« 台風の威力 | トップページ | 普天王関のブログ »

小泉首相の圧勝

昨日は、1時過ぎまで選挙速報をみていました。
出口調査の結果から自民圧勝、300議席迫ると早い時間から報道されていました。自民党と公明党で過半数は取れるだろうと思っていましたが、まさかそこまではと半信半疑でした。結果は自民党296議席獲得、議席占有率は61.7%で戦後2番目に高いものになりました。

今回の選挙結果について私なりに考えてみると、わかりやすいメッセージと行動が自民党の圧勝に繋がったと言えるのではないでしょうか。

具体的にいうと、郵政民営化と実現のための行動。

郵政民営化の内容を細かく検討すれば、確かに問題点もあり、評論家が言うように多くの国民は細かな内容までは理解していないと思います。しかし、国民は郵政民営化を改革の象徴として捉え、閉塞感が漂う現状を打開する一歩と捕らえ改革に期待したと思います。まずは、郵政民営化からと。

また、参議院で郵政法案が否決されたのを受けて、小泉首相は衆議院を解散させました。まさか、衆議院は解散させないだろうと思っていたところでの解散ですから、小泉首相は本気だと皆思ったはずです。さらに、造反議員に刺客を送り込み意思の強さを示したことが、有権者の多くに受け入れられたとみます。

これら一連の動きをマスコミが連日、小泉劇場といい盛り上げ関心をさらに高めたのも圧勝の一因でしょう。

一方、対する民主党はまさかの解散に準備が遅れてしまいました。小泉首相の土俵に乗るまいと意識するあまり、争点がぼやけてしまい強い意志を示す小泉首相に対して、国民には伝わり難かったようです。

さて、与党が衆議院の議席の2/3を獲得しました。これによって、与党は法案を通しやすくなりました。今後、私たちが投票した議員、政党がどのような行動をとるか、しっかりみていきたいものです。

|

« 台風の威力 | トップページ | 普天王関のブログ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81321/5917873

この記事へのトラックバック一覧です: 小泉首相の圧勝:

« 台風の威力 | トップページ | 普天王関のブログ »