« セ・パ交流戦の感想と提案 | トップページ | 新幹線にネコ耳 »

情報管理

米情報処理会社、規定に反しデータ残す カード情報流出-asahi.com

アメリカで起きたクレジットカードの個人情報流出事件は、カード社会、コンピュータ社会の危険な一面を晒し出しました。

昨年9月、情報処理会社にウイルスが進入し、データ処理情報が漏れ出しました。昨年の9月にウイルスに感染していながら、今ごろ気づくとはどのような管理をしていたのでしょうか?

また、社内に蓄積すべきでないデータを、調査目的とはいえ残したままにしていました。

ウイルス感染の経緯は報告されていないようですが、どちらも人による管理に問題があったのは間違いありません。

近頃、個人情報の流出がニュースで取り上げられることが多くなりました。これらの原因は、持ち出し、紛失、盗難といった人間がおこなう管理が至らないものです。

どんなに素晴らしいシステムを構築しても、運用するのは人です。コンピュータはプログラムどおりに動きます。しかし、プログラムどおりに動かないのが人間です。私たちはそのことを、忘れがちになっているのではないでしょうか。

|

« セ・パ交流戦の感想と提案 | トップページ | 新幹線にネコ耳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81321/4652921

この記事へのトラックバック一覧です: 情報管理:

« セ・パ交流戦の感想と提案 | トップページ | 新幹線にネコ耳 »