« 逆の発想 | トップページ | ネットに繋がらないと »

NVIDIA Display Driver 1.0-7167

NVIDIA Linux Display Driver(IA32)にVersion:1.0-7167が出ていました。早速、インストールしてみることにしました。

ドライバファイルを

http://www.nvidia.com/object/linux_display_ia32_1.0-7167.html

よりダウンロードします。

コンソールで起動し、

# sh NVIDIA-Linux-x86-1.0-7167-pkg1.run

インストールが終了したら

# modprobe -q agpgart

次に/etc/X11/xorg.conf を vi などを使って修正。

 Section "Module" の

  Load  "dri" を削除
  Load  "GLcore"を削除

  Load   "glx" を追加。

 Section "Device" の

  Driver      "vesa" を

  Driver      "nvidia" に変更。

これで終了です。

Version:1.0-6629では cp -a /dev/nvidia* /etc/udev/devices/ しておかなければなりませんでしたが 1.0-7167では改善され必要ありません。

インストールなどの詳細は
ftp://download.nvidia.com/XFree86/Linux-x86/1.0-7167/README.txt

私の環境はFedora Core3でELSA GLADIAC 743GTを使っています。このバージョンでもXWindow起動に失敗することがしばしばあります。ランレベル5の時が目立ちます。
カーネル起動時のオプション rhgb をはずしておいた方が起動できる確立が上がるようです。

追加(3/20)
Fedora Core3でELSA GLADIAC 743GT環境では安定性に欠けます(私のところだけかもしれません)。Version:1.0-6629の方がましかもしれません。どちらにせよ安定を重視するならば、VESA (Generic)ドライバ(インストール時に組み込まれドライバ)の使用をお勧めいたします。そのほうがXWindowが確実に起動するようです。私は安定性を重視しVESA (Generic)ドライバに戻してしまいました。次のバージョンに期待します。

4/12
Linux Display Driver - IA32
Version: 1.0-7174 がリリースされています。

2006/1/29追加
Version: 1.0-8178
http://www.nvidia.com/object/linux_display_ia32_1.0-8178.html
Fedora Core4 に移行しました。このバージョンで問題なく動作しているようです。

|

« 逆の発想 | トップページ | ネットに繋がらないと »

コメント

コメントありがとうございました。
私のところはVersion: 1.0-7174から入れたのですが、今のところランレベル5でも問題なく使えています。OSはCentOS4で、カードはAGPx8のGeForce6600GTを使っています。

私も猫を飼っていますが、黒猫がとってもキュートですね。

投稿: Hiro | 2005/04/11 22:44

> Hiroさん

お使いの環境をお知らせ頂きありがとうございます。

問題ありませんか。ということは、私の環境に問題がありそうですね。PCI-Eか、ビデオカードの問題でしょう。

Section "Module" の設定もいくつかあることがわかりました。このあたりを試してみたいと思っています。

情報提供ありがとうございました。

投稿: 時空番長 | 2005/04/13 01:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81321/3323771

この記事へのトラックバック一覧です: NVIDIA Display Driver 1.0-7167:

» GeForce6600GT用Linux Driverをインストール [1億エントリーに挑むブログ]
今日のお題は、GeForce6600GTをXorgに認識させるためCentOS4にLinux Driverをインストールすることである。 まずDriverのDownloadだが... [続きを読む]

受信: 2005/04/11 00:41

« 逆の発想 | トップページ | ネットに繋がらないと »