初陣を飾るオシムジャパン

テレビを見たのは、三都主のフリーキックが決まった直後からでした。

記念すべき、オシムジャパンの初ゴールをライブで見れなかったのはなはだ残念。けれども2点目はしっかりと見させてもらいました。

途中から日本VSトリニダード・トバゴを見たのですが、これが日本代表のサッカーなのかと目を疑いました。良い意味での衝撃を受けました。

正直に言うと苦戦を強いられ負けるのではと思っていました。

しかし、トリニダード・トバゴもベストメンバーではないにしろ、ここが攻撃のチャンスと見極めたとたんの日本代表のボールと選手の動きが素早い。それが2点目、後半に入っても惜しいチャンスとして表れていたように思います。

走り、状況を考え判断しパスをし、動く。基本です。それにしても、たった3日の短い時間の合宿のせよ、オシムサッカーが芽生えてきたように感じる試合でした。

また、4バックにおいて、いままでの日本代表はサイドを崩され失点する場面が幾度とありました。今回は失点するどころか、4バックの守備の堅さと攻撃に転じたときの素早さを印象付けたのも変化を感じました。

4バックにこだわりをみせたジーコはこんなサッカーをしたかったのかと、いまさらながら思うほどです。

勝つには勝ちましたが、パスや攻守の連携の不備も目立った試合でした。J1の全て、海外の選手から代表選手を招集されたわけでもありません。今後、選手間における意志の疎通、本格的なオシムサッカーの理解と実践。監督、選手に課せられた課題は取り組み始めたばかりです。再び、4年後、熱くなれるように見守り応援したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オシムジャパン、初メンバー発表

オシムサッカーの準備が始まる

どんなサッカーをするのか。メンバーの一覧を眺めながらをシステムはどうで、こんな場合は選手達はどのように動くのか、頭の中にピッチを描いても選手がぼやけてよく見えません。

初の代表となった選手がが5人、ドイツワールドカップ組みは4人では、どんなサッカーとなるのか想像するのが難しいはずです。その反面、楽しみでもあります。

メンバーの年齢に注目すると25歳以下が9人います。ベテラン選手も起用しながら若手を中心としたチーム作り進めようとするオシム監督の考えが出ています。

「日本は古い井戸にも、少し水が残っています。それなのに、すぐに新しい井戸を掘るのでしょうか。古い井戸の水はまだ使えるのです」。これは、日本代表監督就任後のオシム語録。オシム監督は古い井戸の依存度を弱め、新しい井戸の準備も怠っていないようです。

日本サッカー協会も含めた指導に期待

さて、それにしても13人しかいないとは、どうしたことでしょう。

A3 チャンピオンズカップ 2006にガンバとジェフが参加、アントラーズは上海国際サッカートーナメント2006 に遠征。確かに、これでは選手を集められません。日本サッカー協会は親善試合に対するスケジュールと親善試合おこなう意味をどのように考えているのか疑問です。

オシム監督は記者会見で「クラブやA3と日程がバッティングしてしまった。今後はこういうことのないように願います」。と述べています。この「13人」はさらに、言葉ではなく形としての抗議といえるでしょう。

日本サッカー協会といえどもやはり、おかしなことはおかしい。と指摘し、オシム監督には日本サッカー全体をも良くなる方向へ導いてくれればと期待しています。

 

メンバー

【GK】
  川口能活(ジュビロ磐田)
☆ 山岸範宏(浦和レッズ)

【DF】
  三都主アレサンドロ(浦和レッズ)
  坪井慶介(浦和レッズ)
☆ 田中マルクス闘莉王(浦和レッズ)
  駒野友一(サンフレッチェ広島)

【MF】
☆ 田中隼磨(横浜F・マリノス)
  今野泰幸(FC東京)
  長谷部誠(浦和レッズ)
☆ 小林大悟(大宮アルディージャ)

【FW】
☆ 我那覇和樹(川崎フロンターレ)
  佐藤寿人(サンフレッチェ広島)
  田中達也(浦和レッズ)

☆印は初代表

| | コメント (0) | トラックバック (4)

公式発表、オシム日本代表監督

漏れ伝わるところから、日本サッカー代表監督にオシムがなるのは明らかでした。今日、日本サッカー協会から正式に代表監督就任の発表があり、わかっていたこととはいえ、日本代表監督が決まってひと安心です。

契約期間は2010年のワールドカップが終わるまでの4年間で、1年ごとに契約を更新する形をとると発表されました。この1年ごとに契約を更新がどのような意図であるか不安なところもあります。若手も育成しながらのチーム強化が目標なので単純に4年契約として欲しかったように思います。

オシム日本代表監督の初戦は8月9日、トリニダード・トバゴとの親善試合です。また、8月16日にはイエメンとのアジアカップ予選があります。1、2試合でどのような代表チームを作っていくのかと見極めるのは難しいですが、注目の試合になりそうです。

2010年のワールドカップまでいろいろなことがあるでしょうが、4大会連続ワールドカップ出場となるよう見守っていきたいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

中田英寿の引退に思う

思い出してしまうのは、ヒデがピッチに倒れ込んだ姿です。

ヒデのオフィシャルページを読むと、ブラジル戦のあとピッチで倒れヒデが思っていたこが見えるようです。プロサッカー選手として終止符を打った感慨。ワールドカップまでの4年間の取り組み。サッカーと生きてきた道のり、そして今後のこと。

倒れていた7分間、順序や繋がりがばらばらにヒデの頭の中で渦を巻き、からまりながら出ては消え、消えては出てと繰り返していたに違いありません。それが、私たちには見せなかった中田英寿をさらけだしてくれました。

オフィシャルページにはこれまでの経緯については、わかりやすく書いてありました。その反面、これからについてはどうなんだろうと疑問を抱いてしまいます。ヒデのことですから、結果や一定の時期がきたら語るべきものとして、あえて具体的に書かなかったことでしょう。

しかし、私には心配な一言がありました。

「“新たな自分”探しの旅に出たい。」

一読すると良いイメージかもしれません。複雑な思いの詰まった言葉です。次の道がはっきりしているならば、「これから新たな旅を始める」。と書くと思います。やはり、いくつかの道がありそれぞれに霧がかかり、どこへ旅に出るかを決めかねているのではと想像してしまいます。

旅の行き先も旅をしながら見つけるということかもしれません。振り返ったとき、大雨、カンカン照りや芯まで冷える日もあったけど、「楽しい旅だ」。と、なるよう願っています。そして、ありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悔しさを次に生かせ

試合後、ピッチに仰向けに倒れこんだヒデの姿が印象に残ります。

交換したブラジル選手の黄色のユニホームで顔を覆い、選手たちが去ったピッチに一人いる様子は、ヒデの思いが伝わってくるようでした。

一番悔しい思いをしているのは選手たちではないでしょうか。なんといっても4年間ワールドカップを目標にして、日々サッカーに取り組みながら過ごしてきたわけですから。

悔しい思いは2度としたくないはずです。そのために、ワールドカップで得たことを伝え広め生かせるような取り組みを望んでいます。特に若い選手に伝わり生かされれば、あのときの1次予選敗退があったから、とのちに評価されるはずです。

選手の皆さんは日本に帰ってきたら、ワールドカップの経験を伝えるという重要な任務がまっています。胸を張って帰国してしてください。

 
 

選手の皆さん、ありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あと1試合は確実にできる

ワールドカップ、日本-クロアチア戦は 0-0 の引き分けとなりました。日本は最悪の事態を免れたものの、限りなく最悪に近い状態です。

選手にとって、試合を振り返り次の目標を作ることは大切なことです。私も試合について個々の問題を指摘することもできますが、もう、こうなった以上はあれこれいっても始まりません。

この4年間を振り返ると選手達は、いろいろな思い出すごしてきたことでしょう。前回メンバーから落ち、この次はとがんばってきた選手。代表に招集されるも試合にあまり出してもらえず悩んだこともあった選手。

選手達はあと1試合、確実にワールドカップの舞台に立てます。思う存分ワールドカップの舞台を楽しみプレーし、良い試合だったと振り返られる内容を期待します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

監督と采配のあや

先制したのは日本。

しかし、終始日本は押されぱなし。川口の活躍がなかったならば何点取られたことかと。

オーストラリアの戦術は素晴らしいものでした。中盤の選手のマークを徹底し攻撃の基点をつぶす。ボールを奪ったらパスを繋ぎ日本を揺さぶり、あいたところを狙って選手が入り、シュートを放つ。オーストラリア選手の動きも良かったですが、作戦を立てたのはヒディング監督でしょう。

後半、選手の疲労が目に付いてくると、最初に動いたのはヒディング監督でした。ジーコ監督が動いたのはオーストラリアの選手交代枠を使い切ってから。しかも日本は選手交代によってリズムがくるってしまいました。

リズムが狂った結果、日本の選手交代5分後に同点にされてしまいます。その後、9分間に2点を失い試合終了。

監督の作戦や選手起用があやとなった試合でした。

厳しい状況に置かれたことには違いありません。しかし、ジーコが日本代表監督になってから4年間、何よりも強調してきたのは「最後まであきらめない」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

次期日本代表監督は

ワールドカップ開催直前に次期日本代表監督の話をするはどうかと思いましたが、気にならないと言っては嘘になるので取り上げることにしました。

日本協会打診!ジーコ監督後任にジャケ氏−nikkansports.com

伝えるところによると、日本サッカー協会がエメ・ジャケさんに日本代表監督の就任を打診。けれども、まだ返事はもらっていない。といったことのようです。

記事を読むと実績や指導のありかたから、日本サッカー協会が監督就任の要請をするのもわかります。日本代表チームのワールドカップ後の課題は、いまの代表選手の後継者育成でしょう。その点においてもジャケさんは期待できます。

ジーコ監督の後任にベンゲル、オシム、ストイコビッチなど噂になりました。私としてはオシムさんが日本の事情も知り適任と考えていました。年齢が問題になったようでしたが、ジャケさんとは1つ違い。両氏とも4年後を思うと体力的には厳しくなってきます。

次の監督は誰か。興味は尽きないところです。しかし、あすワールドカップ開幕。まずは日本の初戦となるオーストラリア戦で日本を応援しよう!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

ドイツ戦でのねらいは

ハッと気が付きテレビのスイッチを入れました。すでに試合は前半の数分が経過。

スッキリしないの頭でテレビを眺めていると、日本の攻撃もスッキリしていません。決定的な場面もいくつかありましたが、ドイツの攻撃を何とかしのいでいるのが大半でした。

ドイツの攻めはボールを奪ってからが早い。しかもボールを支配している時間は、ドイツ方が圧倒的に長いです。さすが、ワールドカップ3回の優勝国。1失点ぐらいで試合を終えられればいいのでは、といったところが前半でした。

ところが、後半に入ると日本は前半とは別のチームのように。パス回しが繋がりだし、後ろに出したりサイドからと相手を翻弄させ主導権は日本が掴みます。ワンタッチ、ツータッチの早いパスは良かった。それと、パスを出した選手が素早く次ぎへと動く。私はこんなサッカーが好きなもので、得点できそうと思っていたら、高原が決めてくれました。

まさか、ドイツから先制点を上げるとは。眠気は一気にすっ飛び朝っぱらか「やったー」と叫んでしまいました。

続けて高原が相手DFを個人技でかわし2点目。ドイツに対して2-0なんって、勝てる。と踏んでいましたが、やはりドイツでした。セットプレーから1点返されてしまいました。大黒投入後、惜しいシーンもありましたが、再びセットプレーから1点取られ結局、同点で試合終了。

誰しもセットプレーを中心とした守備が課題と言うことでしょう。まさにその通りです。ここではジーコ監督が守備よりも攻撃の確認に重きをおいていたのでは、と思っています。1点取られた後の大黒投入がその根拠です。勝ちを優先したならば、守備を固めるはずです。

確かに、勝ち点1と3では大きな差となります。テストとして申し分ない強豪ドイツ相手に、攻撃パターンの確認を重視とするならば、上々の結果だったと思います。

ドイツとの対戦は修正点も見つけられ、選手が自信も持て、本番につながる試合となったのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ドイツ戦は楽しみ

ワールドカップが近づいてきました。

すでにドイツ入りしている日本代表選手。紅白戦で守備面での問題が出て、紅白戦後、選手たちでミーティングを行い共通の意識をもった。と各紙で報じられています。問題点を選手全員で共通の意識を持つことは戦う上で重要なことです。良い流れが出来つつあるようで期待が持てます。

日本時間で明日、3時30分(テレビ放映4時25分から)ドイツとの親善試合がおこなわれます。上に挙げた問題点がどのように解決されるのか楽しみな一戦にもなりました。

もちろん、勝つことに越したことはありません。ここでは試合の結果より、修正点の確認をし、新たな課題を見つけることを主においた方が、本番で生きる試合になると思います。

それにしても、テレビは4時25分からか。寝れないか、寝過ごすかと微妙な感じの時間です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)