、突風により地下鉄東西線が荒川鉄橋の上で、走行中に横転するという事故もありました。

春一番が吹いたら災害に気おつけろと、災害予防のお知らせなんですね。

|

« 『日記の魔力』 | トップページ | ときめきメモリアルOnlineが発表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81321/3051128

この記事へのトラックバック一覧です: 春一番は災害予防のお知らせ:

« 『日記の魔力』 | トップページ | ときめきメモリアルOnlineが発表 »