« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

いいぎり

iigiri
赤い実が目立ちます。

この木は以前からここにあったはずですが、実を付けるまで意識していませんでした。不思議な感覚です。

木の名前はなんというのだろうと思いつつ、木の回りを見渡していました。すると、ベニヤにマジックで「いいぎり」、と書かれた板が幹にくくり付けてありました。
iigirina

名の由来を調べたら、飯を葉にもったことから飯桐(イイギリ)と名づけられたようです。そのころの飯桐と人の生活を想像させられます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

広がる耐震強度偽装事件

日々、発覚と疑いが出てきます。

今日も群馬県前橋市と静岡県掛川市のビジネスホテルが、耐震強度偽装の疑いがあるため休業した。と報じられました。

国土交通省は「緊急建築確認事務点検本部」を設置し、年内に国指定の全48機関に緊急立ち入り検査を実施すること表明しました。また、都道府県知事が指定した機関については各自治体が検査を実施する模様です。

まずは、徹底した調査をお願いしたいところです。住人は当然のことであり、近隣の人々の安全にも耐震強度偽装は関係します。

調査の結果、姉歯建築設計事務所が関わった物件のみで耐震強度偽装は収まって欲しいものです。そうでなければ、恐ろしい事態に発展するのでは。

これだけの耐震強度偽装マンションやホテルがあるということは、検査のありかたに重大な欠陥がありそうです。

    
衆院国土交通委員会で関係者ら参考人の答弁をニュースでみました。新たな事実(?)も出てきましたが、互いになすりあい保身のための答弁という印象を持ちました。

このような業者たちには偽装マンション住人の救済は期待できません。事件の詳細を明らかにすると共に、公機関は自らの責任と住民へ救済策を速やかに表明するべきです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

移りゆくアキバ

駅前の再開発で高いビルは建つ、つくばエクスプレスの開業、ヨドバシができ、と景観は変わってきました。

先日、つくばエクスプレスに乗車したことを書きました。その帰りにアキバに寄ったときのことです。以前とは、景観だけでなくいままでとは違う雰囲気がありました。

まず、人が多い。まるで年末のようでした。

見慣れない人が目に付きます。渋谷あたりにいそうな人。食べながら歩く人。カップル。

数ヶ月ぶりに来たので、今日は特別なのかもしれないな、偶然と思っていました。

それは、偶然でも特別でもなかったことがわかりました。

よそ様のブログを拝見していて、アキバに来る人の異変を取り上げているところがいくつかありました。アキバのことですから代表して、アキバBlogさんの記事を紹介します。

さらに観光地化したアキバ。「最近の秋葉は居心地が悪い」とも

 

このところ急激に変わったことから私はブームと見てます。徐々に落ち着きを取り戻していくと思います。それでも変わりゆく街であることはには違いありません。

私が中学、高校生の頃には、メイド喫茶、同人誌、アニメ、パソコンショップなどはアキバにはありませんでした。呼び方もアキバではなく秋葉原のみでした。

いまでもアキバには、電気電子部品を扱う小さなお店も昔のように存在し、当時の情緒も残っています。もちろん急な変化は落ち着きの悪さも伴います。しかし、以前からのアキバと移りゆくアキバをながめながら、新たな面白さを発見をするのもアキバの楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャパンカップ-結果

1989年のジャパンカップを思い起こさせるレースでした。

当時を思い出すと。

4コーナーを回り直線に入り先頭にたつホーリックス。それを外から猛烈に追い上げるオグリキャップ。2頭のレースとなる。先着したのはクビ差でホーリックス。

2頭の勝利への執念にも感動させられました。世界レコードを樹立した2分22秒2の数字にも場内からどよめきが起きました。

今年のジャパンカップもゴール前、見ごたえのあるレースになりました。

ゼンノロブロイを交わし馬群を抜けるアルカセット。伸びてくるハーツクライ。わずかハナ差でアルカセットの勝利。勝ち時計は2分22秒1レコード。このレースも思い出に残るレースになりそうです。

