« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

リモコンと電池

ホント寒い12月です。

夜、帰ってきてエアコンのリモコンを使うと本体が反応しません。

リモコン側の液晶は格表示がされているのだけれども。

リモコンをいじっているとスイッチが入るようになります。そんなことが、ここ数日続きました。

もしかして、電池があたためられるとスイッチがはいるのではと、今日はリモコンから電池を抜いて、手で暖め戻しスイッチを押すと一回でエアコンが起動しました。

思った通りで、寒さで電池の能力が落ちていたようです。もっとも、電池自身の消耗もあるかと思います。

明日には電池を買いにいきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年賀状書き

毎年のことなんですが…。

どうも、ギリギリにならないと始めません(もう、遅いかも)。

年賀状を100枚や200枚も出すのならば、計画を立てて書くのでしょうが、その気になればすぐ終わる枚数がいけないのではないかと思ったりして。

 

今年は少々不愉快なことがありました。

葉書の枚数がもともと1枚足りませんでした。書き損じが出るだろうし一通り作業をしてから買いに行くことにしました。

結局3枚足らなくなり予備を含め5枚をコンビニへ買いに行きました。

インクジェット紙を買って帰り、プリンタで出力。それまでとは色調が異なり、ぼやけたものが出てきました。プリンタの調子悪くなったかなと印刷を中断し調べると、普通の年賀葉書でした。

ほかを確かめると、5枚中2枚が普通の年賀葉書でした。

どうしてまざるかねぇー。>コンビニのバイトさん

交換してもらおうと思ったのですが、レーシートがありません。いつもはレシートを店員が渡してくれなければ請求していました。今日に限ってもらわず帰ってきてしまいました。

言うだけはタダだからと気をとりなおすものの、またこの寒い中を行くのも苦痛なのでそのままに。

これからそこで買い物をすることはないでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白菜

hakusai

クリスマスが終われば正月の準備です。

濡縁に正月用の白菜が干してありました。今頃干し始めて正月までに漬かるのかと、母に尋ねたら大丈夫との返事。

 
 

怪しい。

 

毎年、いい具合に漬かったためしがない。

 

主婦歴うん十年の母の適当さには、いまさらながら驚かされます。

他人様には食べさせられないけど、そんな白菜の漬物も我が家の正月の味!?になっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

有馬記念も終了

今年のJRA主催の競馬は今日で終了。一年経つのは早いものです。

年が経つのが早く感じられるのには、出来事を忘れやすくなってくるからという話もあります。確かに、今年の前半の出来事は思い出し難くなっています。

さて、有馬記念はいかがでしたか。サンタさんはきましたか?

私は昨日に引き続きパソコンの復旧をしていました。以前と微妙に感じが異なるのが気に入らず、あれ、これとパソコンをいじってレースを忘れていました。気がついたら、すでにゲートは開いていました。

最後にとんだ失態を犯してしまいました。

レースはハーツクライが勝ちました。古馬との壁というか、ハーツクライが強かったというかはそれぞれでしょう。

来年、ディープインパクトが中心になるはずです。どのようなレースをし、どのような記録を残すか楽しみです。

今日も大ボケをかましてしまいましたが、来年も競馬で楽しく遊べれと思うところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バックアップをとっておけば

ブログをサボっていた罰か、ハードディスクがおかしくなってしまいました。

ここ2~3日どのようにするか悩むところでした。努力?のかいあってかとりあえず復旧させたところです。

原因はパーティションを壊したためです。

某雑誌のおまけソフト分かりにくいぞ!と怒ってみたところ後の祭り。幸いもう一台PCを持っていたので、そちらを使って対策を検索すことにしました。

探せばあるもので、ファイナルデータ3.0が使えそうでした。試用版があるのでダウンロード。パーティションを壊したマシーンのLinuxが入っていたハードディスクをフォーマットしてWindowsXPを一旦インストール。

そこに試用版を試すと、データは拾え出せそうな予感。製品版を買うかどうか迷う。大したデータでもないような気もするし、後で後悔するかもしれないし、と。

結局、買いました。泣けてくるような、クリスマスプレゼントとなりました。

それでも、さすが1万円以上するだけあってか、多くのデータを復元させることができました。

仕事で他人にはバックアップをとっておかなければね。とかいいつつ、自宅ではゆるゆるです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寒波

寒いのは苦手です。

まず朝、布団から出るのが辛い。これが一番(笑)。外に出れば妙に体に力が入って堅くなるし、暖房の効いた電車や建物に入ると鼻水が出てき恥ずかしいことも。

冬は子どもの頃の方が寒かったように思います。けれども、12月がこんなに寒く各地で記録的な大雪が降ったという記憶はありません。

名古屋では58年ぶりの大雪で積雪は23センチ。北陸では1メートルを越える積雪を観測した地域が多いようです。

また、東京の大手町は最低気温-0.8を記録。12月としては10年ぶりに氷点下を記録しました。10年ぶりに氷点下と言うのが意外でした。が、東京も東京なりに寒いようです。

この寒さと大雪で各地にトラブルが多発しています。自然のことですから仕方がないと言えばそれまでかもしれません。寒いのにこういうのは変な感じですけど、地球温暖化の影響によっての気象異常かもと考えたりもします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

親の責務と犯罪

女児殺害事件の報道が相次いでいます。

今日の夕刊記事に寂しい思いがしました。

12月13日付
朝日新聞 夕刊より

道きかれたら逃げて…親切より安全が優先

「知らない人に道を聞かれたら、すぐに逃げなさい」。小山市の豊田南小では9日、近くの駐在所の小室三男警部補が呼びかけた。「親切にしてあげなきゃと思うだろうけど、教えないでいいです。相手の手の届くところに近づいちゃ駄目」
 豊田南小の今月の標語は「小さな親切をしよう」。若松美知子校長は「「信じ合うことを否定するのは、苦しい。でも、安全のためには仕方がない」と嘆く。

一部を引用。

嘆かわしいことが教育の現場で起きてきました。子どもらの人命を守るための措置と理解しています。ところが、人を信用できず犯罪に走る少年も多発しているのも事実です。NHKで放映された ハイビジョン特集「少年院~教官と少年たち・250日の記録」でも人を信用できず犯罪に走り、悩む少年の姿が描かれていました。

子を持つ親の立場に立って考えれば、即効的な対策を求めるところです。

だが、それでだけでよいのでしょうか?

引用させて頂いた記事のように子どもを育てると、私はその子らが大人になったときのことを思うと不安になります。

全てとは言いませんが、犯罪を犯す人間は家庭環境もに一因があります。もちろん、社会背景もあります。

その人の性格、素行は育ってきた環境が大きな影響を与えます。つまり、親が子に対する教育が重要あり、犯罪防止の基礎ではないのでしょうか。

私は、「親」と言いながら「親」の責務を果たしていない「親」が多いように思います。

違う言い方をすれば、子どもをペットのように思っているのではないかと。犬でも幼児期のしつけを間違えば、とんでもない成犬になります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

漢字で表す今年の世相

「愛」が今年の世相を表す漢字に選ばれました。

日本漢字能力検定協会が全国公募し1位になったものです。

今年のなんとかを選ぶと、下半期にあったものが多くなるような気がします。年の初めの頃の出来事は忘れられ易いようです。それだけ、色々なことが起きているからかもしれません。

「愛」が選ばれたのには「愛のある世の中を」と願いが込められているともいいます。是非、そのような世の中になってもらいたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1円で61万株を誤って売却

些細なミスが重大な結果を招いてしまいました。

みずほ証券は1株61万円で売るところを1円で61万株を誤って売却してしまいました。300億円以上の損失。300億円って、中堅の証券会社でもみずほ証券だったからまだ、救いがあったのかもしれません。バックが大きいですから。

どの仕事でも小さなミスが大きな損害を与えてしまうことがあります。他人からすれば「なんでそんなこと気が付かないの?」と思うものです。ことの大小はあっても、誰しも1、2度の経験はあるのでは。

たるんでいる、気合が入っていないからだと、精神論を述べる上司や経営者もいます。確かに、そういった面もあります。でも、ミスをするのが人間です。

人間はミスをすることを前提に、どうしたらミスが防げるか、そしてどのようにしてミスを発見し修正するかが大切です。

それにしても、300億円とはみずほ証券も莫大な授業料を払ったものです。他人事ではなく、自分自身に置き換えてこの課題に取り組むのも有意義なことではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まだまだ熱いJリーグ

ヴァンフォーレ甲府(J2 3位)と柏レイソル(J1 16位)の入れ替え戦が行われています。

12月7日、甲府市の小瀬スポーツ公園陸上競技場でその初戦がありました。ヴァンフォーレ甲府のホーム試合の平均入場者数は6931人。この日は1万2372人で平均入場者数の約2倍の観客を集めました。盛り上がりの高さがうかがえます。

結果は、2-1 でヴァンフォーレ甲府の勝利。

この試合、少々後味が悪いものでした。

ヴァンフォーレが 2-1 でリードでロスタイムに入った後停電で35分間中断。再開後、得点差はそのままでヴァンフォーレの勝ちとなりました。

「停電の原因は過電流。売店が通常よりも多いなど、電気を使い過ぎたことが停電を招いたのでは」と説明した。

 Jリーグの佐々木一樹理事は「有料試合でこんなことがあってはならない。施設そのものの改善が必要」と話した。甲府の横森巧強化部長は「勝ってもすっきりしない」とコメントした。

asahi.com 2005年12月07日22時21分
http://www.asahi.com/sports/update/1207/135.html
から引用

佐々木一樹理事が言うとおりです。もし、J1 昇格後にこのような事態が生じては情けない。そうでなくとも、プロの試合なんですから。

12月10日は柏レイソルのホームである柏サッカー場で第2戦が行われます。J1残留、昇格を賭けた熱い戦いが繰り広げられます。

選手はもちろんのこと、両チームのサポーターの皆さんも気が気では無いと察します。見ごたえのある、いい試合を期待してます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

名前の読みと漢字

ココログにはココフラッシュというものがあります。

ココフラッシュについてはこちらの解説をご覧下さい。
ココフラッシュとは?

で、その中に「話題のキーワード」があります。

そこに、あれ?と思ったキーワードがありました。

テレビ番組に「伊東家の食卓」があります。「話題のキーワード」で「伊東家の食卓」より「伊藤家の食卓」が上位にきているではありませんか。

wadikey
変換ミスもあると思います。それにしても、本来の名称より多く使われているとは。

おなじ「いとう」さんでも漢字にすれば、「伊東」さんより「伊藤」さんの方が多いです。そんな現状もあって「伊藤家の食卓」が上にくるのでしょう。

ここで、私が思うのは同じ読みでも文字を間違えられたら、その人はどのように思うのかです。

ビジネス上では当然マイナスです。人との繋がりにおいても相手に良い印象は持ってもらえません。

私も間違えら安い名前です。それでいい思いはしてないので判っているつもりでいました。

ある、仕事で相手方の名前の漢字を書き間違えてしまい、えらく怒られたことがあります。軽く見ているということで。

名前は慎重に扱いたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

電子ペーパーディスプレイ

epd1
epd2

次世代への予感を思わされました。

東京駅で電子ペーパーディスプレイの実証実験が行われています。

通電しなくとも同じ画像を表示し続けるそうです。また、無線で自由に画像を書き換えられる紙感覚のディスプレイと説明されています。

ポスター、中吊りなどにも利用できそうです。紙資源の保存に有効となるかもしれません。

印刷関連の業界の方々は今後の動向が、気になる存在ではないでしょうか。

 

場所:東京駅 丸の内地下北口(東西線との乗り換え口)JRの改札を出たところ
期間:2005年12月1日~2005年12月14日(7:00~20:00)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Firefox 1.5

新しいソフトをインストールするのは楽しみです。

Firefox 1.5をインストールしました。

http://www.mozilla-japan.org/products/firefox/

よりダウンロードしてきました。

Windows版はダウンロードしたFirefox Setup 1.5.exeを起動させ、インストーラーの指示に従えばあっけなくインストールの完了です。

早速、Firefox 1.5を立ち上げます。1.0.7とどこが違うのかなと、見た目は変わりません。オプションのアイコンの配置は変更してありました。

使って変更点がわかりやすいのは、タブがドラッグ&ドロップで並べ替えられることです。ショートカットを使って、個人情報を簡単に消去できるのも便利です。

Firefox 1.5の注意点はFirefox 1.0 にインストールされている拡張機能は Firefox 1.5 と互換性がないことです。詳しくはリリースノートにある既知の問題を参照してください。

リリースノートには新機能と改良点や他の情報が記載されていますのでご覧下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »