« 脱線事故と効率の関係は? | トップページ | 真夏日だった »

脱線報道

昨日、今日とテレビ、新聞の脱線事故報道をみてきましたが、なにか引っかかるものがありました。

それは取材し伝えるマスコミです。JR西日本の役員だったか社員だったか忘れましたけど、負傷者のお見舞いに向かうところを取り囲んで、その人に「ポケットに手を突っ込んで来ただろう」と揚げ足取りなことを言ったり、罵声を浴びせるかのように大声張り上げている姿をみて、こんな人間が取材した情報を知らされているのかと思うと愕然としました。もちろん一部の人でしょうが。

当日の上空には取材のため何機ものヘリコプターが飛んでいたはずです。報道各社が事故の模様を伝えたいのはわかりますが、騒音が負傷者に負担を与え、救出の妨げにもなったのではないでしょうか。また、ご遺族の方を取り囲んでの取材はいかがなものでしょうか?このような場合、代表取材ができないものなのでしょうか?疑問に思います。

某IT企業の社長にマスコミは古いと言われて反発していたようですが、大きな事故、災害、事件が起こればこんな光景を繰り返しているのでは、そういわれても仕方がありません。

|

« 脱線事故と効率の関係は? | トップページ | 真夏日だった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81321/3872935

この記事へのトラックバック一覧です: 脱線報道:

« 脱線事故と効率の関係は? | トップページ | 真夏日だった »