ジャパンカップ-結果

  1.    14 アルカセット
  2.    16 ハーツクライ
  3.  ▲  8 ゼンノロブロイ
  4.     5 リンカーン
  5.  ◎  6 ウィジャボード
  6.    13 サンライズペガサス
  7.    10 ヘヴンリーロマンス
  8.  △ 12 バゴ
  9.    17 スズカマンボ
  10.      2 タップダンスシチー
  11.  ○  4 アドマイヤジャパン
  12.     7 ベタートークナウ
  13.     3 ウォーサン
  14.    11 コスモバルク
  15.     1 マイソールサウンド
  16.    15 キングスドラマ
  17.    18 ビッグゴールド
  18.      9 ストーミーカフェ
 

早いもので来週はもう12月です。G1も残すところ3つとなりました。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

ジャパンカップ-予想

5~6年前から日本の馬が有利となったジャパンカップ。
日本の馬も強くなった証のようです。

けれども、今年は日本馬有利と一概には言えそうにもありません。

外国馬が出るレースは馬それぞれの比較が難しいものです。特に今年のジャパンカップは厄介です。

ディープインパクトの欠場もあって、日本馬ではこれだ、と言える馬を見出し難い状況です。また、外国馬は実績、実力馬ぞろいのようで悩むところです。

崩れることが少ないウィジャボードを本命にしました。安定性は魅力ですし、走破タイムから日本でも好結果をもたらすのではと期待です。

菊花賞でディープインパクトの2着になったアドマイヤジャパン。同世代では力が最もディープインパクトに近い馬だと評価してます。ここでも好勝負となるはずです。

ゼンノロブロイは、天皇賞での2着をどのように判断するか考えさせられます。一度叩いて良くなるか、昨年の強さは期待できぬかは微妙です。

ジャパンカップ-予想

◎  6 ウィジャボード
○  4 アドマイヤジャパン
▲  8 ゼンノロブロイ
△ 12 バゴ

 
  

コスモバルクはこのところ昨年の良さを感じられないレースばかりです。でも、せめて掲示板に上がって欲しい、と予想とは別に応援してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ココログフリー

私はココログベーシックを使っています。niftyのIDを持っていたので、無料で開設できました。ココログフリーは、niftyのIDを持って無い人も無料で開設できます。

広告がはいるものの、従来の有料サービスと引けを取らない、いや、有料サービスより勝っているようです。

ここまでは良いとして、従来のサービスを利用しているユーザーへのバージョンアップは来年の3月が目標とniftyは説明してます。

ココログフリーに移行するにしても現在のホルダー、アドレスは使えません。なによりも、既存のユーザーへ対するサービスを後回しにし、それも目標で4ヵ月後に対応というのは理解し難いです。

私はもともと無料で開設ですから、仕方が無いかで済ませられますけど、有料サービスの皆さんの心中は穏やかではないはずです。

顧客を冷遇しても売り上げは伸びる、と経営陣は判断したのでしょう。はたして思惑どおりになるか気になるところです。

 

2005.11.24
ベーシック/プラス/プロのバージョンアップについて

2005.11.24
フリー版、開始しました

| | コメント (0) | トラックバック (2)

アキバツアー

企画を立てた人もすごいけど、商品にした会社もエライ。

「アキバ初心者救済ツアー」
http://www.q-sai.net/akibabeginner/

既に、定員に達し応募は締め切られています。成功ですね。

内容はともかく、特定の人たちを満足させるビジネスがいま、成功のカギではないかと思っています。

特定の人たちが対象ですから、利益率は高くできます。莫大な利益は得られなくとも儲かる商売です。

今後どのように展開するのか注目です。

この企画をこのような視点で捉えるのも面白いのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

いくらでたばこを買わなくなるか

たばこの増税が検討されています。

自民税調、たばこ増税を検討へ 06年度税制改正-asahi.com

それによると、1本あたり10円の値上げ要望も出ているようです。20本入り一箱だと200円の増税。現在、売られているたばこの値段は260~280円が多いです。すると、一箱460~480円になります。

前のたばこ増税の頃に、いくらになったらたばこを買わなくなるかを、知人らと酒を飲みながら語ったことがありました。

値上げ直後は意識するけど、500円未満ならば今までと変わらない。500円から1000円未満ならば本数を減らす。1000円以上になったら禁煙を検討。こんな具合でした。

もちろん、1本10円の増税になれば禁煙する人、本数を減らす人もいるはずです。しかし、酔っ払いの議論の結果からは、目一杯に近い増収になるのではないかと思います。

「税収が落ちない程度の(税率の)上げ幅をどう設定するかを検討したい」

1本10円の増税はまさに確な数字かも。

財政再建において増税の話はこのように具体的に出てきます。歳出削減の話も具体的に出していただき、煙に巻かず実行してもらいたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トラノオの花

夜に咲き、昼は閉じているのかもしれません。

昨夜、寝る前に三輪咲いているのを発見しました。ところが今朝、見に行くと花は閉じていました。

今晩は五輪咲きまた。

夕食後に撮影したので写真もご紹介します。

torao1
torao2

花びら?は反り返って丸まり小さくなりながらも、雄しべと雌しべを長く伸ばし間隔を広げています。

この花には香りもあって、ヒヤシンスの香りを薄くしたような香りが微かに漂ってきます。

蕾を見つけたことは10月25日に紹介しました。蕾から咲くまで期間が長い花です。

花を付けたトラノオは、訊くところによると我が家にきて5、6年経っているそうです。来年も花を咲かせるのか、それとも5、6年咲かないのかは謎です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マイルCS-結果

デュランダルの同一G1三連覇はなりませんでした。

それにしても掲示板にも上がらないとは意外です。マイルチャンピオンシップの勝ち時計は1分32秒1。早い時計には対応できなかったようです。

1着になったハットトリックの伸びは素らしかったです。私の予想スタイルからは選び難い馬でした。

マイルチャンピオンシップ-結果

  1  5   ハットトリック
  2 12 ▲ ダイワメジャー
  3  1 ◎ ラインクラフト
  4  8   ダンスインザムード
  5  9   バランスオブゲーム
  6  2   アドマイヤマックス
  7  6   ビッグプラネット
  8 14 ○ デュランダル
  9 16   キネティクス
 10  3   ウインラディウス
 11 13 △ サイドワインダー
 12 15   テレグノシス
 13 18   アルビレオ
 14  7   アズマサンダース
 15  10   マイネルハーティー
 16 11   タニノマティーニ
 17  4   ローエングリン
取消 17   リキアイタイカン

| | コメント (0) | トラックバック (1)

マイルCS-予想

デュランダルのマイルCS三連覇が注目されます。

年老いてもなおデュランダルの末脚は衰えを感じさせず、昨年と同じローテーションでマイルCSに望みます。

本命を打ちたいところですが、三連覇という見えない力の影響を受けるデュランダルには不安です。

そこで、ラインクラフトを本命にしました。過去の戦績からマイルがこの馬のベスト距離であるし54キロの斤量も魅力です。

コンスタントにマイルを1分32秒台で走るダイワメジャーを▲。押さえにサイドワインダー。

マイルチャンピオンシップ-予想

◎  1 ラインクラフト
○ 14 デュランダル
▲ 12 ダイワメジャー
△ 13 サイドワインダー

今年のメンバーが持つマイルの時計は案外平凡なものです。展開ひとつで上位に入る顔ぶれは変わる混戦を予想してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成18年度競馬番組

注目は古馬牝馬の新設G1ヴィクトリアマイルです。

平成18年は2回東京8(5月14日)で芝1600mで行われます。古馬牝馬限定のレースは少なかっただけに、関係者はもちろんのことファンとしても歓迎するところです。

春のマイルのG1に安田記念があります。ヴィクトリアマイルから中2週で安田記念が組まれています。両方を狙える牝馬には間隔が狭いように思います。今後の課題となることでしょう。

 

平成18年に阪神競馬場の馬場改造工事が予定されています。

それに伴い平年の第3回阪神競馬(6~ 7月)が第4回京都競馬に、第4回阪神競馬(9~10月)が第3回中京競馬に振り替えられます。

勝ち馬を予想する立場としては競馬場の変更は厄介なものです。もっとも馬場改造は今までのデータが適応しにくくなるので勘弁してもらいたいものでもあります。

 

あと気になる点としては国際競走の増加です。27競争が国際競走として追加されました。実際にどれだけのレースに外国馬が出るかは判りませんが、外国馬がでるレースは外国馬の評価が困難なだけに予想が難しく私は好きではありません。観てる分には楽しいですが。

そのほか、距離や日程の変更もあります。詳細は、

平成18年度競馬番組等について-JRA

を参照してください。

時代とともに変化していくものです。予想する立場からすると大きな変化は受け入れ難いものもあります。しかし、それに対応できることが勝ちに繋がるのではないかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アンゴラ戦を終えて

あややの国歌独唱には驚かされました。

国立競技場のどよめきから、多くの人も意外だなと思われたのではないでしょうか。

この大役に彼女は緊張していたのか、不安げな顔と小さめな声がテレビで観戦している私は励ましてあげたい気分になりました。それでも彼女は無事大役果たしこちらも安心させられました。

試合です。

前半、惜しいシーンの連続でした。どれか1つはゴールネットを揺らして欲しかった。後半は、アンゴラが主導権を握る場面が目立ちました。それに対して、日本はどう対応するか答えを見出せずにいるようで、もどかしさが募るばかりでした。

確実にシュートを決めるのも課題の1つです。それよりも相手が優勢に試合を運び出したとき、どのように打開していくか。それを選手一人一人がアイデアを出して実践できるようにするのが最大の課題として浮かび上がった試合ではなかったかと思います。

ロスタイムまじかに松井が頭で合わせゴール。ジーコ監督が松井を起用したことと、タイミングはよかった。

アンゴラの攻めに答えを出せない選手たちに、松井の起用はジーコ監督からのヒントだったかもしれません。

少ないチャンスに応えた松井。フランスでの努力が報われたかのようで嬉しい限りです。大黒もそうでしたが、このような選手がチームを活性化させ一歩づつ強くさせます。

大相撲の解説者が調子の悪い力士には白星が薬になるといっていました。勝負事は、まずは勝たなければ。勝てば気持ちも前向きになります。

ワールドカップ本大会まではまだ時間があります。修正すべき点は修正し、大舞台で大役を果たしてくれることを期待します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋と影

風邪をひいてしまいました。

何事にも例外はあるようです。馬鹿は風邪ひかないというのに。

このところ急激に寒くなりました。服を着込むのがあり好きではなく、油断していたのが風邪の原因のようです。

寒さと共に日が短くなり影が長くなってきました。15時を回るともう夕方らしくなってきます。

donguri

石段に落ちたどんぐりや落ち葉の影も長くなっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歌って踊るノッポさん

ノッポさん 71歳の歌手デビュー-Sponichi Annex

ノッポさんと聞くと「できるかな?」を思い出しますね。

ゴンタくんのまねをするのが好きでした。

12月から1月までNHK「みんなのうた」で歌が流れるとのことです。どんな歌なのか興味が沸きます。

ノッポさん71歳ですか。そんな歳になられていたとは驚きです。自分の歳を考えれば当然のことですが。

71歳で新たな世界に挑む姿勢は見習いたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エリザベス女王杯-結果

牡馬相手だと厳しいけれども牝馬の中ではNo1。スイープトウショウは強かった。

逃げるオースミハルカをゴール前で捕らえ差しきるスイープトウショウの脚は見事でした。スイープトウショウは私の期待通りの走りをしてくれました。

けれども、2着、3着が大ハズレ。エアメサイアの5着は以外でした。ヤマニンシュクルの4着は私にもまだ、見る目が残っているなと自分を励ます材料に(笑

エリザベス女王杯結果

  1 ◎  8 スイープトウショウ
  2    1 オースミハルカ
  3    3 アドマイヤグルーヴ
  4 △ 14 ヤマニンシュクル
  5 ○ 11 エアメサイア
  6    2 ライラプス
  7    5 オースミコスモ
  8 ▲ 12 ヤマニンアラバスタ
  9   18 ベストアルバム
 10   15 ウイングレット
 11    9 クロユリジョウ
 12    7 マイティーカラー
 13    6 メモリーキアヌ
 14   16 マイネサマンサ
 15    4 ショウナンパントル
 16   13 サミットヴィル
 17   17 レクレドール
 18   10 ブライアンズレター

このレースの惨敗で資金も風前のともし火となってしまいました。口座に入金することはあっても引き出したことは一度もありません(泣

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エリザベス女王杯-予想

世代を超えた牝馬No1を決めるエリザベス女王杯。

各世代の代表が集まり、どの世代が強いかといったレースでもあります。

私が注目したのは、秋華賞とローズSです。

スイープトウショウは秋華賞を1分58秒4で駆け抜けました。今年の秋華賞馬エアメサイアは1分59秒2です。

ローズSでは、スイープトウショウ1分59秒1で3着、エアメサイア2分00秒1で1着です。着順はエアメサイアに劣るものの走破タイムは1秒の差をもってスイープトウショウが勝っています。

馬場条件が全く同じでないとしても、これらのことよりスイープトウショウが上位と判断しました。

このところの戦績からヤマニンアラバスタ3番手に、一年以上の休みが気になるところですが、昨年の秋華賞でスイープトウショウの2着のヤマニンシュクルを押さえに。

エリザベス女王杯の予想は、

◎  8 スイープトウショウ
○ 11 エアメサイア
▲ 12 ヤマニンアラバスタ
△ 14 ヤマニンシュクル

「女心と秋の空」。牝馬の予想は当日の状況でいくらでも変化します。そんな意味でも予想は難しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロッテ決勝進出

日本代表のロッテが勝ったのは嬉しいことです。

ロッテ 12-1 興農 7回コールド

コールドゲームがあったとは知りませんでした。

日本シリーズの時も10-1、10-0、10-1、3-2で日本一になったロッテです。特に短期決戦には強いチームなのかもしれません。

それにしてもロッテは強すぎです。緊迫した試合の方が面白いわけで、ロッテの選手の皆さん、なんとかできませんか、と冗談。

今日の勝利で決勝進出です。初代アジアチャンピオンが視界に入りました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ハイブリッド型気動車

ローカル線の旅を演出してくれる1つに気動車があります。

駅に停車している気動車からカラ、カラ、カラと聞こえるエンジンのアイドリング音は遠くへ来たなと実感させられます。

そんな光景も徐々に消えていくようです。

JR東日本はハイブリッド型気動車を世界で始めて営業路線に導入すると発表しました。

営業車として世界初のハイブリッド鉄道車両の導入 [PDF/40KB]-JR東日本

導入区間は八ヶ岳を眺めながら走る小海線(小淵沢―小諸間)です。

駅停車時等にはエンジンを停止し、騒音を低減(約30db)するということです。駅でアイドリング音が聞けなくなるのは寂しいですが、環境問題を考慮すれば、いかしかた無いことです。

ローカル線の旅は、景色と人情で楽しむことに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

干し柿

kaki1

風情の点ではいまひとつ。

今朝、物干し竿に柿が吊るしてありました。

なぜ、五つだけなのか謎の干し柿です。どうせ作るなら、もっと作ればいいのではないかと疑問。

kaki2
こんな風景が干し柿らしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本代表 新ユニホーム

サッカー日本代表の新ユニホームが7日に発表されました。

2006FIFAワールドカップTM着用
日本代表"ホーム"オフィシャルユニフォームを発表(05/11/7)

ジャパンブルーを基調に日本刀がモチーフのデザインだそうです。ジャパンブルーは空(世界)への飛躍を願い、日本刀は新しい挑戦と全国民の思いを一体にさせる大和魂を表現していると説明しています。

初戦でサポーターに新ユニフォームを着用して応援してもらえるよう、"ホーム"オフィシャルジャージー(トップ)およびレプリカユニフォームを、11月11日(金)より国内の一部アディダス取扱店にて先行販売を開始します。また、11 月16日(水)には、国立競技場内での販売も予定しております。

と、アディダスの商魂もたくましいようです!?

慣れもあるんでしょうが、やはり新ユニホームには違和感を持ってしまいます。ドイツへ行く頃にはそれが当然となっているのかもしれません。

今後、新ユニホームの選定は複数のデザインを用意して、サポーターの人気投票で新ユニホームを決めるのはどうでしょうか?その方が、サポーターとの一体感もより増すと思います。

 

さて、新ユニホームの初戦となる対アンゴラ戦のメンバーは8日に発表されました。

GK
土肥 洋一(FC東京)、川口 能活(磐田)、楢崎 正剛(名古屋)

DF
田中 誠(磐田)、宮本 恒靖(G大阪)、三都主アレサンドロ(浦和)、中澤 佑二(横浜FM)、坪井 慶介(浦和)、加地 亮(FC東京)、駒野 友一(広島)、茂庭 照幸(FC東京)

MF
中田 英寿(ボルトン)、中村 俊輔(セルティック)、小笠原 満男(鹿島)、稲本 潤一(ウエストブロミッチ)、村井 慎二(磐田)遠藤 保仁(G大阪)、松井 大輔(ル・マン)阿部 勇樹(千葉)

FW
柳沢 敦(メッシーナ)、高原 直泰(ハンブルガーSV)、玉田 圭司(柏)、大黒 将志(G大阪)

特に目立った点も無くドイツへ行くメンバーは、ほぼ決まった印象を持たせる内容ではないかと思わせます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

立冬

kiku

小春日和というよりは暑い日でした。

今日は立冬。暦の上では冬の始まりですが、とてもそんな感じがしません。

庭に咲いてる菊が辛うじて11月を思わせます。

二十四節気は中国で使われていたものを日本に取り入れたものです。ですから、多少のずれはあります。それにしてもここ数年、季節のずれが大きくなってきているように思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あなたのおやじ度判定

お遊びネタを1つ。

あなたのおやじ度判定!!

以下私の判定結果です。

結果発表!!

「おやじ度」とは、「おやじ度」です(笑)。「時代乗り遅れ度」とも「ところかまわず説教する度」とも言います。
これが高いと人生にたくさん不満を持っていてもなかなかうまく表現できない傾向があります。
低いと、性格的に(あくまでも性格的に)さわやかであるといえるでしょう。

あなたのおやじ度=44%です。
「ややおやじ」ライン
ここがちょうど境目です。
これからのあなたの生活によってoyajiになるか、さわやかかっこいい”おじさまっ”になるかが決まります。
かっこいいおじさまになって女の子にもてたいって考えてしまったあなた!!
間違いなくoyaji予備軍です。気をつけましょう。

 

「コギャル度」とは、「今風度」です。「元気度」+「オバカ度」+「恋愛度」とも言います。
この値が高いと、今の時代についていってる、といえます。
しかし、世界の動向や技術・技能系は除きます。なんせバカ度ですから。
低いと、古き良き時代の日本人に近くなる思われます。

 

あなたのコギャル度=53%です。
「頑張ってるけどぼろを出しちゃう」ライン
頑張ってるねぇ(笑)でも、ばればれ。もうすこし、考えよう。
って言うか、1つ忠告。
もう、美白の時代は終わりました。ね?そのこちゃん?
ッテユーかぁー、チョームカツクゥ、ッテカンジぃ、も終わりました。はい。

 

「いけてる度」とは、「おもろい度」です。または、あなたの「飲み会における必要度」+「もて度」です。
この値が高いと、性格的な「いいやつ」とでも言いましょうか?おもろい人です。お友達になって下さい(笑)
逆に低い人はそろそろ自分を変えはじめた方がいいと思います。
持ちネタを考えるとか(笑)

あなたのイケテル度=53%です。
「ふらふら人生」ライン
なぁんか楽しいことないかなぁ・・・・なんて、いっちゃったりしてるあなた!!
そんなことを言ってる間は何も変わりません。何か新しいことを始めてみよう!

 

「おばさん度」とは、「世間の目をはばからない度」です。もしくは「意地張り度」+「うそつき度」とも言います。
これが高い人は、知らず知らずのうちに周りの人に迷惑をかけています。
よく考えてから行動しましょう(笑)。
この値の低い人は、まわりがよく見えている、「できてる人」といえるでしょう。

あなたのおばさん度=36%です。
とあるAVの1シーンです。
あっ!あっ!!あっ、もうすこしっ。そこっ!!、あっ!!・・・・・・・・ん。

 

「おたく度」とは、「暗い度」です。もしくは「ストーカー度」or「しつこい度」とも言います。
この値が高い人にはぐちぐちする傾向があるといえます。
もっと広い心で生活しましょう。
この値が低い人はおおらかで性格は、「良い」といえるでしょう。

あなたのオタク度=50%です。
「ふつう」ライン
まぁ、これくらいの執着度だと、普通でしょ。

 

「ムキムキ度」とは、「体育会度」です。もしくは「モーホー度」or「精力絶倫度」です。
まぁ、「ギャランドゥーの濃さ」でもあるようです(未確認)。

 

あなたのムキムキマン度=32%です。
「むきっ。むきーーーっ!!ムキキッー!!うきーーっっ!!」ライン
まぁ、もう少しで「ムキムキ」ラインですが(笑)。
少しガツガツしすぎるきらいがあるかも知れません

 

必ず誰もが歳を取るわけです。
経験は生かしたいものです(笑

お遊びまで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

車両基地見学

つくばエクスプレスに初乗車。

首都圏において近年にない全線新規開業の鉄道なので、一度は乗ってみたいと思っていました。ただ、漠然と乗るのは物足りない気がしていました。何か用事があって乗るのが私の理想です。

つくばエクスプレス沿線にかかわりがある訳でもないので用事などありません。そこで、用事を作ることに。

沿線の資料を集めていたら、つくばエクスプレスまつりの開催を知りました。つくばエクスプレスまつりとは、車両基地公開イベントです。

開業後、初の車両基地公開イベントですし、同時に関東鉄道の車両基地見学会も行われるのでふたつのイベントを回る企画をたて行ってきました。

最初はつくばエクスプレス総合基地へ。

秋葉原からつくばエクスプレスに乗り守屋で常総線へ乗り換えて新守谷で下車。無料のシャトルバスに乗ってつくばエクスプレス総合基地。

tx1
記念撮影タイムではスピーフィが登場し、お子様サイズの制服を着て一緒に記念の撮影です。

tx2
スピーフィ号ヘッドマークに取り替えたところです

tx3
全線走行試験のヘッドマーク

  

関東鉄道の水海道車両基地へはつくばエクスプレス総合基地から水海道車両基地への無料シャトルバスに乗って移動しました。

dd502
受付より会場内に進んで行くとDD502がお出迎え。丸みを帯びたボディとロッド台車が目を引きます。

dai1
工場棟では車体と台車が外された状態での展示がありました。普段、目にすることは無いので、鉄道ファンでなくとも見入ってしまうのでは。

mitukai1
車両展示会場にキハ350形、キハ0形、キハ2300形が並んで展示です。

 

帰りは水海道駅まで無料バスで。駅と会場、会場と会場が無料バスが運行されていたのはいいサービスだと思います。が、ふたつの会場を移動する人が主催者の予想を上回っていて、バスに乗り切れない乗客が多数でて少々混乱していました。

水海道から守屋まで乗った常総線はローカルな感じがよかったです。気動車のエンジン音とちょっと遅めなスピードと景色。常総線にもっと長く乗っていたい気分にさせてくれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログと記事

ブログを書いてる私は気になるコラムでした。

ブログで自滅する人々(第1回)~ブログで「祭られる」人々-デジタルARENA

以前、アルバイト店員が客を侮辱する内容を写真付きでブログに載せ問題になったことを書きました。これも同じことです。

そのアルバイト店員も祭られてしまいました。今では話題にこそ出にくくなりましたが、発掘された情報はネット上には残っています。

ネット上に一度でたものは発信もとを削除してもどこかに残ってしまいます。書き込んだら消えないと考えておいたほうがよさそうです。

 

ブログを題材にしたフィクションを1つ紹介します。

"Over The Rainbow" ~十億アクセスの彼方に~

要約すると、いじめの原因は家族の出来事を綴った両親のブログだった。というものです。

作り話とはいえ、ありえそうなのが怖いところです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

本屋さんは年末の雰囲気

11月に入って急に寒くなった感じがします。

気温が下がるにつれ秋も深まっていきます。

本屋さんへいったら来年のカレンダー、手帳が専用コーナーに並んでいました。

一日からの年賀はがき発売に合わせてか、パソコン雑誌のそばには何種類もの年賀状作成関連の雑誌も山積みです。

本屋さんは年末のようで忙しない雰囲気でした。このあたりではこれから紅葉が本場というのに。

というわけでコスモスの写真を載せてみました。コスモスはもう盛りを過ぎているようです。

kosum

| | コメント (0) | トラックバック (0)

株式欄の株価が空欄

kaburan
株価が空欄になっている株式欄
11月1付け 朝日新聞 夕刊

誤植ではなく空欄が正常とはなんとも言いがたいものです。

今朝、東京証券取引所の売買システムに障害が発生しました。そのため午前の取引が行えなかったため、夕刊の株価が空欄になってしまいました。

原因はプログラムまわりのようですが、現時点では詳細はわかりません。

 

 東証は、緊急時に備えた予備のコンピューター・システムは用意していたが、「ソフト面の準備はなかった」(天野常務)ため障害を食い止められなかった。

YOMIURI ONLINE
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/mnews/20051101mh25.htm
から引用

原因はともかくとしても、アジア最大の証券取引所で緊急時に対応する体制が整備されていなかったとは呆れてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »