« 慣用句と言い方 | トップページ | 梅雨明けの便り »

次回はサクセス-スペースシャトル打ち上げ

ディスカバリー:「延期はサクセス」 NASA長官強調-毎日新聞

スペースシャトルというと、1986年1月28日、チャレンジャー号の爆破事故を思い出します。

その日、テレビの中継があったので、夜中にも関わらず起きて打ち上げの様子をみていました。飛行士たちはこれから宇宙へ行くのか、宇宙とはどんなところだろう。そんな思い出みていました。

いよいよ発射。エンジン点火。煙と炎が地面を叩きチャレンジャー号が浮き上がっていきます。加速し上がっていく機体。私も宇宙へいく感じでみていました。が、その瞬間。機体から炎が噴出し2つに分裂してしまいました。

どういう事態なのか初め理解できませんでした。しばらく経って爆発したんだと認識できました。

 

今回またスペースシャトルの発射が延期されました。事故になるよりはよいかと思います。しかし、「これはサクセスストーリーだ。問題が発見され、打ち上げが安全かつ適切に延期されたのだから」NASAのグリフィン長官の発言は苦しいですね。責任者ですから。

もちろん、私はNASAの内部事情も知らず、知識もありません。けれども、報道されているようなことが問題なように思います。

専門家が必死に取り組んでもうまくいかないのも事実であり、宇宙へ行くことの困難さを改めて知らされます。

次回の打ち上げはいつになるかわかりませんけど、無事に宇宙へ行き無事帰還。そのサクセスストーリーでお願いしたいです。その途中、宇宙の映像、お話など見聞きできれば嬉しいものです。

|

« 慣用句と言い方 | トップページ | 梅雨明けの便り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81321/4976936

この記事へのトラックバック一覧です: 次回はサクセス-スペースシャトル打ち上げ:

« 慣用句と言い方 | トップページ | 梅雨明けの便り »