« 給食 | トップページ | AppleがWindowsを起動 »

このような方法も

Fedora Core4でMarvell Yukon 88E8053 PCI-E Gigabit Ethernet Controllerのドライバインストールで、いままで私が行っていたのとは違う方法を知りました。

そこで、さっそく試したみました。

http://atrpms.net/dist/fc4/sk98lin/から2つファイルをダウンロードします。

私の使うカーネルは2.6.15-1.1833_FC4smp i686なので、

sk98lin-kmdl-2.6.15-1.1833_FC4smp-8.31.2.3-7.rhfc4.at.i686.rpm

sk98lin-8.31.2.3-7.rhfc4.at.i386.rpm

の2つのファイルをダウンロードしておきました。

目的のカーネルでPCを立ち上げ、

# rpm -ivh sk98lin-kmdl-2.6.15-1.1833_FC4smp-8.31.2.3-7.rhfc4.at.i686.rpm

# rpm -ivh sk98lin-8.31.2.3-7.rhfc4.at.i386.rpm

の順番でインストール。

# modprobe sk98lin

を実行して終了。
(必要があれば、ネットワークの設定をします)

 

いままでおこなっていた方法は、カーネルソースとMarvellのサイトよりドライバをダウンロードしてのインストールでした。それと比べるとこちらの方が楽でした。

記述に不備などのお気付きの点がありましたら、コメントをいただければ嬉しいです。

|

« 給食 | トップページ | AppleがWindowsを起動 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81321/9452411

この記事へのトラックバック一覧です: このような方法も:

« 給食 | トップページ | AppleがWindowsを起動 »