« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

Mac版Internet Explorer終了

今日で1月もお終いです。この間、正月だったのに。

今日でおしまいといえば、Mac版IEの提供が今日で終わります。

Mac版Internet Explorerの終焉 -1月31日付でダウンロード提供を終了-Yahooニュース

Mac使っているのにMicrosoftのブラウザを使うのどうだか、と思い私はNetscapeを主に使っていました。当時、Windows環境でもNetscapeを使っていたのも理由です。それに、最初の頃のMac版IEは不具合も多かったような記憶もあります。

いまも OS 9 を使っている人もいます。Netscapeはいまでも OS 9 対応のブラウザをダウンロードできるようです(Mac OS Classic (OS 8 & 9) (7.02 版)
http://wp.netscape.com/ja/downloads/)

しかし、問題はIEでないと対応しないWebサイトが、いまだ少数ながらあるということです。

私が現在メインで使っているの OS は WindowsXP でブラウザは Firefox1.5 です。でも、そんなWebサイトもあるので、IE6も最新の状態にして残してあります。

考えてみれば、Microsoftはいまさらながら勝手だな、と思います。自社のブラウザをばら撒き、Web上に独自の機能を普及させ、ハイ、さようならでは。

これを機会に、IEでないとダメのWebサイトは改めてくれればいいんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

女性の予想屋、登場

地方競馬の特徴の1つに予想屋さんの存在があります。屋号がおやじさん自身のあだ名だったり、縁起のよさそうな名だったり、やたらスケールが大きい名だったりで面白いものです。

男の世界という印象が強い予想屋稼業ですが、新たに女性も参入しました。

屋号は「なでしこ」 初の女性予想師、笠松競馬に登場-asahi.com

好きなことに取り組んで、何かの役に立ち、それで生活できれば結構なことです。

それにしても、厳しい世界に入られたものです。予想が当たらなければ即飯の食い上げです。「9ヵ月の修行で独立」と書かれていますので、腕は確かなように思います。

私なんか、もちろんアマチュアですけど十数年やっててもひよっこもひよっこです。もっとも近頃は JRA の G1 ぐらいしか参戦しないので腕は落ちる一方です。

書かれていないところに、いろんな苦労があったことでしょう。それを乗り越えて門を開けたのですから、長く続けて欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネコカフェ

メイドカフェが何かと話題になっています。後学のために一度ぐらいは行ってもいいかなと。テレビで何度も紹介されていますが、百聞は一見にしかず。

 

メイドより気なるカフェが。

心ゆくまで肉球を…「ネコカフェ」メードはニャンコ-Sankei Web

ドッグカフェは知っていました。ネコカフェも存在していたとは知りませんでした。

「ネコが常に15匹以上ゴロゴロしている」。ネコ好き、ネコ好きでもネコが飼えない人は足を運びたくなるのではないでしょうか。

イヌ、ネコだけでなくウサギも。

日本初!?のうさぎカフェが鎌倉に登場-Excite Bit

時代を反映してか、癒しを求める人が多いのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

五輪期間中の更新はダメ

私は知りませんでした。オリンピック期間中に代表選手がオリンピックの記事をブログに載せてはいけないとは。

選手のブログ「トリノ期間中は駄目」 注意を呼びかけ-asahi.com
2006年01月26日11時53分
から以下引用

 五輪憲章は「選手、コーチ、役員は、記者あるいはその他のいかなるメディアとしての活動はできない」と定め、選手、役員、メディアなどの五輪参加資格を厳格に分けている。

が、その理由のようです。

ブログを運営している選手は、ここが最も書きたい時でしょうに残念なのではないかと思います。また、読む側も選手の心情や選手ならではの臨場感あふれる記事が読めないは残念です。

メディアの利益を守るため措置はわかるんですが、ブログの普及に伴いメディアのあり方も問われています。

旧態依然としたIOCの古臭さが、鼻につく感じがします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

いただきます

「いただきます」論争(?)って、昨年にあったように思います。

このところ、再びブログ上で話題になっているので、なぜだろうと思っていました。話題の原因は、

考:「いただきます」って言ってますか?「給食や外食では不要」ラジオで大論争-MSN毎日インタラクティブ
http://www.mainichi-msn.co.jp/kurashi/katei/news/20060121ddm01310012600

かな、と推測します。ここへのリンク、引用が多いので。

 

せっかくなので、私の考えも書いてみます。

私は、食事のときに「いただきます」と、言う、言わないはその人の自由だと考えます。だからといって、「給食の時間に、うちの子には『いただきます』と言わせないでほしい。給食費をちゃんと払っているんだから、言わなくていいではないか」と、いうのには、引っかかります。

もちろん、いろいろな考え、信条を持つことは自由であり、拘束されるもではありません。それらが、それぞれにあり、交わってより良いものが生まれてくるものです。しかし、金を払ったんだから払った者の勝手だろう。というのは利己過ぎるのではないでしょうか。

給食をいただくには、農家(生産、加工)、流通、販売、調理などの過程を経て、口に入ります。当然、金銭で動く部分もありますが、それぞれの過程において金銭を超えて、それらの人々の理念もあります。たとえば、健全に育って欲しい。社会を背負ってくれる人に。

「いただきます」というのは、それらの思いに感謝の意を表すもの1つです。また、手を合わすことが宗教だと批判する声もあります。そうともとれますが、日本古来の感謝を表す文化ともいえます。人に感謝して何がいけないのでしょうか?形式は関係ありません。

一人で生きているように感じがする世の中ですが、意識はされ難いものの多くの人の関わりがあって、人は生きています。

互いに必要な人間であり、尊重しあって生かされ、生きています。それは金銭だけでの繋がりだけではないはずです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

他にも重要なニュースが

ニュースはライブドア関連ばかりです。

テレビでは同じようなことを昨日から繰り返しているし、拘置所の中の作りを伝えたり、本質とはあまり意味がないものを入れ煽りたてているかのように感じます。

確かに、ライブドア関連は話題性が高いです。視聴率を稼ぎたい気持ちもわかります。しかし、重要なニュース他にもあります。

耐震強度偽装事件、牛肉輸入問題。これらにもっと重点を置いてもいいはずです。

なぜならば、人命にかかわることですし、幾つもの機関が関わり、ライブドアより背後にあるものは複雑怪奇なものがあります。

この時点にライブドアの事件を持ってきたのは、これらから目を逸らさせようとしているのかと、勘ぐりたくもなります。

マスコミも踊らされているのか、私たちをさらに、踊らそうとしているのか、しっかり見極めていかなければと思うところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全国一斉!日本語テスト

Justsystemに利用されてるなと、思いつつ私も挑戦してみました。

ATOK presents 全国一斉!日本語テスト

結果は以下の通りです。

テスト結果 74   点

寸評
日本語力をもっと向上させよう

日本語に関するスキルは低くないのに、基本的な漢字でつまずいてしまったあなた。音読みや訓読み、同音異義語など、確かに漢字には難しい点もありますが、新聞などで漢字を追って読み書き能力の向上にも挑戦してみよう。
…。

ブログ、サボりながらも続けてまもなく1年になります。文章というか日本語というか、そのあたりに何らかの効用がでているかも、と思いチャレンジしたしだいです。

小中高と学校に通っている時分の国語の成績は酷いものでした。赤点は免れていたものの人には話せるものではありませんでした。

社会にでれば、報告書、企画書、手紙など文章を書かなければならない場面は、多々あります。ブログだけではなく、それらの影響もあってか、それなりになったように感じます。

しかし、寸評にあるように漢字は相変わらず弱い。

手書きで文章を書かないことが影響しているのではと考えています。学生時代の試験勉強を通じて私の経験です。

漢字が書けないのは、恥ずかしいし、引け目に感じてしまいます。言いたいことがあってもアンケートなど書きたくなくなります。

まあ、そんな欠点も改めて判ったわけで、やってみて良かったのかもしれません。漢字に取り組んでみようかとも。

 

このテスト期間限定で、2006年2月28日までのようでです。

遊んでみるのもよいのでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪だるま

yukidaruma

昨日からの積雪は10cmぐらいでしょうか。これで、大雪と言われてしまうのが、昨年からの豪雪に悩まされている地域を考えると、申し訳なく思います。

私が小学校の1~2年生だったころ、やはり積雪10cm程度の大雪が降ったことがありました。これだけの積雪は年に1度あるかないかです。

学校の休み時間、急いで教室を飛び出し、訳もなく校庭を駆け回ったり、雪合戦をしたりで、休み時間終了も気がつかず先生に怒られたことがありました。

今日は日曜日、学校は休みです。子どもたちにとっては絶好の遊び時ではと思っていました。しかし、近所からは子どもの声は聞かれず「?」です。

少子化で子どもが少ないのもあるんでしょうけど、家の中でゲームの方が楽しいのかな。それは寂しいな、と勝手に思いこんでしまいます。

近隣の様子が気になり、外に出るとありました。雪だるま。

「やっぱり遊んでんじゃん」。

雪だるまをみて、なにか安心しました。

 

案外、大人が作ってたりして。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪とシクラメン

sikuramen

今朝、雨戸を開けると別世界でした。し~んとして白くなった景色をいつもより長く眺めていました。

玄関を出で植木の様子を見てみました。すると、ここにも普段見られないものがありました。出しっぱなしになっていたシクラメンです。雪をかぶったシクラメンは別の花のようです。

 

話は変わって、ブログを更新しようと思いネットに繋いだら、たちまち回線が切断されてしまう。何って優秀なADSLかと。繋がっていても、ダイヤルアップの方が早いぐらいです。

記事をアップしていたら回線が切断。だめだったかなと思い再び投稿したら、同じ記事が二つに。削除したら昨日の記事を誤って消してしまいました><。

そんな訳で、記事を書き直して(この記事にして)、ご覧いただいているしだいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カメラ業界も2極化

カメラ業界は私が思っているよりも厳しいようです。

先日、ニコンが事実上フィルムカメラから撤退のことを書きました。こんどは、コニカミノルタがカメラ事業から撤退と発表がありました。

カメラ事業から全面撤退するのは、昨年の京セラに続いてのことです。

撤退するメーカーがある一方で、キャノンは大分で新たにレンズ工場を新設するといったニュースもあり、カメラ業界も2極化が進んでいます。

昔、カメラを購入するとき各社のカタログを集め比較検討に悩むのも1つの楽しみでした。購入の後、友人らと自分のカメラの良さを自慢しあうのも、それぞれのカメラに個性があったので楽しいものでした。

しかし、メーカーが減ってくると選択肢も狭められ、隣の人も同じカメラでは面白味に欠けます。

カメラ業界に限らず、いまの世の中2極化が進んでいます。このまま続くとすれば、その先はどうなるのかと不安に思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホリエモンへの批評はいかに

今年も大きな話題を作るものだ。東京地検をも動かして、と最初は思っていました。

ところが、今日のマスコミ各社の報道によると、株価をつり上げるために虚偽の事実を公表した証券取引法違反(偽計取引、風説の流布)の疑いだけでなく、粉飾決算の疑いも伝えています。

ニュースを読む限り、ホリエンモの旗色は悪いようです。事実関係については、今後の捜査を待つところです。

この事態を受けて、昨年の衆議院選挙でホリエモンを応援していた政治家の対応は冷たく感じます。火の粉がかからない様にしたいのはわかりますけど。

それでは、一般の人たちはどのように捉えているのか。

堀江貴文社長のブログ「livedoor 社長日記」のコメント読むと「応援してます」「がんばってください」と、励ましのコメントがほとんどです。また、この事件を取り上げているブログさんの記事を読んでも、堀江貴文社長を批判する内容は少ないように感じます。

「株価が下がった。どうしてくれるんだ。」「企業のトップなんだから」と批判するものも、あるにはあります。

コメントなど操作しようと思えばいくらでもできます。それにしても、ここまで批判が少ないことに疑問を持ちます。

堀江貴文社長が日頃、ホリエモンとしてマスコミに登場していたことによって、親近感を抱く方が多いのか、それとも、変革の旗手として期待されているのか、はたまた…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やはり、ヒーロー

一体これほどの人気が続くのはなぜだろう?

昨晩、今朝と何度もニュースで流れていました。それは、15日、有明コロシアムで行われた「長嶋JAPANドリームプロジェクト2006」に長嶋さん参加のニュースです。

私は、長嶋さんの現役時代の様子をあまり知りません。それでも、年上の方々より長嶋さんの現役時代の活躍の様子を聞かされていました。

長嶋さんの打席。ここで打ってくれれば点が入る。誰しもがそう思って期待していると、その通り期待に応える。このような活躍ぶりをいくつも聞きました。確かに、ここ一番でファンの期待に応えるプレイをすれば人気が上がるはうなずけます。

けれども、現役を退いて長い時間が過ぎたのにいまだ人気があるとは。有名な選手だった人は大勢います。その多くは記憶の隅に小さくなっているのではないでしょうか。

では、いまだに人気があるのは何故か。もちろん、人それぞれ意見があるとおもいます。私はいまだに現役当時のように、期待に応えてくれるからだと思っています。

長嶋さんはテレビに映し出されたように、昨年の東京ドームに観戦に来たときよりも、表情、動きがよくなり、より一層回復されたのがわかります。病からの回復を望むファンの期待に応えてくれました。

同じ病と闘っている人は励みになります。また、厳しい状況に置かれている人にとっては、長嶋さんに自分を重ね希望を見出します。

そのようなところが、やはりヒーローです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おでん屋

「寒いときに食べたくなる、好きなおでんの具ランキング」にたどり着きました。
http://ranking.goo.ne.jp/ranking.php?F=RSS&C1=013&C2=minna_oden&LID=news

1 だいこん
2 たまご
3 ちくわぶ
4 こんにゃく
5 餅入り巾着
   :
   :

このような具合です。だいこんが1位なのは納得するものの、私ならつゆがしみたがんもかたまごでしょうか。

おでんと聞いて以前、通っていた屋台のおでん屋を思い出しました。

風除けの立て付けの悪い戸をガタガタ開け「こんばんは」と言って、木の長いすに腰掛けます。おでんの鍋から上がる湯気の向こうから、おばちゃんが「あら、いらっしゃい」といつもの挨拶。

いまごろならば熱燗をたのんで、がんも、すじ、たもごを注文するのがパターンです。一人で飲みたければ黙っていればいいし、話をしたければ他の客でもおばちゃんでも、気楽なところです。7~8人も入れば満員。狭さ、おばちゃんの人柄もあってか客どうしが打ち解け易いのも魅力です。

客層は学生風の人から人生の先輩と幅広く、女性の客もいたりで話はじめると仕事のこと、家庭のこと趣味や恋愛と途切れることがありません。私は2合ほど飲んだら帰るのですが、話が大いに盛り上がり次の日につらいこともしばしば。

このところの事件を思うと、みず知らぬもの同士が酒を酌み交わし楽しんでいる光景は別世界のようです。どこでもこのおでん屋のようであればと…。

仕事の都合でおばちゃんのおでん屋は遠くなってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

床屋の髭剃り

寒い時期、床屋に行った後に風を引くことが多いです。今日は天気は良くないが気温は上がるとの天気予報でした。

そこで、鬱陶しくなった髪を切りに床屋へ。

待っているのはイヤなので午前中に床屋にはまず行きません。今日は、午後から雨の予報なので珍しく朝に出かけました。すると、私が一番の客ではありませんか。珍しいこともあるもんです。待たないで済むのがなによりです。

行き付けの床屋なので、「脇を短めで、上のほうはそれなりに」といい加減な注文し散髪を始めてもらいました。

さくっ、さくっと小気味よい音共にはさみが動いていきます。やがて髪を切るのは終わり、「顔を剃りますか?」と尋ねられました。普段は夕方に行くので断るのですが、今朝は髭を剃ってなかったのでお願いします。

これがまずかった。

剃り跡を確かめるのに顔をなでたり、引っ張ったりされます。くすぐったさが可笑しく、笑いたくなってきます。ここで、笑うのも恥ずかしいのでこらえます。こんどは、どんな顔しているのやらと想像してしまいます。それがまた可笑しく困ったものです。

数分のことなんでしょうが、床屋に来たときからの時間のように長く感じました。終わりに蒸しタオルを顔にかけられたとき、タオルの下だニヤケほっとしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フィルムカメラからニコンが撤退

学生時代に写真にこっていました。時間が取れればカメラ担いでぶらぶらと出かけ街の景色にシャッターを切っていました。また、モノクロですが、自分でフィルムを現像しプリントもしていました。

近頃では、ブログのネタにでもなればと思いコンパクトデジカメを携帯しています。学生当時とはカメラも変われば、写真に対するスタンスも変わってきました。

変わってきたのは私だけでなく、カメラメーカーも変革しているようです。

ニコンがフィルムカメラからの事実上撤退との新聞記事を読みました。私のフィルムカメラはニコン製です。ニコンのフィルムカメラからの撤退は、私のカメラも消し去られようです。

最近は手に取ることもめっきり少なくなったフィルムカメラ。久しぶりにフィルムを詰め、シャッターを切りたくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蝋梅の花

roubai

連日、大雪関連のニュースが伝えられています。

屋根に積もった雪は人の背にせまる。それをなおも降りしきる雪の中で雪下ろしする姿。除雪のため雪で孤立した地区に隊列を組んで入る自衛隊員。テレビに映し出される絵だけでも、ただ事ではないことが伝わります。

まだ雪の季節は続きます。大雪に見舞われた地域の方々の気持ちは、正直に言って雪が年に数度のところに住んでいる私には想像しがたいものです。

けれども、一歩づつ春に近づいているのは間違いありません。

冬枯れの枝に黄色い粒が付いているのがみえました。「なんだろう?」と吸い寄せられていくと、ロウバイの花が黄色く膨らみ散らばったつぼみに混じり、ひとつ、ふたつと咲いています。

かすかに春の音色が聞こえてくるようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Mac,Intel CPUを搭載

Appleの新たな流れの始まりです。

昨年から話があった Intel CPU 搭載のMacが発表されました。私は Mac といえば IBM の PowerPC が搭載されたものが Mac。そういう認識が強いです。

それはそれとして、Intel CPU 搭載の Macで動くMac OS X が PC/AT 互換機(今もこの呼び名で?)で動作するかに一番の関心があります。

というのも、そうすればWindowsとMacが一台のPCで使い分けられるからです。一台で済むのはけっこう便利ではないでしょうか?

Intel CPU 搭載の Mac、今のところハードの仕様がよくわかりませんが、チップセットは Intelの945を使っています。CPUとチップセットだけを考えると PC/AT 互換機でも動きそうです。でも、実際には色々な仕組みがあって簡単ではないことは予想しています。また、OSも単独で入手できるかは不明です。

いくつかの製品が市場にでて、1年も過ぎれば何らかの形がみえてくるのでは、と期待してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初詣

hisyaku

初詣に行きそびれてました。

寒い中、人ごみに混じってお参りするのも億劫だったので、日が延びてしまいました。そんな訳で今日、初詣に出かけてきました。

近所の神社やお寺などを、散歩がてら回ってきました。七福神やそれらを回るとご利益があるというものでもありません。

さすがに、参拝している人には出会いませんでした。帰りに屋台のお好み焼きやたこ焼きなどを食べる楽しみはありません。それでも、一人でのんびりお参りするのはすっきりしていて気分がいいものでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Fedora Core 4 と Firefox 1.5

いまさら Fedora Core 4 をインストール、と言っても旬な話題でありません。

昨年、書いたようにPCのトラブルのため Fedora Core 3 (Linux)を削除しました。勉強と趣味で入れたものでした。

手元に Fedora Core 4 のDVDがあったので今回は新たにこれをインストールしてみました。

私のPCでは、Fedora Core 4 の入っているDVDから起動し、

boot: (Enter)

では、インストーラーが起動できませんでした(不具合のようです)。boot: に適当な文字列を打ち込み、再度、boot: (Enter)でインストーラーが起動します(これは不具合の回避法です)。

Fedora Core 4 のインストールは無事完了しました。ブラウザを Firefox 1.5 にしたいので、これもインストールしました。

がしかしです。Firefox 1.5 が起動しません。

インストールの手順が間違ったのかと思い再度、インストールし直してもダメでした。 Fedora Core 3 ではあっさり動いたのに不思議でした。

きのう、今日と悩んでいたら、Fedora JP Project の掲示板に解決方法がありました。

Fedora JP BBS ≫ Fedora Core 4 ≫ スレッド : firefoxのインストール方法がわかりません
http://bbs.fedora.jp/read.php?FID=8&TID=2464&p=2

それによると、libstdc++.so.5 が必要とのことでした。

早速、

# yum install compat-libstdc++-33

で、無事 Firefox 1.5 が起動するようになりました。

初心者レベルの私にはまったくわかりませんでした。スレッドをたてた方、情報を寄せてくれた方々感謝です。

 

ところで、私の環境では問題があった NVIDIA のドライバは、

Linux Display Driver - IA32

Version: 1.0-8178
http://www.nvidia.com/object/linux_display_ia32_1.0-8178.html

にしたら問題なく動作するようになりました。

インストーラーで xorg.conf の自動書き換えが行えるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

久しぶりにプログラム

初詣にでも行こうかと思っていました。

あいにくの空模様なので今日は止めておくことに。

今日もゴロゴロしているのも惜しいので、久しぶりにプログラムを組んでみました。

昨年、知人よりとある案件の相談を受けました。年明け後に解決策をお知らせすることになっていました。

その案件の解決策はもう、用意できています。さらにこんなものがあると便利だな、ということでプログラムを組もうとしたところです。

そのプログラムは簡単に言えば、ある決まりに従って、ファイル名を変えるソフトです。

昔、似たようなプログラム組んだことがあるし、暇つぶしにはちょうどよいなどと考えていたのが甘かったです。

開発環境をインストールし、昔のソースコードも見つけ、さて始めるか。

わからない。自分で組んだはずなのに、何がしたいが為のものなのか。文法もあやしいとこが出てきました。開発環境の扱いも。

携わっていないと忘れるものですね。

関係する本や資料もかき集め見ながら、「あっ、そうっだったんだ」「これは、こういうことか」と進めたところです。

気がつくと、周りに本や資料にメモが散乱していました。せっかく大掃除(一応)をしたのに、また片付けるのには閉口です。

また、使わない頭をを使うと、頭からきしむ音が出てきそうです。

そんなわけで、気分転換にブログを書いているところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HAPPY NEW YEAR

goroneko

明けまして おめでとう ございます

旧年はご覧いただき誠にありがとうございました。

本年も皆様にとりまして、よい年となりますようお祈りいたします。

また、今年もコメントでもいただければ嬉しいしです。

 

さて、お正月なわけです。猫と一緒にゴロンとしています。のんびり過ごすのもいいものです。出かければ人ばかりですから。しかし、予定がないのもどうだかと思うところです。

 

本年も宜しくお願いいたします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »