« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

変わった雲

「みのもんたのSOS!」(フジテレビ)をみて思い出しました。

今日の15時半ごろ、変わった雲がでていました。ひょっとすると、これはと思い撮影しておきました。

番組で紹介された雲の中に、似たようなものがあったのでどうかな?と思っています。

kumo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デジタルフォト

カメラといえば今やデジカメ。

デジカメが出始めた頃に、こんな写真が増えるのでは、と考えていたものがありました。それは、フォトレタッチソフトを用いて合成、加工した写真です。

近頃、写真を撮る機会も少なく、写真に興味を持たないでいたこともあったのですが、そのような作品を作る人はあまりいないのかななどと思っていました。

ところが偶然、作品展が行われているのを知りました。どんな作品があるのか気になったので早速見学に行ってきました。

驚いたのは作品を出品している方の年齢です。私は若い人が取り組んでいるんだろうと思っていたのですが、私よりもずっと人生の先輩でした。

作品は、個性豊かな作品が多く見ていて飽きません。また、それぞれ作者の思いが伝わってくるようで味わい深いものでした。一般の写真展では感じられない感覚です。

帰りに、昔、考えていたことがいまのパソコンなら楽にできる。スキャナーはあるけどしょぼいから、デジカメあれば、と考えている自分がいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

古い規格から外れた議員に

「自覚足りなかった」 自民の杉村議員が「反省」会見-asahi.com

「料亭に行きたい」「グリーン車乗り放題」「国会議員の給料は2500万円」発言で注目を集めている杉村太蔵議員。

一連の失言、失態を反省すると自民党党本部で、記者会見を行いました。新人議員が党本部で記者会見するのは異例のことです。しかも、マスコミ関係者が100人も集まりました。

マスコミは杉村太蔵議員をオモチャにしているようですが、実は杉村太蔵議員の戦略にはめられているのかもしれません。今までの言動から、マスコミにも注目される議員にもあこがれていたはずです。これで、知名度は全国区になりました。

党本部での記者会見は大物議員がする場所。将来のことはまだ未定だけれども、杉村太蔵議員は今後大物に豹変するかもしれません。

あまりにも軽率な発言や行動は、もちろん謹んで欲しいものです。しかし、グリーン車乗り放題、議員報酬2500万円のように、国会議員の実態を庶民に随時知らせてくれればと思います。

先輩議員には、悪事を働いていても、とぼけた狸答弁を繰り返す議員もいます。そんな先輩議員よりはましですし、狸答弁術を身に付けた議員にはなって欲しくないものです。

小泉首相は「彼は彼なりにおもしろい特性を持っているじゃない。若いんだから、ある程度、規格外れの意見を発言をするのもいいんですよ。もっと温かい目で見ていただきたいですねえ」と言っています。

古い自民党議員の「規格」に、はまらない国会議員になってもらいたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

阪神優勝近づく

プロ野球での優勝と聞くと、デパートやスーパーのセールが頭に浮かんできます。なんかしっかり者のおばさんみたいですが。

優勝セールは、聞くところによると売り上げがかなり伸びるようで、デパート、スーパーが優勝セールをするとしないのでは大違いのようです。

 

優勝への盛り上がりに便乗してか、このようなものが登場しました。

「阪神優勝まちがい梨」
(「阪神優勝まちがい梨」 島根の農家が販売-Yahoo!ニュース(共同通信))

農家の方も積極的で感心しました。

梨に球団ロゴをプリントしたものです。14日の販売から既に200箱が売れて好評のようです。

このアイデア言われれば、なんだと思いますがこのようなことは、案外思いつきにくいものです。

 

阪神の優勝と言えば道頓堀へダイブ。2年前の盛り上がりはすごかったですね。でも、残念ながらお一人の方が亡くなってしまいました。ダイブ防止を目指して、戎橋に高さ3メートルの壁が作られました。

道頓堀ダイブ「あきまへん」=戎橋に高さ3メートルの壁-阪神優勝秒読み、厳戒へ-Yahoo!ニュース(時事通信)

うーん。不謹慎ながら…。

事故が起きてもということで。

道頓堀へダイブができなくなっても、何かが起きそうな予感。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NHKの新生プラン

NHK 受信料3割世帯が不払い 新生プラン発表-Yahoo!ニュース(毎日新聞)

受信料支払い拒否・保留の実態がNHKより明らかにされました。この状況にNHKは、不払いに対して簡易裁判所を通じた支払い督促を行う可能性もあると明言しました。

NHKは視聴者に、信頼回復の具体策を示すのが先ではないでしょうか。新生プランでは、不祥事の再発防止策は、はっきりとは示されていません。また、圧力によって報道内容が変更されたと疑いがもたれている事に関しても、言葉では圧力に屈しないと会長はいっていますが、どのような対策をとるかは明確に示していません。

これらのことに視聴者はNHKに不信感を抱いているにも関わらず、それに答えられなければ信頼回復はないでしょう。

視聴者との信頼関係が築かれないまま、法的な手段に訴えても、中には受信料を払う人も出てくると思いますが、批判や反発がより大きくなるのはあきらです。

NHKの新生プランは、NHK上層部よる机上の空論のような気がします。まずは、視聴者の声に耳を傾け、視聴者の声に応えるところから始めて欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

キリゾー&モッコロ

愛知万博マスコットの偽物登場 口コミで広がる-asahi.com

口コミで広がったとニュース記事は伝えていますが、私は知りませんでした。私の回りには、流行というか噂というかそいったものに敏感な人が少ないようです。

このようなお遊びが広まるのは、そのキャラクターの人気の証し。それを察してか万博協会は「人気が全国区になった証し。実害もなく、目くじらを立てるほどでもない」。 とコメント。

万博協会の余裕が感じられます。目標入場者数1500万人を越え、2000万人をも達成したこともあるかもしれませんが、お遊びに寛容な万博協会には好感がもてます。

私は愛知万博が始まる前から、モリゾーの目は怖いと思っていました。このキャラはダメだろうと予測していたのですが…。

ネットで検索をかけると「キリゾー&モッコロ」の画像が見つかりました。わりと早く見つかったので、それなりに話題になっているのかもしれません。
moto   kirimo

| | コメント (1) | トラックバック (5)

中秋の名月

中秋の名月ということで、我が家でもおだんごを作りました。もちろん私ではなく母が作りました。

私の家ではだんごに、きな粉をまぶして食べるのがいつものことです。今年はどういうわけだかきな粉ではありませんでした。

かぼちゃと赤い豆を煮たものと一緒にだんごが入っていました。どうしてか母に尋ねると、父の実家の方ではそん風にして食べていたからといいます。私はそうだったかな?と疑問。

見た目黄色いあんこがのっているようで美味しそうにはみえます。一口食べると甘い、甘すぎ。蜂蜜を入れすぎたと母は言い訳します。味見ぐらいするだろうに、なにも言わずに食べさすとは。終いにはしょっぱいものと一緒に食べれば食べられるとまで。親といえども少々あきれました。

気を取り直して月をみると、白っぽく輝く月が模様まではっきりとみえる綺麗な月でした。

そういえば、中秋の名月は必ずしも満月ではないようです。旧暦との関係のようです。満月と一致するほうが少ないとのことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぶどう

急に秋になってしまったように感じます。数日前までTシャツ、パンツ姿で寝ていても暑いぐらいだったのですが、今朝はパジャマをきちんと着ていないと寒いぐらいでした。

昼間はまだ日差しも強く、日向にいれば汗ばむほどです。それでも、湿度が低く日陰に入ると涼しく爽やかです。うるさいほど鳴いていたセミは数を減らし、まだいるんだなっといった程度になりました。

ご近所からブドウを頂き、さらに秋らしさを感じました。庭に植えたブドウが豊作だったようで、私の家にもおすそ分けということのようです。

ブドウの品種はデラウエアのようです。房の大きさは、八百屋さんで売られているものの半分から1/3の大きさです。しかし、甘みは強く美味しいものでした。農薬は一切使ってないので安心です。売り物には見た目は負けますが、安心して美味しいブドウが食べられるのは羨ましいものです。

店で売られているものは種無しのものです。頂いたブドウには種が入っていました。ブドウ栽培農家ではないのですから、種無しになる処理をしていないのは当然といえば当然です。

私も自分で作ったブドウを食べたいと思い、この種を蒔いてみることにしました。果肉を食べたあと種を取り、水でぬめりをとってから20数個蒔きました。来年の春に5~6個芽が出てくれればと。

うまく何個か発芽しても食べられるようになるには、何年かかるのかわかりません。もし、芽が出たら「ブドウ観察日記」ブログでも開設して、実がなるまで楽しんでみるのも悪くないかななどと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普天王関のブログ

今日も暑い一日でした。東京都心で33度、残暑というよりは猛暑です。

ブログめぐりをしていたら、気になるブログに出会いました。

現役力士「普天王」どすこい大相撲日記

普天王関のブログです。もう、ご存知でしたか?

力士とブログってどこか結びつかない私です。そんな感覚の私は古いのかもしれません。

コメント、トラックバックの数からいって、かなり盛り上がっているのがわかります。場所が始まってからのそれらの数がすごい。

取り組みの内容が独特の調子で書かれているのが面白いです。また、場所前の普天王関の様子も、もちろん触れられていて興味深いものです。読み進んでいくと親しみがわいてきて、応援してあげよかなと思ってしまうのが不思議です。

このところの相撲人気の落ち込みを改善するならば、相撲協会の上の人たちは、普天王関のブログをまずみるべきでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

小泉首相の圧勝

昨日は、1時過ぎまで選挙速報をみていました。
出口調査の結果から自民圧勝、300議席迫ると早い時間から報道されていました。自民党と公明党で過半数は取れるだろうと思っていましたが、まさかそこまではと半信半疑でした。結果は自民党296議席獲得、議席占有率は61.7%で戦後2番目に高いものになりました。

今回の選挙結果について私なりに考えてみると、わかりやすいメッセージと行動が自民党の圧勝に繋がったと言えるのではないでしょうか。

具体的にいうと、郵政民営化と実現のための行動。

郵政民営化の内容を細かく検討すれば、確かに問題点もあり、評論家が言うように多くの国民は細かな内容までは理解していないと思います。しかし、国民は郵政民営化を改革の象徴として捉え、閉塞感が漂う現状を打開する一歩と捕らえ改革に期待したと思います。まずは、郵政民営化からと。

また、参議院で郵政法案が否決されたのを受けて、小泉首相は衆議院を解散させました。まさか、衆議院は解散させないだろうと思っていたところでの解散ですから、小泉首相は本気だと皆思ったはずです。さらに、造反議員に刺客を送り込み意思の強さを示したことが、有権者の多くに受け入れられたとみます。

これら一連の動きをマスコミが連日、小泉劇場といい盛り上げ関心をさらに高めたのも圧勝の一因でしょう。

一方、対する民主党はまさかの解散に準備が遅れてしまいました。小泉首相の土俵に乗るまいと意識するあまり、争点がぼやけてしまい強い意志を示す小泉首相に対して、国民には伝わり難かったようです。

さて、与党が衆議院の議席の2/3を獲得しました。これによって、与党は法案を通しやすくなりました。今後、私たちが投票した議員、政党がどのような行動をとるか、しっかりみていきたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風の威力

台風14号が多くの被害をもたらしました。多数の方が亡くなり、行方不明となっています。また、土砂崩れ、浸水による被害も各地にもたらしました。

その一方で、高知県にある早明浦ダムは一晩で貯水率が100%になりました。台風14号の大雨のおかげで水不足が解消したのは、なんとも皮肉な感じです。

それらの状況をから台風の威力を思い知らされます。災害を引き起こされたら困るのだけれども、こなければ水不足になってしまったりとうまくありません。

過去の教訓をもう一度見直して、台風に備えることが重要だといえます。それにしても、自然の力の大きさを改めて見せ付けられました。

今後、台風14号は北海道に向かうようです。進路にあたる地域の皆さんは厳重な警戒と備えを。

0514













台風情報-気象庁

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豪雨

昨夜の大雨には驚きです。数時間の間に、東京、埼玉、神奈川の3都県で約3000棟が浸水の被害を受けました。

当地でも叩きつけるような雨が1時間ぐらい降っていました。ここ数年首都圏で夏の午後に局地的な豪雨が増えてきているように思います。ヒートアイランドが原因の1つという研究者もいます。

突然豪雨がやってくるので対策もとりにくいです。日頃からの心がけが大切ということでしょうか。

豪雨といえば台風14号が接近してきました。明日には九州から四国にかけて上陸との予報が出されています。6日午後6時までの24時間で、九州南部800ミリ、四国で600ミリの雨量が予測されています。

四国では水不足解消に繋がるかもしれませんが、台風による被害も心配されます。水不足だけが解消してくれればよいのですが。

台風は天気予報のおかげで接近してくる日時がわかります。早めに対策をとっておくのがよろしいようです。

200509052030-00
気象衛星-気象庁(9月5日 20:30)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

帰宅支援マップ

防災の日の今日、全国各地で防災訓練が行われました。内閣府の調べでは全国で約107万人が参加したといいます。

このところ続く地震に、参加された方の意識も例年よりも高かったのではないでしょうか。

近頃の個人の地震対策は家、地域から出先で巨大地震にあった場合にも関心が高まっているようです。その関心の高さを示すように「震災時帰宅支援マップ首都圏版」が売れているようです。

私も一冊買ってみました。内容は東京都が選定した帰宅支援対象道路を中心に、隣接した各県への帰宅支援ルートが紹介されています。

5~6km歩くならば問題は少ないです。15~20km以上歩いて帰るとなるれば、いろんな問題に出くわします。

まずは、「水」。特に夏の暑い時分は水は必須です。真夏の昼間2時間も歩いたらタオルが絞れるぐらいの汗をかきます。水なくては、まず帰れません。

次に「トイレ」。どこかで必ず行きたくなります。そのときトイレがないのは悲惨です。

この「水」と「トイレ」の場所が地図に記載されているのは安心できます。ところが、眠れる場所が載っていないのが残念です。

家に向かう時間にもよりますが、20km以上離れている場合、明るいうちに帰宅するのは困難かと思います。夜、歩くのは危険なので寝場所の確保が必要です。

学校に行けば寝れそうですけど、その他野宿ポイントなどもあればよりよいと思います。

実際に交通機関がストップして歩いて帰宅となると、各方面に数十万の人々が向かいます。途中で水がうまく調達できるかが不安です。

仮に東京駅から私の家まで帰るとその距離は約50km。全てが順調にいくと過程して、朝の7時に出発しても1泊2日の行程となります。案外、遠いなぁと思います。見知らぬ土地を歩くわけですから、地図ぐらい持っていても損はなさそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »