« 2006年7月 | トップページ | 2007年1月 »

冥王星が外される

夜空を眺めることなどめっきり減ってしまいました。夜空を見上げたところで星はすくなく、学校で習った北極星や北極星のまわりにある北斗七星、カシオペアを見つけるのがやっとの環境では関心も薄らいでしまいます。

このところ、太陽系の惑星が増えるだの、減るだのとの議論がニュースとして話題をよんでいます。実際にある星が消滅したり、増えるわけではなく最近の観測技術の向上により惑星と惑星の定義を見直すようです。結果、国際天文学連合(IAU)は冥王星を惑星から外し、太陽系の惑星を「水金地火木土天海」の8個とすることを多数決で可決しました。

学んだ知識が古くなってしまいました。これも時代の流れか、と思いつつ、年をとったなぁーとジジくさい感傷にひたっています。

来年度使われる教科書で、太陽系の天体の記述部分を早速、修正する動きもあります。「えー。違うよ。オジサンは…」と子ども達に馬鹿にされないよう、太陽系の惑星を「水金地火木土天海」と私の頭の中も修正です。

近頃、夜になれば幾分涼しくなってきましたし、星の話題をきっかけに少ない星でもたまには眺めるのも悪くはないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブドウの葉に青虫

Budou0821

数日前、葉に穴が開いていていました。虫にでも食われたか。虫がいないかと見回しましたけど見つかりませんでした。

今日、水をやっていたら葉の形が変わっているのに気が付きました。かなり虫に食われてしまっていました。ぱっとみ、虫は見当たりません。これだけ食われていて、虫がいないはずはない。

葉の一枚、一枚、おもてとうらを見ていくと、いました。青虫。

葉の裏側、中央に潜んでいました。すべての葉を調べると3匹いました。

「丸々としやがって」。つまんで、遠くへ投げました。

上の写真は撮影のため移動させてあります。普段はもう一本と並べておいてあります。もう一本は葉に穴があるにもかかわらず、青虫は付いていませんでした。青虫からすれば、木によっておいしい、おいしくない葉があるのか?

多くない葉を食べられてしまい生育に影響が出ることが心配です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

再インストール

PCの電源を入れたらブートローダーが途中で止まってしまいました。再び電源を入れても同じところで停止してしまいます。

「まったく、この暑いさなかに」。

汗を拭き拭き、起動用のフロッピーディスクを探しだして、電源を入れフロッピーディスクをPCに突っ込むとどうにか起動してくれました。が、どうも挙動がおかしい。

とりあえず動いているうちに、必要なデータのバックアップをすませました。調べていくと、ハードディスクに問題があるようなのでフォーマットしてインストールし直すことにしました。

WindowsXPとFedora Core5を入れるので時間が掛かるのは覚悟していたものの、アプリケーションやドライバなどのアップデートに思いのほか時間を要しました。アップデータが出るごとにおこなっていた作業を一度にすると、散りも積もればなんとやらです。

一通りインストール済ませた後、各種の設定をおこないました。これがまた厄介で、以前と同じようで何かが違う。これまで使っている本人にもなんだか判らない何かの違いが、気になって仕方がありません。

カスタマイズできるデザイン?配置?処理の早さ?

使っているうちに、これが普通になっていくのは経験でわかっていますが、毎回しっくりしないところです。DVDにで全て焼いておけばよいのでしょうけど、焼くのと戻すのに時間が掛かるので、すべてが収まるハードディスクでも増設した方が楽かな。と、考えてしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

広がるヒマワリ

0816himawari1

座間市にあるひまわり広場へ行ってきました。

四ツ谷地区と座架依橋北側、座架依橋南側のひまわり広場を回り、一面にひろがるひまわりを堪能しました。上の写真は四ツ谷地区で撮影したものです。

四ツ谷地区は今が盛りと言ってよい程、みごとに咲いていました。ただ、残念だったのは天候です。台風の影響による曇り空の下では、いまひとつひまわりが冴えません。

座架衣橋の北と南側は一部を除き、花が下を向きみごろは過ぎてしまっていました。

場所や花の状況は、
座間市ひまわり推進協議会
http://www5c.biglobe.ne.jp/~za-hima/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

停電

お昼のニュースを見てびっくり。都心を中心とした広範囲に停電があったとは。もちろん、停電にあわれた人は災難だったでしょうが、お盆休みでこれ以上の大きな混乱にならなくてよかった。

その後の停電関連のニュースを見て改めて思うのは、電気が無ければ生活が成り立たない世の中だと。

あるマンションの住人がインタビューに答え、「水も出なくてこっまた」。マンションの上に水をくみ上げるポンプが停電で作動しないのが原因です。浄水場に電気が無ければと思うと他人事ではありません。

水が無ければ、米も炊けなければパン生地も作れません。いまの人間はなんだか電気に生かされているのか。と、考えさせられる事故でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あさがお 8月11日

As0811

このところ、あさがおが連日、少なくても5~6輪は花を付けるようになりました。

先日、萎みかけていた大輪の花を撮影しました。今日は同じ模様の花を萎むまえに撮ることができました(上の写真)。

As08112

うちの西洋あさがおは、ブルーに霜降り模様の花が咲きます。今朝、同じ蔓にもかかわらず白い花が咲いていました。思いもよらぬ花にしばらく見つめていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初陣を飾るオシムジャパン

テレビを見たのは、三都主のフリーキックが決まった直後からでした。

記念すべき、オシムジャパンの初ゴールをライブで見れなかったのはなはだ残念。けれども2点目はしっかりと見させてもらいました。

途中から日本VSトリニダード・トバゴを見たのですが、これが日本代表のサッカーなのかと目を疑いました。良い意味での衝撃を受けました。

正直に言うと苦戦を強いられ負けるのではと思っていました。

しかし、トリニダード・トバゴもベストメンバーではないにしろ、ここが攻撃のチャンスと見極めたとたんの日本代表のボールと選手の動きが素早い。それが2点目、後半に入っても惜しいチャンスとして表れていたように思います。

走り、状況を考え判断しパスをし、動く。基本です。それにしても、たった3日の短い時間の合宿のせよ、オシムサッカーが芽生えてきたように感じる試合でした。

また、4バックにおいて、いままでの日本代表はサイドを崩され失点する場面が幾度とありました。今回は失点するどころか、4バックの守備の堅さと攻撃に転じたときの素早さを印象付けたのも変化を感じました。

4バックにこだわりをみせたジーコはこんなサッカーをしたかったのかと、いまさらながら思うほどです。

勝つには勝ちましたが、パスや攻守の連携の不備も目立った試合でした。J1の全て、海外の選手から代表選手を招集されたわけでもありません。今後、選手間における意志の疎通、本格的なオシムサッカーの理解と実践。監督、選手に課せられた課題は取り組み始めたばかりです。再び、4年後、熱くなれるように見守り応援したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セミの抜け殻

Nukegara

今日は立秋。暦の上では秋です。暑中お見舞いから残暑お見舞いへと変わります。台風も接近していて秋といえばそれっぽい感じもします。近頃の台風は秋といわず日本へやってきます。

しかし、まだまだ真夏。数日まえのことです。母が「セミの抜け殻があるよ」。と教えてくれました。台所の窓から見るとセミの抜け殻がありました。うちで見る初めてのセミの抜け殻です。

抜け殻を残した本人はどこへ行ったのかわかりませんけど、私の家の敷地に約7年も一緒に住んでいたのは間違いありません。

その木は、引っ越してきた当初、苗木を買ってきて家の前に植えてありました。いつの間にか裏に移され現在に至ります。剪定を何度もされているはずでけど、私の胸元ほどの低い木です。

近頃、じゃまな木だな。と、思っていました。セミの抜け殻を見て「コイツも家と一緒に過ごし、セミも育てられるようになったのか」。ここで、切ってしまえばひょっとして、他にもいるかもしれない地中のセミも死んでしまう。

抜け殻を見つめながら、そんなことが頭に浮かびました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏のサクラ草

年々繁殖力が旺盛になっているようです。

春先にサクラ草を紹介をしました。サクラ草からこぼれた種が家の敷地のあちら
こちらで芽をだし増殖しています。花が終わりの頃、プランターを置いておいた
ところでは、隙間なくサクラ草が生えています。

Sakurasou8071
隙間なく生えるサクラ草

何年も我が家で一生を繰り返しているサクラ草。そのせいか花色は冴えませんが、
年を重ねるごとにこの土地にあった品種となり、数を増やしているようです。

サクラ草の近くにあった鉢はもちろんのこと、家の脇で人が踏まないところでも、
何かで運ばれたであろう種が芽を出し子孫を残そうとしています。いまでは下手
な雑草よりはびこっています。

Sakurasou8072
家の脇にも生えています

いくつかのサクラ草はプランターにきちんと植えておきます。これだけ生えると
どれでもいいかという気持ちと、選んでいる後ろめたさのような感覚も生じ微妙
な気分です。

Sakurasou8073
プランターで育つサクラ草

いまは8月。秋になり、やがて冬になって花が咲くのは2月過ぎごろです。サク
ラ草は結構、花が咲くまで時間がかかり色々な体験をするものだ。と、関心させ
られます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イチゴ、元気がでてきたものも

Iti080601

育てているイチゴは1つ枯れ、残るは4つとなりました。しかし、このところの暑さと晴天のせいか成長に勢いがでてきた苗もあります。

上の写真が元気を取り戻した苗です。これまでの経緯から楽観はできませんが、なんかいい感じに育っているようで、このまま大きくなるんじゃないかと空想を広げています。

下の写真は、元気の良い苗とそれに続いてくれそうな苗の写真です。右の苗も生き生きとした葉を新たにだして大きくなれればと期待です。

Iti080602

 

Iti080603

相変わらず厳しい状況にあるのはこの2つです。ご覧のとおり、特に左のものなどいまにも枯れそうです。小さいですが新しい葉も出てるようなので、復活してほしいと願い朝晩、水を与えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CPUクーラー交換

今日も暑いです。この時期、いままでの私のPCには過酷すぎたようです。

特に暑い時期、CPU に負荷をかけると CPU の温度が上がりすぎることは以前にふれました。しかし、それでは使い物にならないのではと不満があります。

そこで、ネットで他の方の状況を調べると問題ないようでもあります。違いは CPU の冷やし方のように思い CPU クーラーを交換することにしました。

私は新製品に対して様子をみて買います。それなりに候補はあったのですが、8/3発売のThermalrightのSI-128を購入しました。店で見て、たまには人柱もいいかなとの衝動で購入しました。ファンは別売りで出費がかさみましたが、趣味ということで…。

Newfan1
SI-128 を横からみたところ
詳しくは http://www.scythe.co.jp/cooler/si-128.html

Oldfan1
いままでは、CPU に付いていたものを使っていました。

Newfan2  
SI-128 に交換した様子。いままでと比べるとかなり大きい。

取り付けている途中、フィンに赤いものが。何の印かと思えば血が付いていました。このフィン切れます。取り付け完了までに3箇所も切ってしまいました。パーツをいじっていてこんなことは初めて。素手で扱うにはキケンな代物かもしれません。

Newfan_2
少し横からみたところ。よく見ると電源に血が…。

取り付け完了後、ケース側面をはめ込もうとしたら、ダクトがあたりはめ込めません。そこで、ダクトは取り外して側面を取り付けました。

効果の確認

フリーウェアのMPG2JPG.exeを使わせていただき、MPEG2からWMVへの変換で効果を検証しました。

CPU:Pentium4 540 3.2GHz
マザーボード:ASUS P5GDC PRO
ケースファン:前面、背面 8cm 1300回転

SI-128 の装着ファン:12cm 1500回転

室温(エアコンの使用なし):
CPU 付属クーラー 28度
SI-128 29度

Tem1
CPU に付属のクーラーで OS 起動後3分

Tem2
MPG2JPG.exe でMPEG2からWMV 変換途中開始6分後。(高温のためここで中断)

Tem4
SI-128 MPG2JPG.exe で MPEG2からWMV 変換途中 開始105分後

Tem3
SI-128 変換終了後 10分。
SI-128 装着後テスト前の温度を測り忘れましたので、変換終了後を載せました。

         アイドル時 負荷
CPU 付属クーラー  48度   74度(6分後) (室温 28度)
SI-128       44度   63度(105分後) (室温 29度)

CPU に付属のクーラーは取り付けの不良の疑いもありそうですが、SI-128に交換しての効果も出てるように思います。

交換によってケース内の空気の流れが変わりました。これがどのような影響を及ぼすのか気になるところです。次に手を加えるならならば、ケース内の空気の流れを検討したいところです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ネコもだれる

もう、「ガチャガチャガチャ」としか聞こえません。アブラゼミの鳴き声も威勢が良くなり、今日は嫌がらせのように暑かった。数日前までは、向こうと、そっちで鳴いている程度で、鳴き声も涼しいねぇ~。といったところでした。

この暑さに、ネコもだれてます。廊下で壁に背を付け死んだように寝ています。

0805neko1

ネコはその時々で居心地の良い場所にいることが多いものです。廊下に壁。冷たそうです。ためしに、触ると暖かいではないですか。それでも我が家では涼しいところということですか。廊下に接する部屋の寒暖計は33度を指していました。

暑さを紛らわすのにネコの写真でも撮ることにしました。3回シャッターを切ったら目を覚まし、どこかへ移動するようです。毎度のことながら写真も怖いようです。

ネコについていくと風呂場へ入りました。ネコも暑いときは水でもと考えているのかどうかは知りませんが、水を飲みにきたようです。

0805neko2

うちのネコは餌と一緒に置いたところの水は飲みません。なぜか違う場所の水を飲みます。いちばんのお気に入りは風呂場の手桶に汲んでおいた水です。

再び写真を撮り始めると、逃げるようにどこかへ行ってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大輪も咲きました。けれども…。

0805

けさ、ボケボケしていて撮影のチャンスを逃していまいました。

昨晩、あす大輪の朝顔が咲くなとわかっていただけにちょっと失敗。4時半ごろ目が覚めたのですが、まだ早いなと思い再び眠りに。暑くて起き、麦茶を飲んで新聞を読んでいたら8時20分。ふと、あさがおを思い出し庭にでてみればもう、しおれかかっていました。

今日は、暑くなりそうです。葉ももう、しんなりしてきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オシムジャパン、初メンバー発表

オシムサッカーの準備が始まる

どんなサッカーをするのか。メンバーの一覧を眺めながらをシステムはどうで、こんな場合は選手達はどのように動くのか、頭の中にピッチを描いても選手がぼやけてよく見えません。

初の代表となった選手がが5人、ドイツワールドカップ組みは4人では、どんなサッカーとなるのか想像するのが難しいはずです。その反面、楽しみでもあります。

メンバーの年齢に注目すると25歳以下が9人います。ベテラン選手も起用しながら若手を中心としたチーム作り進めようとするオシム監督の考えが出ています。

「日本は古い井戸にも、少し水が残っています。それなのに、すぐに新しい井戸を掘るのでしょうか。古い井戸の水はまだ使えるのです」。これは、日本代表監督就任後のオシム語録。オシム監督は古い井戸の依存度を弱め、新しい井戸の準備も怠っていないようです。

日本サッカー協会も含めた指導に期待

さて、それにしても13人しかいないとは、どうしたことでしょう。

A3 チャンピオンズカップ 2006にガンバとジェフが参加、アントラーズは上海国際サッカートーナメント2006 に遠征。確かに、これでは選手を集められません。日本サッカー協会は親善試合に対するスケジュールと親善試合おこなう意味をどのように考えているのか疑問です。

オシム監督は記者会見で「クラブやA3と日程がバッティングしてしまった。今後はこういうことのないように願います」。と述べています。この「13人」はさらに、言葉ではなく形としての抗議といえるでしょう。

日本サッカー協会といえどもやはり、おかしなことはおかしい。と指摘し、オシム監督には日本サッカー全体をも良くなる方向へ導いてくれればと期待しています。

 

メンバー

【GK】
  川口能活(ジュビロ磐田)
☆ 山岸範宏(浦和レッズ)

【DF】
  三都主アレサンドロ(浦和レッズ)
  坪井慶介(浦和レッズ)
☆ 田中マルクス闘莉王(浦和レッズ)
  駒野友一(サンフレッチェ広島)

【MF】
☆ 田中隼磨(横浜F・マリノス)
  今野泰幸(FC東京)
  長谷部誠(浦和レッズ)
☆ 小林大悟(大宮アルディージャ)

【FW】
☆ 我那覇和樹(川崎フロンターレ)
  佐藤寿人(サンフレッチェ広島)
  田中達也(浦和レッズ)

☆印は初代表

| | コメント (0) | トラックバック (4)

アクセス解析が導入

随分と謙虚なお知らせにすぐには気がつきませんでしたよ。

ココログのトップページを眺めていたら、右端の「 What's New 」に「アクセス解析をバージョンアップしました(08/ 2)」とあったのでクリックして、アクセス解析が導入されたことを知りました。

いつ予告があったのだろうと調べたら昨日付けの、「ココログスタッフルームからのお知らせ」にありました。これまた、普段目にすることがないところで…。

「ココログスタッフルームからのお知らせ」で告知の遅れを詫びる言葉も必要ですが、5ヵ月近く導入が遅れたことをまず、謝罪するのが先ではなかったのかと思います。

 

さて、苦言はほどほどにしてアクセス解析を使ってみました。

機能は、

・訪問者の経路
   リンク元サイト・ページ
   検索ワード・フレーズ
   検索サイト別訪問数
 ・アクセス傾向
   期間毎アクセス推移(今日・昨日・過去7日・過去30日・過去4ヶ月)
    ※4ヶ月より過去の履歴も遡って見ることができます
   曜日・時間帯別統計
   ページ別アクセス数
 ・訪問者の行動パターン
   移動履歴
   ページ移動ランキング
   IN/OUTページ
   滞在時間ランキング
 ・訪問者の属性
   アクセス日時
   訪問記事
   訪問回数・頻度・周期
   アクセス環境(OS・ブラウザ・プロバイダ・地域)など

8/1付 ココログスタッフルームからのお知らせより引用

たくさんの機能に戸惑うばかりです。

情報を取り出していて興味深かったのは訪問して下さる方々のブラウザです。

Akbu
アクセス解析 訪問者のブラウザ情報を表示。1位から20位までを載せました。

IE6 を使っている方が一番多いのは想像していました。その比率は 55.2% で OS では Windows 関連が約80%でしたから Windows ユーザーの方の約3割(計算合っているかな)は IE6 以外のブラウザを使用していることが分かりました(もちろん当ブログ内)。

また、改めて示されるといろいろなブラウザでバージョンも異なったもので訪れてくれているものだと実感します。

3位に入ったのは、なんと、検索エンジンのロボット。回っている回数も多いように見受けられますが、割合から一般の訪問者がいかに少ないかと言うことをあらわしています(笑)。

私が積極的に訪問者を増やそうとする意思がないので、アクセス数が少ないのは当然です。しかし、現実に訪問された方はいらっしゃいます。アクセスして頂いた方には、多少なりとも暇つぶし程度でもお役に立てる記事を書かねば。と、アクセス解析をいじりながら思ったところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏らしくない日々

今年はアイスを食べる回数が減ってしまいました。涼しいとアイスの味も雰囲気によってかなり落ちてしまいます。どこかに出かけなくとも、太陽が照りつける昼下がりに食べるアイスは夏を満喫させてくれます。

梅雨も明けて8月に入ったというのに、この天候はなんでしょう。夏らしく晴れた日がいまだありません。

冷害も心配ですが、暑くなったらなったで「いつまでこの暑さは続くんだろうね」。とか言ったりするのですが。

この夏らしくない夏休みに子どもたちは、より短い夏休みと感じてしまうのではないかと思います。25日頃から学校が始まるところも増えたと聞きます。暑くなったら学校が再開となっては少々かわいそう。

気象庁の週間天気予報によると、今週半ば以降は平年並みの夏に近づきそうです。おいしくアイスがいただける日は、もう少し先のようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2007年1月 »