« シーザリオ 世界No1をめざせ! | トップページ | 番号ポータビリティー制度導入へ見通し »

下見へ

江の島に行ったときのことです。

仲間内で釣りの話題が出ていました。江の島はどうか、ということで下見に行ってきました。

子どもの頃はたまに釣りに行っていて、それなりに知っているつもりでした。十数年、いや、もっと経っているかな、時間が経っているので最新情報を現地で収集です。

釣り人にお話を伺い概要は掴みました。竿、リール、仕掛けが子どもの頃と違い時代の流れを感じました。

目的は達成し、このまま帰るのもと思い参道あたりをうろついていました。石段を登るのがかったるいので、江島神社へ行くのは躊躇していました。よく考えてみると行ったことがなかったような。

そこで、石段を登り行ってみました。さらに、そこから上へ行き下って岩屋まで行きました。

その帰り、カップルばかりで来るんじゃなかったと後悔しつつ、前にもカップルが。階段の上りが続く道で、彼女が彼に話かけているのだけれど、彼は、うん、とか、そう、とか生返事ばかり。

変だなぁーと思っていたら、彼が「もうダメ」「休ませて」と彼は顔をしかめて止まってしまいました。彼女はあっけにとられた感じです。

確かに、きついですこの階段。2階、3階に上がるつもりでは。私は「あーあ」と思いながら先へ。

すると、おばちゃんがしゃがみこんでいました。声をかけようかと思っていたら、おばちゃん「よしっ」と気合を入れて歩きだしました。

この人も辛かったのかな。江の島の標高は60mぐらいだったと思いますが、台形ですから登るのがきついかも。

と、いう私も登りきったら息が切れて、呼吸が荒く恥ずかしい。ごまかすのに必死。

さて、あのカップルその後どうなったのやら。デートの下見は必須ですかね。

|

« シーザリオ 世界No1をめざせ! | トップページ | 番号ポータビリティー制度導入へ見通し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81321/4862046

この記事へのトラックバック一覧です: 下見へ:

« シーザリオ 世界No1をめざせ! | トップページ | 番号ポータビリティー制度導入へ見通し »