« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

イチゴ 11月24日

Itigo11241

毎朝、様子を見て出かけていきます。このところ変化があまり感じられません。寒くなってきたからでしょう。けれども、11月4日の写真とくらべると葉が大きくなっているようです。

Itigo11242

イチゴの株自身の成長はわかりにくいのですが、ランナーは伸びていました。子、そして孫と伸びています。

Itigo11243

本体側では新たな葉を出しています。やはり気温が低くなってきたためか、ほとんどこの状態でいるように思えます。

昨年は夏で枯らしてしまい、秋、冬と迎えるのは初めての経験です。ホームセンターで売られていたイチゴの苗と比べると、うちのも立派に育っているようです。無事に冬を越せば5、6月ごろには実がなればと期待するところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

柿の種

Kaki1124

一日一日寒さが増しています。朝、布団から出にくい季節になりました。

さて、今日は柿のタネを蒔きました。このごろ売られている柿にはタネが入ってないものが多くなりました。昼食後に食べた柿にはタネがあり、四つほど蒔いてみました。

サルカニ合戦のカニの気分です。「早く芽を出せ柿の種。出さねばハサミでちょん切るぞ。」

柿はタネから芽を出しても親と同じ性質にはなりにくいと、聞いています。また、甘柿になる確立は宝くじに当たるのに等しいとか。現在、売られている甘柿も初めはタネを蒔いて育てたようです。それが美味しかったので接木で増やしたそうです。

それはともかく、春に一つでも芽がでれば嬉しくなるのではと、楽しみを増やしたところです。

果物の種といえば、7月ごろにさくらんぼとももを蒔いておきました。ブドウ、ミカン、イチゴは芽が出ました。春の日にブログで紹介したいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

埼玉スタジアムへ

Reds11181

赤一色のサポーターには圧倒されます。テレビ観戦も良いですが、やはりスタジアムの臨場感にはかないません。

私は特にレッズのサポーターというわけではありませんけど、Jリーグの試合観戦はレッズ戦ばかりで、いつのまにやらレッズが気になる存在になってしまいました。選手の顔と名前もかなり覚えてしまいました。

今日の試合は、うーん残念。やはり、ACLの疲れもあるんでしょう。パスを出す、受けるタイミングが僅かにずれてずれていたように見受けられました。そのあたりがいつもようでしたら勝てたかもと…。エスパルスも攻守にわたり健闘していたのも事実です。

Reds11182

帰りに浦和駅前に出たところACLのトロフィーが展示してありました。

Reds11183

また、浦和駅前は優勝を祝して電飾が。

 

彼曰く、レッズサポータではない。と申しますが、シーズンチケットを購入され一緒に行く方がいなければ、私を誘っていただける先輩。エキサイトで楽しいひと時をありがとう。

次節で優勝ですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キク

Kiku11171

昨日あたりかぐっと冷え込んできました。けさ、薄着ぎみで散歩へ出かけたところ鼻から水が知らずうちに出てきて困りました。くしゃみは出るわで、途中で帰ろうかと思いました。菊が綺麗でシャッターを切りながら歩いていたら、お昼を回っていました。

そんなわけで、今日を散歩の途中出合った菊を紹介します。

Kiku11172

Kiku11173

Kiku11174

Kiku11175

Kiku11176

もっと多くの菊を見かけたました。改めて種類の多さを実感。丹精込めて作っている大きな菊も立派でよいのもです。私はこのような小さく咲いている菊も好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋-庭の花

Tuwabuki11024
ツワブキ
 
散歩していると「花」が少なくなったと思うこの頃です。灯台下暗しというべきでしょうか、ネコの額ほどの庭にはそれなりに秋の花が咲いているではありませんか。

まずはツワブキ。木の下にあり横が塀という目立たぬ地味なところにあります。ツワブキが咲くと秋も深まってきたかなと思います。

Syuumei1104
シュウメイギク
 
夏は家の裏に置かれているシュウメイギク。そんなところに置かれているせいもあるんでしょうが、ようやく花が開きました。花が咲き表に出してもらえました。

Koriusu1104
コリウス
 
日頃は「葉」を楽しませてもらっているコリウスも花を付けました。シソ科だけにシソの花に似ています。

Sazanka1104
サザンカ
 
少し離れて見ていると全体に花を付け綺麗な雰囲気をだしています。近寄って写真にすると、どうも…なって具合です。

Itokiku1104

Kiku1104
キク
 
母が今年はもう作らないとか何とかいっていた菊もみごろとなりました。中ぐらいでピンク色の花の菊がありました。私は大きいのよりそれが好きだったんですけど、どこへ行ってしまったのか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

イチゴ定植

Itigo1104

小さめの鉢に植えていたイチゴ。定植に際して鉢から抜いてみたところ、根がいっぱいに張っていました。地表に出ている部分からは想像しがたいところでした。

写真のように同じぐらいの大きさのイチゴを3株プランターへ植えました。虫に食われている葉がいくつかあります。農薬を一切使っていませんからそれもしかたないことかと。虫が食べるということは、それだけ安心感もあります。

もう一組作ろうかと思案しています。狭い庭なので置く場所がなくって困っています。しかし、もう土だけは用意してしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

水海道車両基地公開イベント

2405

つくばエクスプレス総合車両基地より無料シャトルバスで、関東鉄道水海道車両基地へやってきました。今年、出迎えてくれたのは10月26日にデビューしたキハ2405、2406でした。

Crane1

クレーン実演ではいいもの見せていただきました。そこでクレーン実演を紹介します。
クレーン実演は30トンクレーンによる車両の吊り上げ実演です。まず、各動作確認をおこないます。正常であることを確かめた後、車両の吊り上げ準備に入ります。

Crane2

車両を吊り上げます。見学者の中に「電車が空を飛んでいる」と言っていた人がいましたが(電車でありません気動車です(笑))、そんな感じで不思議な光景です。

Crane3

台車の方へクレーンが移動します。こちら側に見学者が多数います。見上げる車両の床下に「おっおぉー」と声がもれてきました。私も、こんなになったいるんだ。と見入ってしまいました。

Crane5

車両を下げて台車とつなげます。

Crane4

床下機器を目線の高さぐらいで吊ったままにし、床下機器の見学タイムです。みなさん興味津々といった表情で見つめていました。

このような機会は、工場見学やNHKの教育テレビにあった「はたらくおじさん」のようで、楽しい一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つくばエクスプレスまつり

Hnume

今年も小田急につづき、つくばエクスプレスと関東鉄道の車両基地公開イベントへ行ってきました。(関東鉄道は別投稿にて紹介します)

Ukacar
検車庫内と見学用車両

私が今回、楽しみにしていたのは電車の床下機器の見学。検車庫はもちろん普段入ることはできません。また、そこで電車の床下機器をみるなどめったにありません。

Daisya

台車も車輪も近くでみると結構大きさがあることがわかります。ホームが向かい合わせの駅などで乗るのとは反対の電車の台車を見ることができます。やはり間近で見るのとは違いました。

Tobirasouti

見学していると、電車を動かし安全を守る装置が床下にいくつもぶら下がっているのがわかります。そのなかで今回「へー」とおもったものをひとつ紹介します。
つくばエクスプレスの各駅のホームには乗降口の扉があります。この扉どうして電車の扉とうまく連動しているのか、その機構が気になっていました。
係員さんの説明によると、電車がホームに到着し電車のドアを開けようとすると、まず無線でホームの扉を制御する機器に信号を送ります。そして、ホームの扉の機器が扉を開けるよ。と電車側に信号を送ります。お互いに信号をやり取りしてホームの扉と電車のドアが開くそうです。写真は電車にある装置です。

Maetobira

見学を終え編成の反対側の車両は正面の扉が開いた状態でした。扉を開けるとはしごを下ろして車外に降りられる様子がわかります。

床下機器見学を終えたところでつくばエクスプレス総合車両基地を後にし、関東鉄道水海道車両基地公開イベントへ向かいました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »