« ダービーの予想でも | トップページ | ドイツ戦は楽しみ »

メイショウサムソンと石橋騎手

馬券はハズレてしまい残念です。けれども、レースはダービーに相応しいものとなり、見ごたえは十分でした。

メイショウサムソンの実力と強さが印象に残ります。4コーナーを抜け直線に入り、前を走るアドマイヤメインを力強く追います。追い抜くと騎手は手綱を持ったままでゴール。

距離が伸びても問題が無いような走りでした。ダービーの走りから3冠達成の可能性も高くなったと、評価できるのではないでしょうか。2年続けての3冠馬の誕生の期待が膨らみます。

レースのみならず、レース後の石橋騎手のインタビュー場面がなんともいえません。騎手22年目で前走皐月賞で初のG1制覇。そして、ダービージョッキーの称号を手にした石橋騎手。「騎手という仕事に就けて感謝したい」。「大歓声がうれしかった」。と、華やかな舞台に立つことは少なかったベテランが語る言葉と表情に思いも伝わるようでした。

|

« ダービーの予想でも | トップページ | ドイツ戦は楽しみ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81321/10286589

この記事へのトラックバック一覧です: メイショウサムソンと石橋騎手:

« ダービーの予想でも | トップページ | ドイツ戦は楽しみ »