« 温暖化が一因か | トップページ | 久しぶりの青空 »

ワーキングプア

昨日、NHKスペシャル「ワーキングプア ~働いても働いても豊かになれない~ 」を見ました。久しぶりにNHKならではの問題提起で見ごたえのある番組でした。

NHKスペシャルのWebページより以下引用

働いても働いても豊かになれない…。どんなに頑張っても報われない…。
今、日本では、「ワーキングプア」と呼ばれる“働く貧困層”が急激に拡大している。ワーキングプアとは、働いているのに生活保護水準以下の暮らししかできない人たちだ。生活保護水準以下で暮らす家庭は、日本の全世帯のおよそ10分の1。400万世帯とも、それ以上とも言われている。

景気が回復したと言われる今、都会では“住所不定無職”の若者が急増。大学や高校を卒業してもなかなか定職に就けず、日雇いの仕事で命をつないでいる。正社員は狭き門で、今や3人に1人が非正規雇用で働いている。子供を抱える低所得世帯では、食べていくのが精一杯で、子どもの教育や将来に暗い影を落としている。

一方、地域経済全体が落ち込んでいる地方では、収入が少なくて税金を払えない人たちが急増。基幹産業の農業は厳しい価格競争に晒され、離農する人が後を絶たない。集落の存続すら危ぶまれている。高齢者世帯には、医療費や介護保険料の負担増が、さらに追い打ちをかけている。

憲法25条が保障する「人間らしく生きる最低限の権利」。それすら脅かされるワーキングプアの深刻な実態。番組では、都会や地方で生まれているワーキングプアの厳しい現実を見つめ、私たちがこれから目指す社会のあり方を模索する。

――― 引用終わり

 

以前、私の友人、知人とお酒を飲んでも給与の話はあまりしません。ところが、ここ2~3年、誰とも無くとも給与に対する愚痴が多くなってきました。独身でいた頃は自分だけの生活を考えていればよかった。しかし、所帯を持てば家、子どもの進学と要りようなことは多々あります。

同級生に限っても、同じ勤続年数でも給与の差は勤めているところによって、年々差が開きつつあるように見受けられます。会社の要請により、休日出勤、残業をこなしても差が埋まらない。

ワーキングプアと呼ばれる程ではないにしろ、勤め人といえども差が開き始めています。

|

« 温暖化が一因か | トップページ | 久しぶりの青空 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81321/11101593

この記事へのトラックバック一覧です: ワーキングプア:

« 温暖化が一因か | トップページ | 久しぶりの青空 »