« ネコが犯人は濡衣か | トップページ | やはり2頭は強かった-秋華賞 »

2頭の対決となるのか秋華賞

そこに日本とアメリカのオークスを制覇したシーザリオの名が無いのは、少々残念な気もします。

勝敗の予測は前売りオッズが示しているように、多くの人はラインクラフトとエアメサイアの勝負と予想しているようです。私もこの2頭の争いと考えます。

JRA発表 秋華賞前売りオッズ

単勝
  5   1.8
 10   3.0

枠連
3-5   2.1

馬連
5-10  1.5

               15日 17時30分現在

 

ずいぶんと前の話です。

競馬の神様と呼ばれた大川慶次郎さん言葉に「3倍を切ったら勝負をしない」という意味のものがありました。競馬には「絶対」はないし、押さえに何点か買うとそれがきたときに赤字になってしまうからです(思い違いでしたら申し訳ありません)。

その当時、私の少ない経験でもそのようなレースは儲けが少なく、それで1点で勝負したら写真判定でハズレと痛い目をみてきましたので「そうだよな」と思ったしだいです。それ以来、予想の中に3倍を切る馬券が入るレースは買わずにいました。

ところが現在、3連単なる馬券が登場しています。これはと、懲りない私は狙いを付けるのでした。

私の予想。

先ほど書きましたが2頭の勝負とみています。1、2着はその2頭。3連単ならばあとは3着を探せばよいということになります。

◎ 10 エアメサイア
○  5 ラインクラフト
▲  8 デアリングハート
△ 12 ショウナンパントル

と印を打ってみました。

▲デアリングハートはラインクラフトとの対戦では分が悪いものの、他馬と比較すれば優位かなと思っています。

△ショウナンパントル。オークス、前走とこの馬にとってレース展開に難があり持ち味を十分発揮できなかったように思います。展開が有利に働けば面白いのではないでしょうか。

 

さて、結果はどうなりますか。

|

« ネコが犯人は濡衣か | トップページ | やはり2頭は強かった-秋華賞 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81321/6416233

この記事へのトラックバック一覧です: 2頭の対決となるのか秋華賞:

« ネコが犯人は濡衣か | トップページ | やはり2頭は強かった-秋華賞 »