« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

茅の輪くぐり

6月も今日でおしまい。もう、半年過ぎてしまいました。早いものです。

朝、雨が降っていました。さほど暑くはならないんだろうと思っていました。が、午前中には雨が上がり、午後には日が差し蒸し暑くなってしまいました。

こうなると、出かけるのに雨の方がよかったのか、晴れた方がよかったのか微妙です。

帰りに神社に寄りました。鳥居が目に付いたので、なんとなく行ってみました。すると、中に草でできた輪がありました。

その輪をくぐってお参りをするようなのでくぐってお参りしてきました。家に帰って草でできた輪が気になったので調べてみると、茅(ち)の輪というものだと判りました。

この時期、各地の神社ではこの輪をくぐる、茅の輪くぐりという行事が行われるそうです。そういえば、数日前にテレビのニュースでとりあげていたような。

今年上半期の身の不浄を祓って清め、災いを防ぎ、暑い夏を無病息災で無事に越すことができるとされているようです。

なにげに行った神社でしたけど、これで夏も無事に過ごせる。ラッキーだったではないかと思っていたのもつかの間。

茅の輪のくぐり方は、左まわり、右まわり、左回りと、8の字を描くように三度くぐりぬけてから、お参りするそうです。

ストレートにくぐり抜けお参りしただけの私。これでは意味がないじゃん。たまたま、うまくいくなんて、そうあるものではありませんね。

それを教えてくれたのかな(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アサガオが咲きました

暑い一日でした。今朝は暑くて目が覚めました。

28日朝の最低気温が千代田区大手町で27.7度。最高気温が36.2度。6月としては1876年の観測以来の最高気温だそうです。

異常ですね。北陸では大雨。西日本では渇水。今後、平年並の梅雨に戻ればよいのですが…。

さて、前に私が栽培しているアサガオのことを紹介しました。今朝、花が咲きました。6月中に咲くのは初めてです。

二鉢ありそれぞれ1輪づつです。ピンクと、赤っぽい色に白のスジが入った花です。

赤の方の鉢は、土の作り方と肥料のあげ方を失敗したようで、葉が小さくひょろっとした感じで花も小さいです。

花が咲いたら、デジカメで写真を撮って紹介するつもりだったのですが、デジカメを入手できていないので残念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

実名でのネット使用推進はおかしい

実名でのネット活用促す 総務省「悪の温床」化防止-(共同通信)Yahoo!ニュース

総務省はインターネットを、実名での利用を推進するようです。匿名であるがために、自殺サイトを含む「有害情報の温床」となるインターネットの健全利用が目的のようですが。

総務省「情報フロンティア研究会」の最終報告に盛り込むとのことですが、「情報フロンティア研究会」は偏った形でインターネットを捉えているようです。

まず、ネット上で実名を晒したらどうなると考えているのでしょうか。不特定多数の人間にみられ、ネットに上げた情報から名前は元より、個人情報を名前以上のものが流出してしまいます。

ブログを小中学校の教育で活用する案も出ています。子どもに実名でブログ記事を書かせたらそれこそ危険です。家族構成、住んでいるところ、どんな個人情報を書くか判りません。

その情報をから誘拐事件を引き起こしかねません。犯罪を防止するどころか誘発してしまいます。

個人情報保護法はなぜ作られたのか考えて頂きたいものです。

次に、「有害情報の温床」については、表面の対応でしかないといえます。例えば、自殺サイト。自殺を考える人間がいるから自殺サイトが立ち上がり、そこに同じ考えの人が集まってくるのです。

確かに、自殺サイトが自殺志願者に最後の一歩を踏み出させてしまうこともあるでしょう。しかし、自殺防止をはかるならば、自殺志願者がなぜ自殺を考えるようになったか、また、どのようにすれば自殺を考えないですむのか、そういう取り組みが必要ではないでしょうか。総務省だけでなく、厚生労働省あたりとも協力して取り組む問題だと思います。

ネットがらみの問題を、ネット上だけに原因を求めている点が偏っています。誰がネットを使い、事件を起こすかといえば人間です。

「ネットを経済社会の発展につなげていくため」ここが「情報フロンティア研究会」の真の目的でしょう。つまり、どうしたらもっと、効率よくネット利用で金が稼げるかにあるわけです。これが目立ってしまってはと、思ったのではないでしょうか。ですから、私ごときに簡単に反論されてしまうのです。

日本は、商人の国といっても過言ではありません。もの、サービスを外国、国内で売らなければ経済が成り立ちません。それは判るのですが、もし、本当に健全なインターネットを考えているのならば、人とというものを考えるべきです。

参  考
情報フロンティア研究会
http://www.soumu.go.jp/joho_tsusin/policyreports/chousa/info_frontier/

| | コメント (2) | トラックバック (3)

新幹線にネコ耳

世界最速360キロ運転目指す「ファステック」公開-asahi.com

JR東日本の次世代新幹線試験車が公開されました。asahi.comに掲載されている写真を見るとネコ耳が付いています。

これは、非常ブレーキの制動力を高めるものですが、明らかにネコ耳を意識しているとしか言いようがありません。JRの技術者の話で「足音をたてずに走る猫にあやかりたい」とあります。

空気抵抗増加装置のデザインは「萌え」の影響でしょうか?それはさておき、安全で快適な次世代新幹線につながればと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

情報管理

米情報処理会社、規定に反しデータ残す カード情報流出-asahi.com

アメリカで起きたクレジットカードの個人情報流出事件は、カード社会、コンピュータ社会の危険な一面を晒し出しました。

昨年9月、情報処理会社にウイルスが進入し、データ処理情報が漏れ出しました。昨年の9月にウイルスに感染していながら、今ごろ気づくとはどのような管理をしていたのでしょうか?

また、社内に蓄積すべきでないデータを、調査目的とはいえ残したままにしていました。

ウイルス感染の経緯は報告されていないようですが、どちらも人による管理に問題があったのは間違いありません。

近頃、個人情報の流出がニュースで取り上げられることが多くなりました。これらの原因は、持ち出し、紛失、盗難といった人間がおこなう管理が至らないものです。

どんなに素晴らしいシステムを構築しても、運用するのは人です。コンピュータはプログラムどおりに動きます。しかし、プログラムどおりに動かないのが人間です。私たちはそのことを、忘れがちになっているのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セ・パ交流戦の感想と提案

プロ野球セ・パ交流戦が終了しました。ロッテが24勝11敗1分け、勝率6割8分6厘で交流戦1位。おめでとう!!

私になりに交流戦を振り返って、その成果を判断すればおおむねよかったと思います。特に、パ・リーグは効果が大きいものでした。

パ・リーグは観客動員数が増加し、テレビの放映回数も増えました。球団の収入増、新たなファン獲得と効果がありました。

一方のセ・リーグは巨人、広島で観客が微増。他の球団はリーグ戦より減少となってしまいました。

セ・リーグの球団経営面からは今ひとつといったところでしょうが、人々に話題、関心を持ってもらったことが、プロ野球の発展にとって大きな意味を持ちます。

 

交流戦への提案

今回の交流戦は長かったのではないかと感じています。初めは新鮮に感じた交流戦も、終盤には慣れてしまいました。

交流戦の魅力は、普段観られないカードが観られるところにあります。そこで前半、後半と分けて行うことを提案します。

また、試合数を減れすのも一考かと思います。試合数が減れば希少価値が高まります。したがって、関心もより高くなります。

両リーグ、各球団と利害関係の調整が難しいでしょうが、「プロ野球の発展」を共通の目標として、今後もプロ野球改革を進めて欲しいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホリエモン次はベガルタ仙台?

堀江氏、J2仙台の経営支援に意欲 「前向きに」-asahi.com

ライブドアの堀江社長がベガルタ仙台の経営支援に意欲表しました。

ホリエモンはスポーツ界へのビジネスを諦めてはなかったようです。ホリエモンはプロ野球の件から考えても経営に参加したいはずです。

必要な資金は、ニッポン放送株買収でフジテレビより得た巨額な和解金がライブドアにはあります。もし、出資するにしても問題はないはず、資金を手元で寝かせているほうが勿体ないです。

仙台市の藤井黎市長は協力してしてくれるなら何でも歓迎。一方、ベガルタ仙台の運営会社東北ハンドレッドの名川良隆社長は、出資でなく協賛ならば歓迎という考えのようです。

今回は、ホリエモンの思惑通りにことが進むかどうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子どもと地域社会

子どもへの不審な「声かけ」禁止条例案 奈良県が提出へ-asahi.com

奈良の女児誘拐殺害は許されるものではありません。このような犯罪には厳しく臨みたい。

奈良県警は「(仮称)子どもを犯罪の被害から守る条例(案)」を考案しました。子どもの犯罪被害防止と安全確保を図ろうというものです。

奈良県警の子どもを犯罪被害から守ろうとする取り組みには敬意を表します。また、他県警も奈良県警のように積極的な対応を望みます。事件が起きてから取り組むのでは遅すぎます。犯罪防止も警察の大切な役目です。

ですが、私は「(仮称)子どもを犯罪の被害から守る条例(案)」を前面的に賛成するものではありません。

確かに、条例、法律で縛るのも一理あります。しかし、前出の記事にもありますが、冤罪をおそれ子どもに声をかけにくくするおそれがあります。

人間、一人で生きているように感じることもありますが、決してそんなことはありません。多くの人々と、直接、間接をとわず関わって生きてきました。

いろんな人々と交わって人は成長していきます。子どもにとっては、回りの大人は人生勉強のいい先輩です。

その学びの機会をも失いかけない面を持つ条例はいかがなものかと思います。

子どもを守るには地域の取り組みが必要です。格家庭の対応だけでは限界が見えています。

都市部において、地域とのつながりが希薄になりがちです。昔のムラ社会なような付き合いは都市部の人間を辟易とさせます。

でも、子どもを守り、育てるといった視点で地域のつながりを、新たに考え直す時期かと思います。

また、子どもを狙った犯罪には、現代の社会情勢も背景のありそうです。この点も、注目し考えていく必要がありそうです。

参  考
奈良県警webページ
http://www.police.pref.nara.jp/

| | コメント (2) | トラックバック (1)

時の流れ

自販機でジュースを買ったお釣りに旧500円硬貨ありました。久しぶりにお目にかかりました。

前に手にしたのは、いつ頃だっただろう。などと思ったり。そういえば、千円札も前のものは、お釣りでもらうこともなくなってきました。

こんなところにも、時の流れを感じます。

珍しくなってきた旧500円硬貨。そこで、記念に残しておこうかと考えます。でも、飾っておくのも勿体ないので使ってしまいそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日もいい天気

今日も暑かったです。昼、外へ出たら草花もぐったりで元気なしでした。私も汗かいて疲れました。

こんな日はビールが美味しいわけで、暑さもなければ、といったところでしょうか。そういって、飲む口実をつくってしまいお腹の成長を気にしています。

それにしても、梅雨に入ったというのに晴れが続きます。天気予報ではあさってあたりから、当地では雨になるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紫陽花を見にいきました

昨日、紫陽花をこの時期みるのも楽しい、といった記事を書きました。そこで、今日雨が上がったので近所の公園へ紫陽花を見に行ってきました。

雨が上がったとはいえ再び降りだしそうな空模様。人が少なくのんびり観賞するにはちょうどよかったです。

例年と比べると、5月に寒い日が多かったせいか、やや花が小ぶりな感じでした。生育がばらばらな感じもありました。これから、今が盛り、もうおしまいと、全体では綺麗とはやや言いがたい感じでした。

毎年、同じにならないのが不思議です。また、それが魅力にもつながります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅雨を楽しく過ごす

関東・甲信、九州北部地方が梅雨入り-asahi.com

今日は空気が重く蒸す日でした。雨もしとしと降り、梅雨に入りました。といわれ納得です。

満員電車に乗るのがより憂鬱になります。傘でズボンは濡れて足にへばり付くは、クーラーの噴出し口の下へ行ってしまったら寒いし、困ったものです。

でも、この時期の楽しみもあります。紫陽花がそろそろ見ごろになります。雨に濡れた紫陽花はしっとりとしながらも、鮮やかでみてると気持ちが晴れます。

雨が上がったときの水溜りに映る空をみるのも風情があります。雲の切れ間の青空が映っているの光景は懐かしい思い出を蘇らせるようです。

酒飲みの楽しみの一つには、梅酒作りがあります。梅の香りを嗅ぎながら、ビンに入れながら出来上がりを想像するのも楽しいものです。

少々ホワイトリカーをコップに注ぎ、何かで割って飲みながら作業をするのも乙なものです。実は、昼間から飲める口実になるのがよいのか。ホワイトリカーは美味しくはないですけど、割れば飲めないこともないです(笑)。

梅雨が明ければ夏です。夏休みの計画を立てるのが、憂鬱な気分を払うには一番かもしれませんね。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

クールビズとネクタイ業界

何か新しいことを始めると、反対する者がでてきます。色々な意見があって当然です。それを話し合いによって調整していきます。

しかし、自分たちの利益のみを守るために反対するのは情けない。

<クールビズ>ネクタイ業界、キャッチフレーズに「待った」-Yahoo!ニュース(毎日新聞)

日本ネクタイ組合連合会の言い分も判らないでもないですが、目が内に向きすぎです。ノーネクタイに反対するのであれば、その代わりの案も添えるべきです。

締めると涼しいネクタイの開発、ネクタイ製作技術を生かし新商品の開発。そのような新たなビジネスに繋げる工夫も必要ではないでしょうか。現在も生き残っている企業はそうした努力を日々積み重ねています。

別の状況下では、私もクールビズにおけるネクタイ業界になる可能性があります。心しておきたいものです。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

ワールドカップ出場決定!!!

観客のいない試合は観ていて、どこか力が入りません。無観客試合とはこういうものかと実感させられました。

ピッチでプレーしている選手も違和感をもって、試合に臨んでいたことでしょう。その影響もあったのでしょうが、前半は動きが悪く、ボールを持っている時間も長く不安にさせられました。

後半、大黒が入り動きが積極的になりました。これはいけるなと思いつつ観ていると、後半28分柳沢がこぼれ玉を滑り込んでシュート、待望の先制点をあげました。シュートが決まったときは、回りに大勢のサポーターがいる感じでした。

その後、大黒の惜しいシーンが続きました。終了間際、大黒がキーパーと一対一でかわしてシュートを決めてくれました。これで決定!!

ワールドカップ最終予選、長かったような、短かったような。もう一試合イラン戦が残っているので、これも勝ってB組一位で日本代表はドイツへいってもらおう。

いまちょっと落ち着いたところで、試合を振り返ってみると、小野、中村、中田英の存在の大きさを感じます。今日、出場した選手たちも一生懸命プレーしていました。しかし、彼らだったらと思う点も多々ありました。ドイツでは外れてしまうと、勝つのは難しいかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分のPCでMac OS Xは動くようになるか

S・ジョブズ、認める--アップルのインテルチップ採用が確定

噂話が現実になりました。アップルはMPUをIBMからインテルへ移行させると正式に発表しました。

インテル嫌い、Mac大好きユーザーさんには、衝撃が大きいニュースだったのではないかと思います。

私は自分のPCでMac OS Xを動かせる可能性が高くなり、遊べるおもちゃが増えるかもしれないなどと期待しています。

アップルの発表ではMac以外ではMac OS Xを動かすことを認めない方針ですが、いずれ動くようになるとみています。

というのは、インテルMPU搭載のPCは既に市場に溢れていて、OSのみの販売でも十分商売として成り立つのでは、と思うからです。

どうなるのかは実際判りませんけど、アップルが変わっていくのは間違いありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蕾を付けたアサガオ

先日、鉢に植えたアサガオ。今朝、様子をみると葉も大きくなり、蔓も伸び始め順調に育っているようでした。

けれども、その中の一本に異変が起きているような。葉は成長し枚数も増やしつつあるけれども、蔓が伸びてこない。

しかも、もう、蕾を付け始めた。いまごろから蕾を付けたのはみたことがありません。そんな品種なのか、何らかの処理されたものか、原因は判りません。

植えたときとイメージとは違いますが、変わったアサガオもこのままにして育ててみることにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安田記念-結果

京王杯の1着馬が、安田記念に勝ったのは久しぶりです。また、レコード勝ちの反動もでなかったアサクサデンエンは強い!

京王杯の1着、レコード勝ちの反動、2つの理由でアサクサデンエンは切っていました。馬券はハズレ、しかも予想は惨敗です。

結   果

  7 アサクサデンエン
 11 スイープトウショウ
 12 サイレントウィット
 16▲ブリッシュラック
  9 カンパニー
 17 テレグノシス
  8 バランスオブゲーム
  3◎ダイワメジャー
 15 サイドワインダー
  1 アルビレオ
  4△オレハマッテルゼ
 13 アドマイヤマックス
 10 ボウマンズクロッシ
 14 ユートピア
 18 ハットトリック
  2 フジサイレンス
  6 ローエングリン
  5○ダンスインザムード

2着にはスイープトウショウが入りました。同じ牝馬ならダンスインザムードと思っていました。女心はわかりません。

ダンスインザムードは最後にゴールしましたが、何か違和感を感じました。故障など発生していなければよいのですが。

もう春とはいい難くなりましたが、春のGIも残るは宝塚記念のみとなりました。秋につながる予想をしたいと思います。的中がダービーのみでは寂しすぎ。資金面も。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安田記念-予想

抜け出ている馬がいないので予想は難しい。前売りのオッズから皆さんも悩んでいるようですね。的中すると高配当になるのは堅いです。

国際レースは好きではありません。外国馬が日本でどれだけ走るのかは未知ですし、日本の馬たちとの比較が困難だからです。みている分には楽しいレースです。

さて、私の予想。

◎  3 ダイワメジャー
 前走、ダービー卿CTを1分32秒3で圧勝。完全復活とみています。パワーとスピードを持つダイワメジャー、枠順もよいのでここから狙ってみたいです。

○  5 ダンスインザムード
 牡馬相手に厳しい感じもありますが、桜花賞1着、マイルCS2着とこの距離に実績があります。また、天皇賞(秋)2着もあり期待してます。

▲ 16 ブリッシュラック
 ここを勝てば100万ドルのボーナスが入る。真剣なのは確かでしょう。そんな背景も考慮して▲。

△  4 オレハマッテルゼ
 前々走、東京千六を1分32秒8で勝っています。前走、京王杯は2着。また、7連続連対には注目させられます。

 

馬券はボックスで買います。6点になりますが、かなりの額が手元に残ります。もちろん、「当たれば」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜、バーレーン戦

今夜、バーレーン戦が行われる(日本時間4日午前1時35分キックオフ)。小野の骨折による突然の戦線離脱、高原の欠場と日本代表は試練の試合となる。

こんなときだからこそ、中田英が「1対1では負けない」という気持ちが大きな意味を持ってくる。攻めるにしろ、守るにしろ相手に負けなければ結果は付いてくる。

今回は柳沢を1トップとする3-6-1の布陣で臨むようだ。それぞれの選手を生かすためにはよい布陣かもしれない。

だが、攻撃に関してはバーレーンの守備は堅い。個々の気持ちで負けないのはもちろんのこと、チームとして相手の守りを乱す工夫も必要となる。

過去のバーレーンの試合から、個人技でバーレーンの守りを突破するのは容易ではない。バーレーンは互いに連携をとる組織で守っているからだ。

これを破るには、日本もチームとして連携をとり攻撃をしけなければならない。そのアイデアを出すことも格選手に望む。

守備の乱れを生じさせれば得点の可能性は大きい。つまり、勝ちにつながるということだ。

私見を好き勝手に書いたが、どのような試合になるのか。どんな形にせよ日本には勝って欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レースに出なくてもよいのでは

ハルウララ 馬主が年内に引退レースの意向

最初、今年の3月に引退する予定だったハルウララ。オーナーの意向で昨年の9月突然、那須トレーニングファームに放牧に出されていました。

今月中に高知競馬場に戻し、早ければ7月にレースに復帰させる予定だそうです。

ハルウララは133回レースに出場しました。全て1着にはなれませんでした。また、今年9歳。このまま引退させてあげるのがよいのではと思います。

関係者には色々な思惑もありましょうが、レースに使うのは馬が可愛そうです。レースに復帰して骨折でもしたら、命取りにもなりかねません。

偉大な(?)記録も作りました。多くのファンも獲得でき、名前も全国的に知れ渡りましたました。これ以上、レースに出なくても十分ではないでしょうか。

私はレースに出さず、高知競馬場で引退式を行ってあげればよいのではないかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ノーネクタイ、ノー上着へ衣替え

6月1日は記念日が多いようです。

電波の日、気象記念日、梅の日、写真の日、麦茶の日、チューインガムの日、真珠の日、チーズの日、ねじの日など。

何といっても6月1日は衣替えですね。衣替えというと、高校時代が懐かしく思い出されます。上着を脱いだだけで友人たちの印象が変わるのと、白いシャツになるので教室も明るく、また、夏休みも近くなってきたな。と、気分も晴れやかになっていたように思います。

 

<衣替え>クールに決めたい ノーネクタイ、ノー上着

これも衣替えなのか今日から、中央官庁、国会ではノーネクタイ、ノー上着の軽装導入が始まりました。愛称「COOL BIZ(クール ビズ)」。環境省が公募して決めた愛称です。ビズというのはビジネスを縮め作った言葉だそうです。

「COOL BIZ」運動は地球温暖化防止に役立てるため、職場の温度を28度にし、軽装でしのごうという試みです。

今日のところは、中央官庁のお役人たちの過半数はネクタイで出勤したそうです。慣れないない事はしたくはないんでしょう。私だったら、喜んでネクタイしないで出勤します。楽ですよ。それに、ネクタイしていると暑いんです。

真夏でも汗一つかかないでスーツ着て都心を歩いているおじさんいるんです。これは不思議です。私なんかもう、汗だらだら流しているのに。それをみると倒れそうになります。まあ、人それぞれです。

日本の夏は暑いです。無理してスーツ着ることはないと思います。ビジネス上のマナーもあるかもしれませんが、スーツを着ていないのが当たり前になってしまえば問題ありません。

多用な服装をすることによって、気分転換にもなりますし、気分が変わることによって新たなアイデアも浮かぶはずです。

ノーネクタイ、ノー上着、民間にも広まってくれればと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »