« 雪 | トップページ | 今週も雪 »

さよならだけが人生だ

Neko
病院からも高齢だからと言われ、お気に入りで 2007.12.24

今朝、出掛けに頭をなでてあげたのが最後でした。

そのときは温かみがありました。帰ってきて頭をなでると冷たい毛皮のようでした。

彼と過ごしたのは12年と数ヶ月。

私には昨日、子猫の君が来たかのようです。そして今日の別れ。月日の過ぎるのはなんと早いものか。餌が欲しければ「ごはん」、なでたりだっこを嫌がれば「イヤ」っぽく聞こえるように、こちらが判るようになったのに。

「さよならだけが人生だ」。学生の頃読んだ太宰治の小説にあった言葉です。太宰の師事していた井伏鱒二が漢詩を訳した名訳の一部です。

会うが別れの始め、さよならだけが人生さ。

そんな感じを実感する年にもなりました。もう直ぐ、当たり前の存在の両親とも「さよなら」のときも近づいています。

私の成長に伴い、ペットと言って良いのでしょうか金魚、ザリガニ、クワガタ、カブトムシ、トンボ、チョウ、そのほか草花、食として命のあったもろもろの生に感謝します。

 
 

グッド、バイ。さようなら。ありがとう…。

|

« 雪 | トップページ | 今週も雪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81321/40051192

この記事へのトラックバック一覧です: さよならだけが人生だ:

« 雪 | トップページ | 今週も雪 »