« ホリエモンへの批評はいかに | トップページ | 雪とシクラメン »

カメラ業界も2極化

カメラ業界は私が思っているよりも厳しいようです。

先日、ニコンが事実上フィルムカメラから撤退のことを書きました。こんどは、コニカミノルタがカメラ事業から撤退と発表がありました。

カメラ事業から全面撤退するのは、昨年の京セラに続いてのことです。

撤退するメーカーがある一方で、キャノンは大分で新たにレンズ工場を新設するといったニュースもあり、カメラ業界も2極化が進んでいます。

昔、カメラを購入するとき各社のカタログを集め比較検討に悩むのも1つの楽しみでした。購入の後、友人らと自分のカメラの良さを自慢しあうのも、それぞれのカメラに個性があったので楽しいものでした。

しかし、メーカーが減ってくると選択肢も狭められ、隣の人も同じカメラでは面白味に欠けます。

カメラ業界に限らず、いまの世の中2極化が進んでいます。このまま続くとすれば、その先はどうなるのかと不安に思います。

|

« ホリエモンへの批評はいかに | トップページ | 雪とシクラメン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81321/8239556

この記事へのトラックバック一覧です: カメラ業界も2極化:

« ホリエモンへの批評はいかに | トップページ | 雪とシクラメン »