« 韓国戦 女子は引き分け、男子に期待 | トップページ | 日本の進路を考えるのもよさそう »

1勝で東アジア選手権終了

とりあえず1勝できてよかった。相手がどこの国だろう1勝はしないと応援しているかいがないものです。

その内容に関しては、中盤での守備の甘さ、攻撃の連携の悪さが目立ち、終始韓国に押され気味。ほめられた内容ではありませんでした。

後半途中から中澤選手が入りました。あのメンバーの中に入ると中澤選手の存在感というか良さみたいなものを再認識されられました。

相手に対する体の入れ方が違いました。彼がはいって守りも締まり、攻撃の起点ともなるパスを出すところもよかった。ゴールを決めたのはもちろんのことです。

ひょっとして、これは中国戦を外されたための効果かもしれません。

若手選手にはいい経験になったのではないでしょうか。常に先発で出られる選手が出てくることを期待します。それがワールドカップでの勝ちに繋がっていくものと思います。

この大会での成績は2位。これまでの内容で2位とはレベルの低い大会だったことを改めて知らされます。大会自体に疑問を持たなくもありません。しかし、多くの若手にチャンスを与え、経験を積ませる試合と受け止めればこの大会の意義もありそうです。

|

« 韓国戦 女子は引き分け、男子に期待 | トップページ | 日本の進路を考えるのもよさそう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81321/5357998

この記事へのトラックバック一覧です: 1勝で東アジア選手権終了:

« 韓国戦 女子は引き分け、男子に期待 | トップページ | 日本の進路を考えるのもよさそう »