« 松永幹夫騎手、調教師へ | トップページ | ココログバージョンアップのお知らせ »

流し台にて

夕食後の食器が流しにおきっぱなしになっていました。

洗う人がいないのだから当然なのですが、どうも、後片付けはめんどくさい。明日の朝にでもしようかと頭をよぎりましたけど、それでは朝の仕事が増えるので食器を洗うことにしました。

やり始めればなんてことはありません。綺麗になっていく茶碗や皿は洗ってて気持ちが良いものです。ところが、最後に流しを掃除し屑がたまるかごを取り出したらこれが凄いことに。

めは詰まっているは、ぬるぬるした層は厚いはで、ここに触れるのではなかったと後悔したほどです。掃除の途中で気がついてしまうと、綺麗にせずにはいられない性分なので洗うことにしました。

たわしでこするとぬめりはそこそこ落ちましたが、目詰まりとこびり付いた汚れがどうしても許せない。なにかいい洗剤ないか探していたらありました。説明を読むとこの洗剤を薄めて30~60分つけておけばよいと書いてありました。バケツに水をはり洗剤を入れてかごを浸し、風呂へ。

風呂から上がって、さぞ綺麗になっていることだろうと楽しみにバケツを覗く。

「ん?変わって無いじゃん」。

あまりの変化のなさに呆れるというか、敗北感が。

明日、リベンジするこに。

|

« 松永幹夫騎手、調教師へ | トップページ | ココログバージョンアップのお知らせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81321/8871478

この記事へのトラックバック一覧です: 流し台にて:

« 松永幹夫騎手、調教師へ | トップページ | ココログバージョンアップのお知らせ »