« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

ヒガンバナ

Higannbna09231

お彼岸だからという訳でもありませんが、ヒガンバナを見に行ってきました。

場所は、神奈川県伊勢原市日向地区です。混雑するのではと思い今朝早めに出かけました。それでも人出は多くのんびり写真を撮る雰囲気ではありませんでした。時折、雨もぱらつくあいにくの天候で、なんとなく見学してきた感じです。

Higannbana09232

田んぼは稲刈りの真っ最中。背後に山があり、里山の風情があります。初めて訪れる方には神奈川にもこんな風景があるのかと驚かれるのではないでしょうか。

Hinata0923

近くには日向薬師があります。せっかくなのでお参りしてきました。ここの本堂は茅葺屋根です。持参したおにぎりを食べて11時過ぎに帰ることに。日向薬師方面に向かう道は渋滞していました。

交通
小田急線伊勢原駅北口三番乗り場から日向薬師行きバスに乗り終点下車です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キバナコスモス

Photo

夏が戻ってきました。日中部屋の気温は31度を超えて暑い暑い。

写真だけでも秋らしくキバナコスモを載せました。このところ、このキバナコスモスを植えておくところが多くなったような気がします。

そろそろ、普通のコスモスもみごろを迎えるころです。先日来た台風9号で被害を受けたコスモスも多数ありそうです。名所のようなところの状況はどうなのか気になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イチゴとミカン(9月16日)

Itigo09161

やはり秋、9月になり涼しくなったかな。と、おもっていれば今日は真夏の暑さです。彼岸ごろまで暑い日も多いのでしょう。

さて、種を蒔いて育てたイチゴとミカンの話でも。

上の写真のように大きく育っています。この苗、実はポットがなくなり仕方なく鉢にまとめて3本植えた苗です。芽が出て1つづつポットに植え替えた苗より立派です。きっと冷遇されたことに奮起し大きくなったでは(笑

Itigo09162

この時期はとしては遅いのかもしれませんが、ランナー(つる)を出しています。さらに仲間を増やそうとは、たくましい限りです。

Itigo09163

鉢植えイチゴの生育が良いのはずいぶん前から明らかでした。ポットの苗も植え替えた方がいいな。と、思いながらも暑さに作業する気が失せ今日まで延びてしまいました。もう、9月も中旬ですからどこまで成長できるのでしょうか。

Mikan0916

ミカンです。前に紹介したときよりは大きくなりました。

芽がでたらいいな。そんな程度の気持ちで庭の土を鉢に入れそこに種を埋めました。肥料はあげているんですけど、元が悪いせいか生育は今ひとつです。

話は変わってブドウ。一本枯れてしまいました。虫に葉を全て食べられてしまったのいけなかったのでしょうか。新たな葉を出し始めていただけに残念です。残るもう一本は、葉が黄色くなりだし来年の準備に入りはじめました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祭り

Wataame

ひょっとして、初めて行ったのでは。

今日は、神社のお祭りでした。この地に20年以上住んでいますが、お祭りの日に神社に行った思いではありません。毎年、家の前を通る山車やみこしは見ているのですが。

ただ家にいて月曜日を迎えるのももったいない。お祭りに行ってビールでも飲んで、写真でも撮ってくるかな。そんな思いがぼんやりと浮かび出かけてきました。

どうも混雑したところは苦手です。人が少ないお祭りは寂しいですけど、どこか居心地が悪く感じてしまいます。

せっかく来たので露店の人に許可をいただき、写真を数枚撮らせてもらいました。子供たちを入れて撮れば良い写真が撮れそう。しかし、いまどき人の顔が写っている写真を載せるのは問題になりそうだな。などと気を回すとめんどくさくなり、少し遠回りして帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

綿

Wata

ネットで検索すると多くの綿の花の写真が見られます。しかし、実物を見たのはこれが初めてです。

綿の花が咲いている。と聞き撮影にいきました。これがあの綿になるのかとは、なかなか想像しがたいものです。何かの花に似ているような。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ススキ

Susuki0902

2週ぶりのブログ更新です。先週から急に涼しくなり、秋かなっといった気温になりました。
しかし、まだ9月になったばかりです。暑い日もあることでしょう。

久しぶりに散歩に出かけたらススキが穂を出していました。涼しい日だけではなく、こんなところにも秋の気配がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »