CPUクーラー交換

今日も暑いです。この時期、いままでの私のPCには過酷すぎたようです。

特に暑い時期、CPU に負荷をかけると CPU の温度が上がりすぎることは以前にふれました。しかし、それでは使い物にならないのではと不満があります。

そこで、ネットで他の方の状況を調べると問題ないようでもあります。違いは CPU の冷やし方のように思い CPU クーラーを交換することにしました。

私は新製品に対して様子をみて買います。それなりに候補はあったのですが、8/3発売のThermalrightのSI-128を購入しました。店で見て、たまには人柱もいいかなとの衝動で購入しました。ファンは別売りで出費がかさみましたが、趣味ということで…。

Newfan1
SI-128 を横からみたところ
詳しくは http://www.scythe.co.jp/cooler/si-128.html

Oldfan1
いままでは、CPU に付いていたものを使っていました。

Newfan2  
SI-128 に交換した様子。いままでと比べるとかなり大きい。

取り付けている途中、フィンに赤いものが。何の印かと思えば血が付いていました。このフィン切れます。取り付け完了までに3箇所も切ってしまいました。パーツをいじっていてこんなことは初めて。素手で扱うにはキケンな代物かもしれません。

Newfan_2
少し横からみたところ。よく見ると電源に血が…。

取り付け完了後、ケース側面をはめ込もうとしたら、ダクトがあたりはめ込めません。そこで、ダクトは取り外して側面を取り付けました。

効果の確認

フリーウェアのMPG2JPG.exeを使わせていただき、MPEG2からWMVへの変換で効果を検証しました。

CPU:Pentium4 540 3.2GHz
マザーボード:ASUS P5GDC PRO
ケースファン:前面、背面 8cm 1300回転

SI-128 の装着ファン:12cm 1500回転

室温(エアコンの使用なし):
CPU 付属クーラー 28度
SI-128 29度

Tem1
CPU に付属のクーラーで OS 起動後3分

Tem2
MPG2JPG.exe でMPEG2からWMV 変換途中開始6分後。(高温のためここで中断)

Tem4
SI-128 MPG2JPG.exe で MPEG2からWMV 変換途中 開始105分後

Tem3
SI-128 変換終了後 10分。
SI-128 装着後テスト前の温度を測り忘れましたので、変換終了後を載せました。

         アイドル時 負荷
CPU 付属クーラー  48度   74度(6分後) (室温 28度)
SI-128       44度   63度(105分後) (室温 29度)

CPU に付属のクーラーは取り付けの不良の疑いもありそうですが、SI-128に交換しての効果も出てるように思います。

交換によってケース内の空気の流れが変わりました。これがどのような影響を及ぼすのか気になるところです。次に手を加えるならならば、ケース内の空気の流れを検討したいところです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

W杯気分が盛り上がる機能拡張

Kinousc

サッカーファン向けのFirefox拡張機能「Joga.com Companion」公開-INTERNET Watch

を読みました。

これは、いまが旬とばかりに拡張機能をインストール。

サイドバーの得点表がワールドカップ開催中といった雰囲気を出しています。対戦国のカラフルな国旗にはさまれた得点表示が気に入っています。

追 記 (22:30)

試合中の動作を知りたかったので、Firefox を起動させておきました。

Kinousc2
得点が入ればこのように。

Kinousc3
イエローカードがでました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

Firefox 1.5.0.3 リリース

無料のオープンソース Web ブラウザ Firefox の最新バージョン 1.5.0.3 がリリースされています。情報としては遅いのですがメモ的に書いています。

今回のアップデートは「サービス妨害 (DoS) 攻撃のセキュリティ脆弱性の修正」です。詳しくはリリースノートを参照してください。

アップデート版を知ったのは、Firefoxの自動アップデート機能が知らせてくれたからです。前のバージョンもそうでしたが、ものぐさな私はありがたいものでその恩恵を受けています。

アップグレードをためらっている方がいらっしゃるとすれば、すぐにアップグレードをすることをお勧めします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CPUクーラー

ここ1~2ヵ月CPUクーラーのファンが高回転で回ることも多くなりました。負荷が高いから高回転で回っているのだろう、とはじめのころは思っていました。

ところが、そうとも言えない状態でもファンが高回転で回るようになってきました。そこで、ケースを開けてCPUクーラーを調べてみました。

暮れにファンに付いた埃は掃除機吸い取っていたので綺麗です。何が原因かと思案しつつ見つめていると、ファンのとヒートシンクの間に埃が溜まっているのではありませんか。

まず、CPUクーラーをマザーボードから取り外すことにしました。そして、CPUクーラーのファンを外すとえらいことになっていました。

Cpucooler1
ファンを取り外した状態。酷すぎ。

掃除機で埃を吸い取ると、元はこうだったのかと見入ってしまった程です。ファンの裏側にも埃が付いていたのでそれも掃除しました。

Cpucooler2
新品みたいになりました。ヒートシンクの構造もよくわかります。

CPUクーラーを組み立て、CPUと接する面のグリスをふき取り新しく塗り直し、再びマザーボードに取り付けました。PCの電源を入れるとファンは回り、うまくいったなと思った瞬間、電源が切れました。もう一度行ってもOSの起動前に電源が落ちてしまいます。

CPUクーラーの取り付けが悪く、わずかに浮いているのが原因ようでした。が、なかなかキチンと収まってくれません。力まかせでは壊れそうなので取り出し、留める構造を理解したらすんなりと収まってくれました。

再び電源を入れると今度は、OSも起動しました。マザーボードに付属してる監視ソフト入れCPUの温度とファンの回転数をチェックしました。結果は良好で高負荷をかけ続けても温度は64℃±1、ファンの回転数は2080回転で安定していました。ファンの音も清掃前より気持ち小さくなった気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AppleがWindowsを起動

アップル、Boot Campを発表

このニュースには驚かされました。

賞金をかけたコンテストでMac OS XとWindows XPのデュアルブートができるようになりましたが、まさかアップル自身でWindowsXPとのデュアルブートを可能にするソフトを提供とはどういった風の吹き回しでしょう。

Windowsを起動させることを積極的にやらない、妨害もしないと発言があったアップルです。それが、WindowsXPに必要なドライバも用意しているとは不思議です。

WindowsXPが動くようになれば、WindowsユーザーもMacに関心を持ち、アップルとしてはMacの販売拡大に貢献するだろうし、MicrosoftもOSが売れるので誰も損をしない。

また、Boot Campの製品版は、次期バージョンMac OS X 10.5 Leopard 。これを年内にリリースすれば、Windowsの次期バージョンであるVistaの一般向けの販売が来年に延期されたので、年末商戦でシェアの拡大を図れると踏んだのかもと愚考します。

下手な推測はともかくとして、使う側にしてみれば両OSが楽しめる環境を提供してくれることは歓迎です。仕事での使用でも有意義なことでしょう。

次は、現在のWindowsXPが動作するPCでMac OS Xが使えるようになればと期待します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

消えた言語バー WindowsXP

エディターで文章の下書きを作っていたときのことです。

ふと、画面全体を眺めたとき何かが無いように感じました。が、そのまま続けていました。

入力モードを切り替えたときにそれに気がつきました。言語バーが消えていました。キーボードから日本語入力をオンにして、そのまま日本語が入力できたので気がつきませんでした。

無くても仕事はできるので、とりあえず作業を続行。一段落ついたところで原因を探ることにしました。

ファイルは壊れていないので、システムに関する設定を疑ってみました。昨日、某ソフトをアップデートしました。そのとき、タスクトレイに使わないソフトが常駐するようになったので、スタートアップのチェックをはずしました。

ついでに、いくつか使っていない項目もはずしました。このときの操作が疑わしい。そこで、全てのサービスにチェックを入れ再起動すると、言語バーが現れるようになりました。

怪しそうなところのチャックをはずしながら試していたら、「ctfmon」のチェックを外すと、言語バーが消えることがわかりました。

ここで閃いたのですが、IME2002以外のIMEたとえばATOKを使っているならば消しておけばいいのではないか。不安もあるので google から ctfmon で検索しました。

ctfmon(テキスト・サービス)を自動起動しないようにする
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/630ctfmon/ctfmon.html

Windows XPスマートチューニング
第9回 言語バーを無効にする
http://pcweb.mycom.co.jp/column/winxp/009/

これらの記事が参考になりそうです。

知っていた方には今ごろ気づいても、といったことでしょうが、無知な私には嬉しい発見でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Mac,Intel CPUを搭載

Appleの新たな流れの始まりです。

昨年から話があった Intel CPU 搭載のMacが発表されました。私は Mac といえば IBM の PowerPC が搭載されたものが Mac。そういう認識が強いです。

それはそれとして、Intel CPU 搭載の Macで動くMac OS X が PC/AT 互換機(今もこの呼び名で?)で動作するかに一番の関心があります。

というのも、そうすればWindowsとMacが一台のPCで使い分けられるからです。一台で済むのはけっこう便利ではないでしょうか?

Intel CPU 搭載の Mac、今のところハードの仕様がよくわかりませんが、チップセットは Intelの945を使っています。CPUとチップセットだけを考えると PC/AT 互換機でも動きそうです。でも、実際には色々な仕組みがあって簡単ではないことは予想しています。また、OSも単独で入手できるかは不明です。

いくつかの製品が市場にでて、1年も過ぎれば何らかの形がみえてくるのでは、と期待してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Firefox 1.5

新しいソフトをインストールするのは楽しみです。

Firefox 1.5をインストールしました。

http://www.mozilla-japan.org/products/firefox/

よりダウンロードしてきました。

Windows版はダウンロードしたFirefox Setup 1.5.exeを起動させ、インストーラーの指示に従えばあっけなくインストールの完了です。

早速、Firefox 1.5を立ち上げます。1.0.7とどこが違うのかなと、見た目は変わりません。オプションのアイコンの配置は変更してありました。

使って変更点がわかりやすいのは、タブがドラッグ&ドロップで並べ替えられることです。ショートカットを使って、個人情報を簡単に消去できるのも便利です。

Firefox 1.5の注意点はFirefox 1.0 にインストールされている拡張機能は Firefox 1.5 と互換性がないことです。詳しくはリリースノートにある既知の問題を参照してください。

リリースノートには新機能と改良点や他の情報が記載されていますのでご覧下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Firefoxバージョン1.0.6がリリース

今回は早めにバージョンアップしました。Firefoxバージョン1.0.5を飛ばし1.0.6へのバージョンアップです。

7月12日、複数のセキュリティ問題を修正したFirefoxバージョン1.0.5がリリースされました。ところが、セキュリティー修正によってAPIにバグが発生してしまいました。

この修正を優先させるため、バージョン1.0.5の各国語版のリリースは見送られました。このため、各国語版はバージョン1.0.4からバージョン1.0.6となりました。

不具合の報告、修正の迅速さは好感がもてます。しかし、今回は少々お粗末だったかもしれません。

今回の経験を今後に生かされることを期待しています。有用なソフトを提供していただきありがとうございます。

 

公式にはWindows/Mac OS X/Linux版があります。ダウンロードは下記のサイトからできます。

http://www.mozilla-japan.org/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スパイウエア被害

スパイウエア被害、約1千万円に 情報を外部に不正送信-asahi.com

スパイウエアによる不正振り込み被害が3銀行9件で被害額約940万円。

知らぬ間に入ってきて、情報を外部に送られてしまうのは不気味です。そして、被害がでてるとなると要注意です。

スパイウェアとは名前からして嫌な感じです。私は昨年よりスパイウェア駆除ソフトを導入し、ブラウザを変えたり対策はとってきたつもりです。

1つ問題のスパイウェアが見つかれば、また別のスパイウェアが出てくるはずです。最新の情報を入手することが大切ですね。

スパイウェアの定義については、いまだ議論されているようです。一部のソフトウェアメーカーの思惑があるようですが、ユーザーの立場で議論して欲しいものです。

スパイウェア対策の業界団体が発足--用語の定義確立を目指す-CNET Japan

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