« 中田英が代表に招集 | トップページ | NVIDIA Display Driver 1.0-7167 »

逆の発想

Blogの書籍化が話題になっています。すでに出版されたもの、出版予定なものも次々書籍化されていきます。

この流れに勢いをつけたのは『電車男』でしょう。『電車男』の売れ行きが伸びていくほど、Blogの書籍化もより進み始めました。

それらが売れ始めると、Blogサービスを運営する会社が中心となって、さらにその動きが加速してきました。この流れを読んだ経営陣も偉いのですが、私は最初にビジネスに取り入れた方の発想を高く評価します。

出版界では書籍の電子書籍化に向かう流れがありました。『電車男』、Blogの書籍化はその流れとは反対なものです。電子化されているテキストを印刷し書籍にするのですから。

電子書籍、Blogのようにますます電子化、またはネット化が進むなか、その逆をおこなう発想は、なかなか出てくるものではないように思います。形になってしまった後になれば「そんな考えもあるな」と簡単に言えます。

革新的な技術を開発するのではなくとも、視点を変え新たなビジネスにしてしまう発想に感心させられます。

行き詰まりを見せている業種でも、このような発想で新たなビジネスチャンスを掴むこともまだまだできそうです。より広くいうならば、問題の解決には多くの角度からみて、検討することが大切ともいえるでしょう。古くからいわれていることです。実際はできているようで、できていないのが現状かもしれません。

日々過ごす中で、単に繰り返し、繰り返し行うこと、経験などが発想の幅を狭めているように思います。狭まった発想の幅をどのように広げるかが私の課題です。

Blogの書籍化から、こんなことを考えてみるこのごろです。

|

« 中田英が代表に招集 | トップページ | NVIDIA Display Driver 1.0-7167 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81321/3312229

この記事へのトラックバック一覧です: 逆の発想:

« 中田英が代表に招集 | トップページ | NVIDIA Display Driver 1.0-7167 »