PM-T960 Linuxドライバをインストール

前記事でPM-T960の購入の話を掲載しました。

当初の仕事も無事完了いたしました。せっかく購入したおもちゃです。遊ばなくては。そこで、Fedora7にドライバのインストールを試みました。

Linux用ドライバは、

http://avasys.jp/index.html

からダウンロードさせていただきました。ダウンロードしたファイルは、
プリンタ
pipslite-cups-1.0.1-1.i386.rpm

スキャナ
iscan-2.10.0-1.c2.i386.rpm

です。

まずは、プリンタドライバから。説明にある手順に従って作業を進めました。曖昧で申し訳ありませんが、途中なにか違うな。といった箇所もありました。しかし、ブラウザからのプリンタ追加で上手くいき、Printer Test Pageが印刷できました。

続いて、スキャナドライバ。
こちらも説明にある手順(libusb 経由での利用方法)でインストールを進めました。

Mes1

しかし、上のメッセージが出てスキャンできません。

SELinuxあたりが怪しいかな、と思いモードを Enforcing から Permissiveモードに変更。これで動くかかと思いきや、また同じメッセージが…。

もう一度手順を見直してみますが同じ事。違うかな?と思いながらメッセージが一緒だったので、
http://avasys.jp/hp/page000000400/hpg000000301.htm
にある

[対処方法]
root権限でエディタを使って /etc/udev/rules.d/70-iscan.rules ファイルを開き、つぎのように修正してください。

(修正前) SUBSYSTEM!=”usb_device”, GOTO="iscan_rules_end"
(修正後) SUBSYSTEM!=”usb”, GOTO="iscan_rules_end"

を試してみました。再起動させ再び試みると今度は無事に起動しました。

>root権限でエディタを使って /etc/udev/rules.d/70-iscan.rules ファイルを開
とあるところのファイル名が私のところでは違っていました。
70-iscan.rulesとありますが、60-iscan.rulesでした。

Scan1
無事起動し、印刷したPrinter Test Pageを原稿としてプレビューさせた状態です。

このあと、プリンタで印刷しようとら印刷できなくなってしまいました。ブラウザから設定を再度おこなったところ印刷もできるようになりました。

実際はここに書いた以外にも見当違いも含めいじっています。残念ながらその全てを覚えている訳ではありません。

とりあえず、PM-T960もFedora7からでも動きました。という日記です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Fedora7 gimpとrawphoto

今日から三連休の方々も多いのでは?しかし、きょうはあいにくの雨。出かけるのなんなので、先週インストールしたFedora7で遊ぶことに。

ディスプレイドライバやフォントをインストール。アプリケーションの環境を整えていました。

GimpにRAWのプラグインrawphotoをインストールしようしたら、エラーが出てインストールできませんでした。メッセージを読むとgimp.hやgimpui.hがないと文句をいっています。

調べてみると確かにありません。なんで無いのかなどとマヌケに考え、yumでgimp-develのインストールを試みると、

=============================================================================
Package                 Arch       Version          Repository        Size
=============================================================================
Installing:
gimp-devel              i386       2:2.2.16-2.fc7   updates           1.1 M

Transaction Summary
=============================================================================

と出てきましたのでインストール。

$ gimptool-2.0 --install rawphoto.c

で、無事インストール完了しました。

ブログに残しておけば忘れても平気かなと、メモしておきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Fedora7をインストール

Screenshot

我が家のネット通信速度は遅いです。雑誌のおまけのDVDに収録されたらインストールしてみようと思ってました。

日経Linux 8月号の付録DVDにありました。バックアップを適当に取り、Fedora7をインストールしてみました。

インストーラーが変わりました。コマンドを打ち込まなくてよく、メニュー表示になりました。あとは以前と同じようにインストーラーの指示にしたがってインストールしました。

すんなりいって再起動を促されます。再起動のボタンをクリックして再起動。ここで問題発生。ブートローダーのgrubが起動するも、エラーがでてしまいました。

カーネルのあるドライブ指定が間違っているようで、編集すると無事に立ち上がりました。私が悪いのか、インストーラーが悪いのかは不明です。その後、grub.confを書き変え問題はないようです。

ソフトウエアのアップデートが多いことにビックリ。開発環境もインストールしておきましたが113も更新がありました。遅いネット環境もありどのぐらいの時間がかかったことか。日経Linux8月号をざっと読み、風呂に入りそれでまだ続いていました。

以前のような感じにするための追加のソフトのインストールや、環境設定などこれからです。でも、アップデーとの甲斐あってかシャットダウンさせると電源が切れるようになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Fedora Core 5をインストール

ようやくBackUpも済んだのでFedora Core 5をインストールしました。

私が特に興味があったのは、Fedora JP Project-ニュース、Fedora Core 5 test 2リリースにあった「インストーラーでのdmraidのサポート(マザーボードベースのRAID)」です。私のPCの機能をより活かせると期待していました。

インストールには某雑誌のおまけDVD-ROMを利用しました。DVD-ROMをドライブに入れインストーラーを起動させます。パーティーション設定の場面では、ちゃんとRAIDを認識してくれました。この日が来るのをFedora Core3、4と使い待ち続けていました(ちょっと大袈裟)。

インストールは無事に終了しました。今まではその後に、Marvell 88E8053 PCI Expres Gigabit LANコントローラーのドライバをインストールしなければネットが使えなかったのに、既に使えるようになっていました。またインストールかと思っていただけに驚きでした。

また、デスクトップのメニューの反応が素早くなり快適です。日本語入力はかなり賢くなり、私には以前のものより使いやすくなりました。他はあまり使っていないののですが、全体として軽快に動作するように感じます。

いいこと尽くめのように思われていたのもここまで。シャットダウンさせたら電源が落ちません。acpi_power_off called の表示を出したところでとまってしまいました。

カーネルに問題があるのかと考えカーネルをkernel-smp-2.6.16-1.2080_FC5.i686をためしましたがダメでした。アップデートできるもは全ておこないましたがこれもダメ。電源ボタンを押しつづけて電源を切っています。

私に解決できるスキルがあればいいのですけど‥‥‥。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

このような方法も

Fedora Core4でMarvell Yukon 88E8053 PCI-E Gigabit Ethernet Controllerのドライバインストールで、いままで私が行っていたのとは違う方法を知りました。

そこで、さっそく試したみました。

http://atrpms.net/dist/fc4/sk98lin/から2つファイルをダウンロードします。

私の使うカーネルは2.6.15-1.1833_FC4smp i686なので、

sk98lin-kmdl-2.6.15-1.1833_FC4smp-8.31.2.3-7.rhfc4.at.i686.rpm

sk98lin-8.31.2.3-7.rhfc4.at.i386.rpm

の2つのファイルをダウンロードしておきました。

目的のカーネルでPCを立ち上げ、

# rpm -ivh sk98lin-kmdl-2.6.15-1.1833_FC4smp-8.31.2.3-7.rhfc4.at.i686.rpm

# rpm -ivh sk98lin-8.31.2.3-7.rhfc4.at.i386.rpm

の順番でインストール。

# modprobe sk98lin

を実行して終了。
(必要があれば、ネットワークの設定をします)

 

いままでおこなっていた方法は、カーネルソースとMarvellのサイトよりドライバをダウンロードしてのインストールでした。それと比べるとこちらの方が楽でした。

記述に不備などのお気付きの点がありましたら、コメントをいただければ嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Fedora Core 4 と Firefox 1.5

いまさら Fedora Core 4 をインストール、と言っても旬な話題でありません。

昨年、書いたようにPCのトラブルのため Fedora Core 3 (Linux)を削除しました。勉強と趣味で入れたものでした。

手元に Fedora Core 4 のDVDがあったので今回は新たにこれをインストールしてみました。

私のPCでは、Fedora Core 4 の入っているDVDから起動し、

boot: (Enter)

では、インストーラーが起動できませんでした(不具合のようです)。boot: に適当な文字列を打ち込み、再度、boot: (Enter)でインストーラーが起動します(これは不具合の回避法です)。

Fedora Core 4 のインストールは無事完了しました。ブラウザを Firefox 1.5 にしたいので、これもインストールしました。

がしかしです。Firefox 1.5 が起動しません。

インストールの手順が間違ったのかと思い再度、インストールし直してもダメでした。 Fedora Core 3 ではあっさり動いたのに不思議でした。

きのう、今日と悩んでいたら、Fedora JP Project の掲示板に解決方法がありました。

Fedora JP BBS ≫ Fedora Core 4 ≫ スレッド : firefoxのインストール方法がわかりません
http://bbs.fedora.jp/read.php?FID=8&TID=2464&p=2

それによると、libstdc++.so.5 が必要とのことでした。

早速、

# yum install compat-libstdc++-33

で、無事 Firefox 1.5 が起動するようになりました。

初心者レベルの私にはまったくわかりませんでした。スレッドをたてた方、情報を寄せてくれた方々感謝です。

 

ところで、私の環境では問題があった NVIDIA のドライバは、

Linux Display Driver - IA32

Version: 1.0-8178
http://www.nvidia.com/object/linux_display_ia32_1.0-8178.html

にしたら問題なく動作するようになりました。

インストーラーで xorg.conf の自動書き換えが行えるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

今頃2.6.11-1.14を試したが

調子が悪くなっていたFedora Core 3。少しづつ時間を取り修復を試みてきたのですが、ますます状況は悪くなるばかり。

そこで思い切って再インストールしました。ついでにカーネル 2.6.11-1.14 も試してみました(いまさらですが)。

カーネル 2.6.11-1.14_FC3、2.6.11-1.14_FC3smp をUp2dateでダウンロード。カーネルソースは別に手動でダウンロードしインストール。

GRUBのmenu.lstに起動カーネルとして追加。PCを再起動させ2.6.11-1.14_FC3smpで起動させる。ここまでは何の問題もなし。

ところが、ネットに繋いで遊んでみようと思ったら繋がらない。イーサネットドライバの再インストールをしてみるがコンパイルエラーがでてだめ。XPで再起動し最新のドライバを落として試してみました(アーカイブファイル名install-8_18.tar.bz2)。

これも、コンパイルエラーになってしまいました。メッセージをよく見るとコンパイラのバージョンに問題がありそう(?)。

そこで、gcc関係を3.4.3にUpDateし、再チャレンジ。

今度は先ほどの箇所は通過するものの、

install.sh: line 1191:  4967 セグメンテーション違反です
$insmod_bin ./$drv_name.ko >>$logfile 2>&1

と、表示され止まってしまった。

ダメかなと思いながら、以前"smp"でないカーネルを使ったらうまくいったのを思い出し、2.6.11-1.14_FC3で起動しインストールを試すと、うまくいくではありませんか。

2.6.9-1.667smpで起動すると、最初にネットワークの設定を訊かれるが問題なし。私の環境では2.6.11-1.14_FC3smpは向いていないのか。

ちなみに私の環境は

マザーボード: ASUS P5GDC Pro
チップセット:  Intel 915P
CPU:           Intel Pentium4 540 (HT)
LAN:           Marvell 88E8053 PCI Express Gigabit LANコントローラー
メモリ:         DDR400 512MBx2

です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

NVIDIA Display Driver 1.0-7167

NVIDIA Linux Display Driver(IA32)にVersion:1.0-7167が出ていました。早速、インストールしてみることにしました。

ドライバファイルを

http://www.nvidia.com/object/linux_display_ia32_1.0-7167.html

よりダウンロードします。

コンソールで起動し、

# sh NVIDIA-Linux-x86-1.0-7167-pkg1.run

インストールが終了したら

# modprobe -q agpgart

次に/etc/X11/xorg.conf を vi などを使って修正。

 Section "Module" の

  Load  "dri" を削除
  Load  "GLcore"を削除

  Load   "glx" を追加。

 Section "Device" の

  Driver      "vesa" を

  Driver      "nvidia" に変更。

これで終了です。

Version:1.0-6629では cp -a /dev/nvidia* /etc/udev/devices/ しておかなければなりませんでしたが 1.0-7167では改善され必要ありません。

インストールなどの詳細は
ftp://download.nvidia.com/XFree86/Linux-x86/1.0-7167/README.txt

私の環境はFedora Core3でELSA GLADIAC 743GTを使っています。このバージョンでもXWindow起動に失敗することがしばしばあります。ランレベル5の時が目立ちます。
カーネル起動時のオプション rhgb をはずしておいた方が起動できる確立が上がるようです。

追加(3/20)
Fedora Core3でELSA GLADIAC 743GT環境では安定性に欠けます(私のところだけかもしれません)。Version:1.0-6629の方がましかもしれません。どちらにせよ安定を重視するならば、VESA (Generic)ドライバ(インストール時に組み込まれドライバ)の使用をお勧めいたします。そのほうがXWindowが確実に起動するようです。私は安定性を重視しVESA (Generic)ドライバに戻してしまいました。次のバージョンに期待します。

4/12
Linux Display Driver - IA32
Version: 1.0-7174 がリリースされています。

2006/1/29追加
Version: 1.0-8178
http://www.nvidia.com/object/linux_display_ia32_1.0-8178.html
Fedora Core4 に移行しました。このバージョンで問題なく動作しているようです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

カーネルのアップデート

up2dateを使ってFedora Core3のパッケージのアップデートをしました。

新しいカーネルにvmlinuz-2.6.10-1.770_FC3smpがインストールされたのでGRABのmenu.lstに

title Fedora Core (2.6.10-1.770_FC3smp)
root (hd1,0)
kernel /boot/vmlinuz-2.6.10-1.770_FC3smp ro root=LABEL=/ rhgb quiet
initrd /boot/initrd-2.6.10-1.770_FC3smp.img

を追加し再起動させました。

vmlinuz-2.6.10-1.770_FC3smpを選択し起動させると立ち上がらない。途中で固まってしまう。数度試したもののうまくいかない。また、インストールし直しかな、何度目だ。と思っているときにひらめきました。ひらめくというより忘れていたことを思い出しました。

nvidiaのドライバをインストールし直さなければ。ランレベルを3で起動させてみることに。こんどをは立ち上がりそう。途中でネットワーク使えないのが分かったのですがログインできました。

ネットワークが使えないからカーネルソースをダウンロードできない。vmlinuz-2.6.9-1.667smpで再起動。ネットワーク設定をするかいと訊かれ、「えっ」と思うのですが設定してXWindowを立ち上げる。

http://ftp.rhnet.is/pub/fedora/updates/3/
よりカーネルソースをダウンロードさせていただきました。

カーネルソースをインストール後、vmlinuz-2.6.10-1.770_FC3smpをランレベル3で起動。

nvidiaのドライバをインストール。XWindowも立ち上がる。続いてsk98linをインストール。こちらも無事に終了。

ランレベル5で起動し直しても大丈夫。

Fedora Core3はなんでカーネルソース付いていないのか改めて疑問に思う。ドライバインストール時などに必要になるのに?

次回からはカーネルソースをインストールしてから、と学習するのでした。

〔参 考〕
nvidia、sk98linのドライバのインストールについては当ブログの

nvidiのドライバ
http://yanenoue.air-nifty.com/space/2005/02/nvidia.html

sk98lin
http://yanenoue.air-nifty.com/space/2005/02/marvell_88e8053.html

を参照ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

sk98lin smpに対応

Marvell Gigabitイーサネットドライバがsmpに対応(Marvell Yukon 88E8053)してくれました(数日遅い情報で申し訳ありません)。

install-8_14.tar.bz2

http://www.syskonnect.com/syskonnect/support/driver/zip/linux/

(2006.1.18追記 上のリンク切れています)

からダウンロードします。

私のインストールはsmp用カーネル(vmlinuz-2.6.9-1.667smp)で起動しインストールしました。その後smpに対応しないvmlinuz-2.6.9-1.667で立ち上げてもネットワークが使用できました。

インストール直後、vmlinuz-2.6.9-1.667smpで再起動するとネットワークの設定を訊かれます。そこで設定、インターネットにつなぐには、問題ありませんでした。

インストールの方法は当Blogの

http://yanenoue.air-nifty.com/space/2005/02/marvell_88e8053.html

を参照ください。

あとは、サウンド。C-Media CMI9880のLinux用ドライバがリリースされればWindowsともおさらば。このドライバの情報を入手の方、是非お知らせください。

参考
sk98linに関して

http://www.linux.or.jp/JM/html/LDP_man-pages/man4/sk98lin.4.html

追加情報

4/12 追加
install-8_16.tar.bz2がリリースされています。

2006/1/18 追加
88E8053のLinux用ドライバー
marvellのWebサイト
http://www.marvell.com/drivers/driverDisplay.do?dId=107&pId=10
にあります。
install-8_28.tar.bz2
私のところではsmpではインストールできませんでした。

2006/1/29 追加
Version  8.30.1.3 がリリースされています。
ファイル名 nstall-8_30.tar.bz2
当方のFedora Core4 の smpカーネルでインストールでき、動作しています。

 


| | コメント (0) | トラックバック (1)